ニッセンは1月15日、通販の荷物をオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」や、ヤマト運輸の直営店で受け取れるようにした。通販の再配達を減らすため、ヤマト運輸と連携して荷物の受取方法を拡充した。

従来の受取場所は、①顧客の自宅②顧客の勤務先など指定場所③セブン-イレブンの店頭、の3種類だった。

「PUDO」を利用するには、ニッセンの会員登録とログインが必要。会員登録後、2回目の注文時から利用できるという。

利用条件は、3辺の合計が100cm以下の箱に入り、梱包重量が10kg以下の商品。

指定場所に商品が到着すると、ヤマト運輸から納品完了メールが届く。メールに記載されたパスワードでロッカーを解錠し、荷物を受け取る。

ニッセンは、通販の荷物をオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」や、ヤマト運輸の直営店で受け取れるようにした
「PUDO(プドー)ステーション」での受け取りスキーム

「PUDO」は3619か所に設置

「PUDOステーション」はヤマト運輸以外の宅配会社も利用できるオープン型の宅配ロッカー。Packcity Japan(パックシティージャパン)が運営している。

Packcity JapanのWebサイトによると、国内の設置件数は3619か所。

Packcity Japanは、ヤマト運輸と、フランスの郵便機器製造を行うネオポストシッピングによる合弁会社として2016年5月に設立された。出資比率はネオポストシッピングが51%、ヤマト運輸が49%。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム