よろしければこちらもご覧ください

いつも.が運営する「デジタルシェルフ総研」が行ったEC事業者のAmazon運営に関する実態調査によると、Amazon店舗の売り上げ向上施策にかける1日あたりの時間は「なにもしていない」が3割、1時間以内と合わせて8割以上を占めた。調査対象はAmazonに出品・卸販売をしている企業53社、期間は2021年4月26日~5月6日。

運営の課題は「集客が伸びない」

Amazon店舗運営における課題について聞いたところ、最多は「集客が伸びない」(47%)で、次いで「リソース不足」(34%)「どこに課題があるかわからない」(32%)だった。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon 運営の課題
Amazon店舗運営における課題(複数回答可)(出典:いつも.)

Amazon運営にかける時間「なにもしていない」が3割

調査対象者にAmazon店舗運営において、売り上げ向上施策に費やしている1日あたりの時間を聞いたところ、「30分~1時間」(36%)が最多だった。3割の起業が「なにもしていない」ことがわかった。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon Amazon店舗運用にて、売り上げUPの為に費やしている施策実行の1日あたりの時間
Amazon店舗運用にて、売り上げUPの為に費やしている1日あたりの施策実行時間(出典:いつも.)

広告費用は10万円以下が最多

Amazon店舗の月間広告予算について聞いたところ、「10万円以下」が38%で、「広告を利用していない」(26%)と合わせると広告利用金額10万円以下は6割以上だった。この結果から、まだ広告を活用し切れていない企業が多いことがわかった。一方、101万円以上の予算を割く企業も1割以上いた。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon 月の広告予算
Amazon店舗の月間の広告予算(出典:いつも.)

また、利用する広告は「スポンサープロダクト」が90%で圧倒的に多く、「スポンサーブランド広告」は29%、「スポンサーディスプレイ」は25%だった。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon 利用している広告
利用しているAmazon広告(複数回答可)(出典:いつも.)

広告運用の課題について聞いたところ、「適切な運用方法がわからない」(50%)が最多、次いで「運用業務にリソースがさけない」(48%)「広告の分析方法がわからない」(44%)だった。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon 広告運用の課題
Amazon広告運用の課題(複数回答可)(出典:いつも.)

Amazon広告活用は「売り上げ向上」が目的

Amazon広告活用の目的は、「売り上げ向上」(67%)がトップで、次いで「新規顧客獲得」(56%)「認知向上」(54%)だった。

いつも. 調査 デジタルシェルフ総研 Amazon 広告活用の目的
Amazon広告活用の目的(複数回答可)(出典:いつも.)
調査実施概要
  • 調査タイトル「EC事業者のAmazon運営に関する実態調査」
  • 調査方法:いつも.のメルマガ登録者に対して、メールによるアンケート調査
  • 調査期間:2021年4月26日~2021年5月6日
  • 調査対象:Amazonに出品・卸販売をしている企業53社
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]