アスクルは外部企業に対し、同社品質で物流・配送業務を代行するサービス提供を本格化する。まずはネスレ日本の直販ビジネスの業務を受託。グループの物流子会社Bizexを通じて、受託在庫の管理や拠点運営、出荷、配送までをアスクル品質で提供する。メーカーと流通をつなぐ最適ECモデルを実現し、新たな価値を提供するとしている。

ネスレ日本とは6月18日、直販ビジネスの拡大、サービス強化のための先進的なビジネスモデル構築に向けて、物流領域における業務提携に基本合意した。

アスクルは今回のネスレ日本との提携で、商品の荷扱いの増加や販売機会の獲得など、提携のシナジーによる新たな収益機会の創出をめざすとしている。

Bizexが新たに大阪市で拠点を設け、6月22日からネスレ日本の商品配送を始める。当日配送の導入検討も進めているという。

アスクルとネスレ日本が提供

アスクル品質の物流サービスを外部企業に提供する

ネスレ日本は、中長期の成長戦略の1つに直販ビジネスを掲げている。「ネスレ通販オンラインショップ」などの会員数は400万超。年々直販ビジネスを拡大しているという。

なお、Bizexでは2013年7月から、Yahoo!ショッピング出店者向けの物流支援事業を開始。物流センター「DCM新木場センター」(東京都江東区)を拠点として、商品の入庫・検品から、梱包、配送までの物流に関わる作業の受託をパッケージ化したフルフィルメントサービスを提供している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム