よろしければこちらもご覧ください

アスクルは、東京都江戸川区臨海町に竣工した物流施設「ASKUL 東京DC(ディストリビューションセンター)」のメディア向け見学会を7月12日に実施した。

アスクルの用途・目的に応えた大型物流施設

「ASKUL 東京DC」は、日本自動車ターミナルが手がけた入居者の用途や目的に応えて建設したビルド・トゥ・スーツ(BTS)型の大型物流施設で、アスクルが専用施設として全棟借りをしている。

アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター
「ASKUL 東京DC」の外観

「ASKUL 東京DC」は、アスクルが7月2日に発表した中期経営計画(2022年5月期~2025年5月期)において重要なミッションを担う「東日本の最先端フラッグシップセンター」という位置づけ。高密度保管により在庫商品数を拡大し、ロングテール商品も「明日来る」サービスを実現していくという。

効率的かつ利便性の高い設計に

首都高速湾岸線「葛西」インターチェンジから1.5kmの場所にあり、JR京葉線の葛西臨海公園駅から徒歩圏内と好立地。近隣人口も多いため、雇用環境にも恵まれている。

敷地面積約55962坪、延床面積は約17017坪の地上5階建て。免震構造の採用、72時間対応の非常用自家発電設備の設置により、災害時にも安定的に事業を継続することが可能。2022年夏の稼働に向け、今後マテハンの導入など準備を進めていく。

アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター
「ASKUL 東京DC」の外観

3階には40フィートのコンテナ車が直接乗り入れできるスロープを設置している。

アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター 3階スロープ
コンテナ車が乗り入れできる3階のバース(トラックが接車して荷物の上げ下ろしを行うスペース)
アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター 3階フロアのようす
3階フロアのようす。梁下有効高は5.6m
アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター 4階フロアのようす
4階フロアのようす。梁下有効高は9.9m
アスクル 物流施設 竣工 ASKUL東京DC フラッグシップセンター 4階からの外の景色
4階の部屋からは葛西臨海公園の観覧車が臨める
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]