宅配

通販新聞ダイジェスト

物流2024年問題で起きた3つの変化。通販・EC事業者に浸透する「置き配」「安価な配送サービス」「ゆっくり配送」

物流業界の2024年問題への対応が本格化している。事業会社、物流会社、行政は物流負担の軽減に向けてそれぞれの対策に乗り出している
通販新聞[転載元]4/24 8:00650

最安350円からの置き配専用配送サービス「置ToC」とは? 「日時指定なし」「再配達なし」ルールで安価な配送料金を実現

置き配専用の配送サービスは、EC事業者の物流コスト削減、再配達削減、ドライバーの負担軽減、CO2排出量削減など、さまざまなメリットがあるという。サービスの詳細をまとめた
高野 真維2023/9/13 7:30250

宅配ネット注文の規模は5492億円。宅配事業の供給高は2兆926億円【2023年度の全国主要地域生協】

インターネットを活用した宅配事業では、2023年1月~12月における生協のインターネット注文が5316億円。提携サイトやネットスーパーなどを加えると、同約6.1%増の約5492億円という規模だった
松原 沙甫[執筆]7:30110

ワタミの宅食とローソン、商品配送トラックの「物流シェアリング」で協業。「物流2024年問題」へ業界の垣根を越えて連携

ワタミの食事宅配サービス「ワタミの宅食」に関する宅食事業の2023年3月期売上高は前期比31.1%増の437億円
松原 沙甫[執筆]3/18 9:30210

ECの満足度につながるのは「送料の安さ」「商品数の豊富さ」が上位。物流2024年問題で消費者は「送料アップ」を懸念

持続可能な物流のため、EC・通販事業者ができる手立てとは。また、ECのどのような点が顧客満足度につながりやすいのか。アンケートの結果からヒントを探る
高野 真維3/14 7:30110

不二家、洋菓子の予約受付サイトをオープン。冷凍で全国に配達+店頭受け取りに対応

不二家は予約受付サイトを新設した。商品の配送にも対応し、店舗が近くにない顧客のニーズにも応える。今後は対応商品のラインアップ拡大を予定している
高野 真維2023/10/17 7:30210

年間700トン以上のCO2排出量を削減する大日本印刷の環境配慮型「ラベル伝票」、通販・物流・宅配業者に提供開始

大日本印刷は、ラベル伝票をCO2の排出量が少ない仕様に切り替えていく。今後はラベル伝票以外にも、環境配慮型製品への切り替えを検討する
高野 真維2023/8/7 7:30110

千趣会が「ベルメゾン」ユーザーに宅配クリーニングサービス「せんたく便」を提供

千趣会の宅配クリーニングサービスは、「せんたく便」を手がけるヨシハラシステムズとの提携を開始した
高野 真維2023/8/4 7:00110

【再配達・置き配の意識調査】「再配達問題に関心あり」が94%。配送員の負荷削減に協力的な意見が多数

ネット通販の利用増加に伴い、宅配便の受け取り頻度が増えた人が多いようだ。さらに、再配達問題に関心がある人は大多数を占めている。調査結果から再配達・置き配の消費者意識を解説する
高野 真維2023/4/26 8:30260

顧客満足度が高い理由は何ですか? 楽天、生活クラブ連合会、ディズニー、オートバックスに聞いてみた

オリコンが顧客満足度総合1位に選出した企業の功績を称える「顧客満足度アワード」。受賞企業に受賞要因を聞いた
高野 真維2023/4/5 9:30150

生鮮食品EC「クックパッドマート」メイン利用者は、子どもらと同居する30-50代

「クックパッドマート」は主に核家族の共働き子育て世帯(DEWKs世帯)が、送料無料で市場や産地直送の新鮮な食材を買うために利用している。
高野 真維[執筆]2023/2/15 6:30230

クックパッド、生鮮宅配ボックスの設置数が1000か所突破。都市型スーパー同等の規模に成長

クックパッドが展開する宣せ飲食品ECは「クックパッドマート」は2018年9月にサービスを開始。生産者、市場の仲卸、専門店などが出店し、1万2000種類以上の食品を出品している
高野 真維2023/2/15 6:00140

宅配は自宅で手渡し受け取り7割&いつも日時指定する人は42%。半数超が「指定時間通りの配達」を最重視

「宅配」に関わる利用実態などを聴取したところ、宅配サービスの受け取り方法は「自宅で手渡し」が突出して高いことがわかった。重視する点は「指定された時間通りに配達される」が半数を超えている。
高野 真維2022/11/9 7:301050

個人向け宅配の供給高は1.5兆円、宅配事業は2.1兆円【2021年度の全国主要地域生協】

日本生協連は、2021年度業績および2022年度方針について取りまとめまとめた
石居 岳2022/7/15 7:30450

通販を強化する居酒屋チェーンのワタミ、テレビショッピング注文数が計画比360%で推移

「ワタミの宅食」といった宅食事業の2021年3月期における売上高は前期比6.4%増の366億円。通販用商材をAmazonに出品するなど、通販領域の事業強化を進めている
石居 岳2021/7/6 9:00460

顧客満足度の高い「ウォーターサーバー」ランキング、宅配水事業で後発の通販大手ジャパネットグループが1位

ミネラルウォーターを製造している山梨県・山中湖の自社工場隣にクラフトビールの醸造拠点となる醸造所「富士麦酒醸造所」。クラフトビール市場にも参入する予定
石居 岳2021/5/7 9:00620

地域生協の宅配売上は約15%増の2.1兆円、コロナ禍で新規利用者が増加【日本生協連の2020年度】

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が全国120の地域生協における2020年度の供給高(売上高)を発表。宅配供給高は前年度比14.9%増の2兆1170億円。コロナ禍で若年層の新規利用者が拡大した
瀧川 正実2021/4/28 10:00240

生鮮食品EC「クックパッドマート」、ローソンでの店頭受取と店舗近郊への宅配サービスをスタート

クックパッドは生鮮食品EC「クックパッドマート」の購入商品をローソン店頭で受け取れるサービスと、ローソン近郊に住むユーザーへの宅配サービスを始めた
瀧川 正実2020/6/19 11:001040

日本生協連の個人向け宅配供給高は1兆2860億円、宅配のネット受注は3181億円[2018年度]

インターネット経由で注文する登録組合員は前年度比11%増の375万人。週ごとの利用人数は平均118万人(同9%増)だった
渡部 和章2019/8/5 8:002351

日本生協連の個人向け宅配供給高は1兆2607億円、ネット受注は2920億円[2017年度]

個人宅への宅配事業の供給高は拡大基調にあり、2018年度もプラス成長が続いている
渡部 和章2018/11/8 8:00471

日本生協連/宅配事業供給高は1.2兆円、ネット受注は2698億円[2016年度]

個配事業が好調、ネット注文の金額は2007年と比べて約2倍に増えている
渡部 和章2017/9/22 7:00652

JA全農が「総合食品宅配」を開始、ネット&紙&御用聞きで需要開拓

冷凍、冷蔵、常温の食品と日用品を扱う総合宅配事業を開始する
渡部 和章2017/3/29 10:303950

最新の宅配業界やネット通販のトレンドを紹介するセミナー、鈴与が6/17開催

中立的な立場から宅配3社の特徴などを紹介
中川 昌俊2015/6/10 9:002450

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]