よろしければこちらもご覧ください
  1. しまむらがベビー・子供用品ブランド「バースデイ」のECサイトをオープン

    しまむらの2021年2月期のEC売上高は約17億円。2022年2月期は50億円を目標に掲げる

    2021/9/7
  2. 「10兆円の国内EC流通総額を2030年までに」。楽天・三木谷社長が語ったコロナ禍の振り返り2021年「楽天EXPO」【講演要旨】

    三木谷浩史会長兼社長が国内EC流通総額の成長要因にあげたのは、モバイルとのシナジー、送料込みライン、配送の効率化、ポイント利用の一層拡大

    2021/9/3
  3. 激戦区! 健康食品・化粧品ジャンルのECサイト100の表示スピードと「コアウェブバイタル」対応調査

    『通販新聞』が発表した「19年度健康食品通販売上高ランキング」「19年度化粧品通販売上高ランキング」それぞれに掲載されている上位50サイト、合計100サイトのUXと「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」対応を調査

    2021/9/8
  4. コロナ禍で通販事業の売上3.45倍の435億円に拡大したファーマフーズが急成長のワケ

    通信販売事業の売上高は同245.7%増の435億2400万円、セグメント利益は同872.3%増の55億7500万円。テレビとインターネットを中心に想定よりも高い率で新規顧客を獲得し、年間の広告宣伝費を増額した

    2021/9/7
  5. DX人材はどう育てる? アスクルが始めた人材育成の独自研修プログラム「ASKUL DX ACADEMY」とは

    「アスクルDXアカデミー」は、データやテクノロジーを使いこなせる人材を育成するカリキュラム

    2021/9/8
  6. EC未経験での転職が出発点。Eコマース先生・川添氏が振り返る通販キャリア【私はこうしてECを学んだ】

    EC業界の第一線で活躍する人々がどのようにノウハウや実績を積んできたかを解き明かす連載第1回は、今後の連載インタビューアーとなるEコマース先生「川添隆」氏です【前編】

    2021/9/6
  7. 売上高150億円、経常利益率9.5%、ウェルネス&ライフサポート企業をめざすティーライフの中期経営計画とは

    ティーライフの2021年3月期連結業績は、売上高が前期比10.8%増の117億1900万円、営業利益は同81.7%増の9億100万円、経常利益は同75.8%増の9億2400万円、当期純利益は同67.4%増となる7億400万円

    2021/9/6
  8. Googleが始めた越境EC支援の「マーケットファインダー」とは?準備状況の数値化&ビジネスチャンスのある国をランキング表示

    Googleの「マーケットファインダー」日本版サービスでは、「海外販売の準備状況のスコアを算出する機能」「新しく進出するべき海外市場の発見をサポートする機能」を搭載

    2021/9/7
  9. “継続”がキーワードの牧場D2C事例。転機は「食べられる名刺」【ネッ担まとめ】

    ネットショップ担当者が読んでおくべき2021年8月30日〜9月5日のニュース

    2021/9/7
  10. ストライプインターナショナルのECサイト「STRIPE CLUB」、「STAFF START」を通じブログ記事が作成・投稿できる機能を導入

    バニッシュ・スタンダードが運営する「STAFF START」の一機能である「まとめ機能」を、ストライプインターナショナルの公式ECサイト「STRIPE CLUB」に導入した

    2021/9/3

    ※期間内のPV数によるランキングです。一部のまとめ記事や殿堂入り記事はランキング集計から除外されています。

    この記事が役に立ったらシェア!
    よろしければこちらもご覧ください
    記事種別: 

    ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    [ゴールドスポンサー]
    ecbeing.
    [スポンサー]