今週の要チェックはEC全般です。熊本地震の被災者の方々や周辺地域の人たちのために、私たちができることはたくさんあります。怪しい情報があるのも事実なので、正確な情報を集めて確実に支援が届くようにしたいですね。

※記事の難易度を、低い難易度低から高い難易度高まで、3段階で示しています。

EC全般

  • 熊本地震被災者の皆さまへ 政府応援情報 | 首相官邸ホームページ
    http://www.kantei.go.jp/jp/headline/saigai/kumamoto_hisai.html

  • 熊本地震でネット通販に携わる人たちができること | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2916

  • 未曾有の事態、企業はどう動く? 熊本の通販会社えがおの活動に学ぶ | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2922

  • 「今の別府にとってお客様は(マジで)神様です」大分合同新聞の全面広告が話題 | HUFFPOST
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/05/ooita-goudou-shinbun-beppu_n_9845236.html

    熊本地震から1か月近くが経ってもまだまだ余震が続いていますし、避難生活が続いている人たちもいます。首相官邸ホームページにあるPDFをチェックするなど、公式の情報を見て動いていきましょう。できることはたくさんあります。

  • 2016年はハンドメイド作家集めに注力 Etsy、日本で本格展開を開始か | ECzine
    http://eczine.jp/article/detail/3071

    Etsyは、すでにグローバルでの販売プラットフォームとしての認知があり、サイトへの集客は、Etsyに任せておけば問題ありません。言語については、自動翻訳機能もあるとのことですから、完璧ではなくても、CtoCのコミュニケーションはとれていくのではないでしょうか。

    日本でもtetoteCreemaminneなどがある中で、越境ECという強みを活かして日本でも展開してくるようです。

  • 動画を見ながら買い物できる」サービスを目指す、ファッション動画メディア『MIRROR (ミラー)』にインタビュー | STYLER MAG
    http://stylermag.link/2016/04/27/interview-mirror-784/

    初期の頃から「映像と買い物を繋げたい」というのが、僕らのビジョンとしてありました。映像で買い物の体験をもっと豊かにできないか考えたときに、今後伸びていくのは、オフラインのテレビ映像ではなく、オンラインのネット動画だと思ったんです。今はちょうどオンラインのネット動画に移行する流れがありますが、そこに買い物は繋げて考えられてなかったんですね。

    ─ニューワールド株式会社 代表 井手 康博氏

    商品紹介ページの中に動画を入れるのか、動画があってその中に商品紹介を入れるのか。読んで買う時代からから見て買う時代になってきていますね。

カート関連

  • 【重要】4月21日仕様変更完了のお知らせ(4件) | MakeShopマガジン
    http://www.makeshop.jp/magazine/release20160421/

    XMLサイトマップの作成、Google商品リスト広告のカテゴリの更新はSEOとリスティング広告に関わってくるのでちょっと注意が必要です。外部に依頼している場合は情報提供を。

アクセス解析関連

  • 【事例】商品数を減らすだけでCV2倍! | アクセス解析ツール「人工知能AIアナリスト」ブログ
    https://wacul-ai.com/blog/case-btob-shohinsu/

    知識が少ないユーザや、初心者ユーザの多いサイトであれば、逆に商品点数の多さがアダとなります。たくさんの選択肢を提示されても、ちゃんと選べず離脱してしまうのです。こうしたサイトでは、あえて商品点数を減らしたり、選び方をレクチャーしたり、量販店の店員さんのような親切な接客が必要なのです。

    これはよくありますね。「見せたいから」という理由で表示がごちゃごちゃになってしまって、いつの間にかドン・キホーテ状態(笑)。それを狙っていないのなら整理整頓をしましょう。

スマホ・タブレット関連

  • 最新 ショッピングアプリ ランキング! 伸びてるアプリの共通点は? | ネットショップ担当者フォーラムhttps://netshop.impress.co.jp/node/2897

    MAUが伸びている人気ショッピングアプリには、下記のような共通要因が見られました。

    • テレビCMなどマスプロモーションの影響
    • リアル店舗とのポイント連動やCRM施策で着実に利用ユーザー数を伸ばす
    • フリマや無料Wi-Fiなどスマホの利用シーンにマッチしたビジネスモデル

    アプリはインストールさせるというハードルがありますので、それを乗り越える施策が上手くいけば伸びるということですね。逆にアプリ単独では何ともならないということでしょうか……。

売上アップのヒント

  • 実店舗から学ぶ通販サイトの売上アップ施策 | ARMADOR
    https://armador.co.jp/blog/salesup/

  • リアルは「制約」、ネットは「正直」 それぞれの違いをビジネスに活かすには | ECzine
    http://eczine.jp/article/detail/3037

    リアルのビジネスフィールドは、他店に移動するのは時間も手間もかかるし、営業時間もあるし、店員さんや他のお客様の目もあるし、ということで「クロージングの効果を持つ」「さまざまな制約」があるため、非常に高いコンバージョンレートをたたき出しているとも言えるでしょう。

    (中略)

    一方で「制約」が限りなく少ないEコマースでは、リアルビジネスに比べるとかなり精度が高いデータを取ることができます。これはアクセスログに記される数値などの意味合いではなく、大変に「正直な」購買行動のデータが取れるということです。

    売るためのヒントはリアル・ネットを問わずにそこら中にありますが、その特性を把握していかないといけないですよね。リアルとかネットの区別って売る側の都合でしかありませんから。

ネット通販業界の最新情報は、こちらも要チェック!

アフィリエイト広告「承認」のコツ/1,000円を超えると4割が複数サイトで比較し始める | ネットショップ担当者フォーラム 2016年4月22日~28日の週間人気記事ランキング

人気記事ランキング
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム