よろしければこちらもご覧ください

2016年のネット通販で最も伸びた商品ジャンルは家具――。

総務省が2015年から始めたネットショッピングによる家計の消費実態把握調査。総務省は17日、インターネットを利用した支出額の2016年平均値(確報)の支出状況を公開した(2月7日に発表したのは速報値)。

2016年の主なトピック

  • 2人以上の世帯におけるネットショッピングでの1か月間の平均支出額 → 8535円(前年比1.2%減)
  • ネットショッピング利用1世帯あたりの1か月間の平均支出額 → 3万678円(同2.0%減)
  •  ネットショッピングの利用世帯の割合 → 27.8%(同0.2ポイント上昇)

伸びた商品ジャンル(前年名目比増加)

  1. 家具……6.1%増
  2. デジタルコンテンツ……5.6%増
  3. 化粧品……2.3%増
  4. 保健・医療……2.1%増
  5. 食料……1.1%増

伸び悩んだ商品ジャンル(前年名目比減少)

  1. 書籍……9.7%減
  2. 音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト……9.1%減
  3. 保険……6.4%減
  4. チケット……5.4%減
  5. 自動車等関係用品……4.8%減
  6. 衣類・履物……2.3%減
  7. 家電……1.3%減
  8. 贈答品……0.7%減

ネット通販で伸びた商品、伸び悩んだ商品は?[2016年の家計消費状況調査]

2人以上の世帯におけるインターネットを利用した支出額
(確報、出典は総務省の家計消費状況調査)

家具をメインに扱っている通販・EC企業は急成長を遂げている。通販新聞が2016年7月に公表した「第66回通販・通教売上高ランキング調査」によると、家具のネット通販分野の1位はニトリ(EC売上高は170億円)。タンスのゲンが95億円で追っている。

ニトリは2ケタ近い成長率で、タンスのゲン、ベガコーポレーションは30%台の伸び率を記録している。

家具の通販を巡ってはニッセンホールディングスが2016年に大型家具の通販・ECから撤退。「ニッセンブランド大型家具事業」は2014年12月期で売上高158億円だったこともあり、通販・ECを利用するニッセンユーザーが他のECサイトなどに移っている可能性もある。

一方で、大塚家具が2017年にネット通販を本格展開する方針を掲げ、グリー子会社が家具のネット通販「リノコショッピング」をスタートした。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム