物流

通販新聞ダイジェスト

アスクルが取り組むドライバーの負担軽減施策。独自配送管理システム「とらっくる」+「仕分け支援アプリ」とは?

アスクルが取り組む、物流の諸問題改善に向けた対策とは? 記事では、同社による2つのスマートフォン用アプリに焦点を当てる
通販新聞[転載元]2/15 7:00210
通販新聞ダイジェスト

【物流2024年問題】配送料の値上げ+コスト増の対策は「まとめ出荷」「再配達への対応」(通販・EC会社の取り組み+対策)

通販新聞が実施したアンケート調査の結果によると、物流問題に向けた対策は「効率化」「再配達削減」がトップ2を占めた。各社の本音と取り組みをまとめる
通販新聞[転載元]1/30 7:00060

ヤマト運輸が始める法人向け投函サービス「クロネコゆうメール」とは? ヤマトが集荷し、日本郵便が配送

メール便領域についてヤマト運輸は「クロネコDM便」(カタログやパンフレット、チラシを全国へ送ることができる投函サービス)を1月31日に終了。配送を日本郵便へ委託する
瀧川 正実1/29 8:30360
E-Commerce Magazine Powered by futureshop

EC物流の特徴とは? 市場規模や業務内容、抱えている課題の解決策を詳しく解説

急成長したEC物流市場。EC物流の概要から直面する課題&解決策までそれぞれ詳しく解説します。自社のEC物流改善をめざす方必見です
E-Commerce Magazine[転載元]1/24 7:00120
通販新聞ダイジェスト

【通販・EC業界2023年の10大ニュース】上位は「商品値上げ」「物流2024年問題」「宅配運賃の上昇」「送料無料表示」「AI活用」

通販新聞が読者と選出した2023年の10大ニュースでは、値上げが首位となった。そのほか、物流、ステマ規制、AI活用など、ホットな話題が続々とランクイン。事業者の反応も含めて掘り下げる
通販新聞[転載元]2023/12/25 7:001620

アスクルのサステナブル物流、オルビスのコスト低減施策、ビームス&フェリシモの「物流2024年問題」への対応などが学べる【11/21開催】

Eコマースにおける物流の役割、事例、最新情報が無料で学べる!「EC物流フォーラム」を11月21日(火)に開催
ネットショップ担当者フォーラム編集部2023/11/20 7:00110
通販新聞ダイジェスト

【アスクルとコクヨグループの共同配送】積載率向上+CO2排出量ダウンなどさまざまな効果を生むその取り組みとは?

アスクルはコクヨグループとの共同輸送を実施。実証実験ではCO2排出減・積載率向上など両社に大きなメリットが見られ、本格的な導入をスタートしている
通販新聞[転載元]2023/11/20 7:00210

EC最新トレンド、“ゆうこす”流ファンコミュニケーション術、EC物流、顧客戦略+AI活用などが学べるECイベント【11/21+22開催】

EC運営で成功を収めている著名企業や有識者から、成功の秘訣、自社ビジネスに役立つヒントが学べる! 50講演超がすべて無料!「ネットショップ担当者フォーラム 2023 秋」を11月21日(火)+22日(水)に開催
ネットショップ担当者フォーラム編集部2023/11/14 7:001220
通販新聞ダイジェスト

事業拡大の大網、物流拠点を移転拡張。従来の4倍面積+自動棚搬送ロボで効率化アップ

大網は物流拠点を移転し、大型施設にリニューアルした。物量増加、まとめ買いに対応し、従来よりも効率性を高める仕組みとは?
通販新聞[転載元]2023/10/24 7:30210
通販新聞ダイジェスト

ベルーナが物流センターを増築。「売れる時期を見越した配置」「作業時間縮小」を実現する倉庫とは

物流センターを増築したベルーナ。保管能力の向上だけでなく、効率化、省人化にも乗り出し、生産性拡大に乗り出している
通販新聞[転載元]2023/9/26 7:00121
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

4割が配送料を抑えるために「長めの配送オプションを選択する」。消費者1000人に聞いた満足度の高い配送方法【2023年調査】

オンライン通販利用者は各社の配送サービスについて内容を吟味し、選んでいます。調査結果から見る消費者の本音とは?
Digital Commerce 360[転載元]2023/9/7 8:00341
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

フルフィルメント費用を平均20~30%ダウンする「4PL」サービスとは?米国中小企業の物流改善事例

効率化やコストダウンができればできるほど事業成長につながりやすい在庫・物流のロジスティクス。事業者の誰もが頭を悩ませているトピックスの1つ。米国企業の成功事例を紹介します
Digital Commerce 360[転載元]2023/8/31 7:00310

ヤマト運輸と日本郵便の協業、「ネコポス」は2025年3月+「クロネコDM便」は2024年2月までにJPへ全配送業務を委託

ヤマト運輸は、「クロネコDM便」と「ネコポス」の輸送・配達業務を日本郵便(JP)に委託する
瀧川 正実2023/8/28 7:3047221
通販新聞ダイジェスト

元DHC会長吉田氏の新通販会社「大和心」で数百人規模の人材募集。Webデザイナー、オペレーターなど12職種で

吉田氏の設立した通販会社「大和心」は、新物流拠点の完成が2023年9月と間近に迫っている。新事業開始に向けた人材募集の詳細とは
通販新聞[転載元]2023/8/24 7:306120

「物流2024年問題」がEC業界に与える影響と対応策とは? 【オンライン物流セミナー9/14開催】

主催はクロール360とフューチャーショップ。スクロール360の高山隆司氏が登壇し、物流の改善ポイントや最新事情、「物流2024年問題」などについて解説する
藤田遥2023/8/23 9:003110
通販新聞ダイジェスト

ZOZO澤田社長が語る成長戦略。「販売」以上の付加価値追求+顧客の裾野を広げる需要喚起策とは

取扱高5000億円を突破しているZOZO。澤田宏太郎社長兼CEOが語る、これまでの成長の鍵と、さらなる伸長をめざすための次なる成長戦略とはどのようなものか
通販新聞[転載元]2023/8/21 7:00030
通販新聞ダイジェスト

【物流2024年問題対策】アマゾンは小型拠点の拡充、置き配、配送員の負担軽減、副業でできる配送プログラムなどを推進

アマゾンジャパンは物流の2024年問題に向けた対応に乗り出している。デリバリーステーションの拡充やそれにより期待される効果など、取り組みの詳細を見ていく
通販新聞[転載元]2023/8/10 7:003130
E-Commerce Magazine Powered by futureshop

送料無料表示やスピード配送の見直しも? 「物流2024年問題」が通販・EC事業者に与える影響とは

「送料無料」表示が禁止になる? 物流2024年問題が目前にせまるなか、政府が発表した「物流革新に向けた政策パッケージ」などを交えて具体的に解説します
E-Commerce Magazine[転載元]2023/8/8 7:00440
通販新聞ダイジェスト

ユニクロの「レジ待ち解消」「精算時間の短縮」を実現した新技術「RFID」とは?【EC物流の専門家が解説】

2024年問題を筆頭にさまざまな課題が持ち上がっている物流業界。そんななか、物流や店舗で大きな省力化の役割を果たし、オムニチャネルに必要不可欠と言われる「RFID」が注目されている。EC物流支援のスクロール360の高山取締役が解説
通販新聞[転載元]2023/8/2 7:001990
通販新聞ダイジェスト

EC物流のプロが解説、宅配クライシスの再来「2024年物流問題」+通販業界に与える影響

【エキスパートが教えるEC物流最前線:前編】EC物流支援のスクロール360の高山取締役が、2024問題に関連する諸問題をやさしく解説。物流事業に精通する有識者へのインタビューも交えつつ、EC事業者が検討するべき施策まで指南する
通販新聞[転載元]2023/7/31 7:000140

アダストリア、グループ最大規模の物流センター「アダストリア 常総DC」を新設

2026年2月期を最終年度とした中期経営計画で連結売上高2800億円をめざしているアダストリア。成長、業容拡大の一環として、グループ最大規模の物流拠点を開設する
高野 真維2023/7/27 6:30641
通販新聞ダイジェスト

オイシックス、ヨシケイ、ベネッセが強化する施設向け給食事業とは?市場の成長性+各社の独自戦略を解説

オイシックス・ラ・大地を筆頭に大手食品通販各社が相次いで給食事業を強化しており、今後はベネッセも参入を予定している。市場そのものの期待値から、各社が差別化のポイントとしている点まで詳しく解説する
通販新聞[転載元]2023/7/19 7:00620
通販新聞ダイジェスト

物流費の値上げ、ヤフーの戦略転換、改正特商法の施行、相次ぐ個人情報の漏えい【2023年上半期の通販・EC業界まとめ】

コロナ禍が収束に向かい、大きな変容を見せている通販業界。「2024年問題」に端を発した物流効率化の影響、新規参入の動き、改正特商法の施行など上半期の出来事をまとめる
通販新聞[転載元]2023/7/18 7:008150
通販新聞ダイジェスト

「送料無料」は問題の本質ですか? 表示の見直しで問題は「解決しない」の声【物流2024年問題巡る現況まとめ】

物流の「2024年問題」解消に向け、政府が発表した政策パッケージにおける「送料無料」表示の是正が物議を呼んでいる。関係各所の意見を交えつつ、政策の現況をまとめる
通販新聞[転載元]2023/6/28 7:00140
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送コストを削減する方法は? 米国のデータや企業事例に学ぶ送料無料の実態&改善アプローチ

送料無料は消費者にとって魅力的ですが、小売事業者にとってはコストの捻出に悩むところです。アウトソーシング、配送コストの効率化、倉庫そのものの改善など、各社の取り組み事例を紹介します
Digital Commerce 360[転載元]2023/6/15 8:00100

アスクルが語るエシカルeコマース、物流2024年問題、花王などに学ぶオムニチャネル戦略【全31講演のECイベント】

3年ぶりのリアル開催! 全31講演すべて無料で視聴できるECイベント「ネットショップ担当者フォーラム 2023 春」を5月18日(木)・19日(金)に開催
ネットショップ担当者フォーラム編集部[執筆]2023/5/11 8:30130
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コンバージョンUPに直結する施策、EC事業者が課題解決のために投資する領域とは?

ある調査では、カスタマーエクスペリエンスやデジタルマーケティングなどへの投資が、小売事業者が2023年に取り組む項目の上位になっています。その他、調査結果から小売事業者の考えや傾向を解説します。
Digital Commerce 360[転載元]2023/2/24 7:002120
ダンボールdeマーケティング!

あなたの店舗でもできる!ダンボールを活用したファンマーケティング施策とは?

ネットショップとユーザーがリアルで初めて出会うのは、商品を受け取った時。その瞬間をダンボールを活用したファンマーケティングにつなげる方法をアースダンボール奥田氏が解説【1回目】
奥田 敏光[執筆]2022/12/12 9:006100

ギフティがギフト特化のフルフィルメントサービスを開始。景品調達から在庫保管・管理、発送までワンストップで提供

ギフティは11月25日、ギフトに特化したフルフィルメントの仕組みを本格的に提供開始した。仕組みはオープンロジとの協業して構築した
高野 真維2022/12/2 7:30010

出荷能力1.3倍、人員は27%削減、出荷作業費18%減に成功したオルビスの物流改革。カギは小型AGVを活用した物流新システム

オルビスの東日本流通センターの通販向け出荷ラインを刷新した結果、1時間あたりの出荷能力は1.3倍、人員は27%削減、1件あたり出荷作業費は18%削減といったコスト削減や効率化に成功
納富 隼平2021/10/27 8:00372
物流女子の旅

「持たせない」「待たせない」「歩かせない」「考えさせない」を実現したオルビスの通販向け出荷ライン【取材レポート】

オルビス東日本流通センターでは小型AGVや日本最速クラスの自動封函(ふうかん)機などのテクノロジーと人の手による作業を融合し、効率化と省人化だけでなく、スタッフの負荷軽減を実現しています。【物流女子の旅⑥】
藤田遥2021/10/6 7:001282
E-Commerce Magazine Powered by futureshop

「発送業務の外部委託」は3割、サイズ別発送料金は「60サイズで平均約650円」。ECサイトの物流業務の外注メリットは?

「フューチャーショップ」利用店舗に物流・倉庫外注化についてアンケートを実施。最も利用されている宅配会社は「ヤマト運輸」で、発送業務を外部に委託しているのは3割でした
E-Commerce Magazine2021/4/27 9:00240
物流女子の旅

物流ロボットが働く次世代物流センターの中はどんな様子? 省人化や生産性向上を実現する「Xフロンティア」【現場レポート】

SGHDの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」では、自動棚搬送ロボット「EVE」や無人搬送ロボット「OTTO」、自動梱包機など最新技術が稼働。一般的に必要とされる人員の半分で物流業務を行っています【物流女子の旅:連載3回目】
藤田遥, 公文 紫都2020/8/26 9:002750

搬送ロボット、自動梱包機器など最新テクノロジーを駆使したSGホールディングスの次世代型物流センター「Xフロンティア」とは

SGホールディングス(SGHD)の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内、「シームレスECプラットフォーム」では自動搬送ロボット「EVE」や「OTTO」、自動梱包機など最先端のテクノロジーを駆使した設備が稼働している
公文 紫都, 藤田遥2020/8/17 9:00751
物流女子の旅

安定出荷、人手不足解消、質の担保――AI搭載ロボットが変える通販・EC物流のミライ

倉庫内の業務軽減、人材不足など物流業界の問題を解決するために注目が集まるロボット。今回はAI搭載ロボット「EVE」を開発したギークプラスの代表取締役の佐藤氏にお話を伺いました【物流女子の旅②】
藤田遥2020/4/27 8:001150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コロナ危機下のEC事業者が今すぐ対応したい8つの重要ポイント

企業は急速に変化する状況に適応し、消費者に最高のサービスを提供するためには、マーケティング、オペレーション、ビジネスモデルを変更する必要があります。コロナ対策のEC戦略で重要な8つのポイントを解説します
Digital Commerce 3602020/4/16 7:006783
動画で学ぶ「ECの未来」produced by Savari.,Co.Ltd.

【動画で解説】LiNKTH小橋氏とozie柳田氏が語る「ECと物流の未来」「攻めの物流」

LiNKTH代表取締役の小橋重信氏が語る「ECと物流の未来」【ECの未来③】
サヴァリ株式会社2020/3/4 8:008770
物流女子の旅

ナイキ、ビックカメラ、ZARA、アスクルなどが使うAI搭載の自動ピッキングロボット「EVE」は何がスゴイ?【現場レポート】

ギークプラスが開発した自動走行ロボット「EVE」。商品を棚ごと運んで倉庫内作業を効率化&負担を軽減してくれるという。NIKEやZARA、ヤマト運輸やDHLなどさまざまな業界で活躍しているロボットの働きを見学してきました【物流女子の旅:連載1回目】
藤田遥2020/3/2 8:002080

日本郵便 × テクノロジー企業の物流ラストワンマイル問題への取り組み。自律走行型ソフトロボットによる「動く宅配ボックス」の実証実験

階段を登り、複数の荷物を住戸の前に置き配。アメーバエナジーと日本郵便による「Amoeba GO-1」の実証実験
内山 美枝子2020/2/6 7:0033131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

通販・ECの差別化はフルフィルメントにあり! ARやロボットなど2020年の5大トレンド

小売事業者は、倉庫やフルフィルメント業務に高度な技術を採用することで、競合他社との差別化を図ることができます。その方法を5つご紹介します。
Digital Commerce 3602020/1/23 8:00672
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ロボットが倉庫内作業を効率化する未来――Amazon・DHL・Walmartの物流改革

多くの小売事業者や配送業者が、ロボット技術をフルフィルメントのインフラに組み入れて効率化しています
Digital Commerce 3602019/2/7 7:001791
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

越境EC最大の課題、海外向け配送・返品対応を解決するスマートな物流対策

国際物流の課題に取り組むために、EC企業はフレキシブルである必要があります
Digital Commerce 3602018/10/25 7:001160
いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流視点で競争力を上げるために知っておきたい倉庫内の商品管理の常識

倉庫内のロケーション管理方法「固定ロケーション」「フリーロケーション」について解説
株式会社いつも.2017/6/23 10:00220
いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流は「安さ」それとも「サービス」重視? マーケティング視点で考える物流の在り方

物流は会社全体の重要戦略として捉えることが重要、今回は「スピード・価格重視」「サービス重視」の物流の考え方を解説
株式会社いつも.2017/3/13 7:001363
星川保の突撃!!EC物流倉庫

大手のEC実施企業が10年以上も継続契約する物流会社「ボーダーライン」の裏側

「最適倉庫マッチング」を提供しているディヴォートソリューションの星川氏がおすすめの物流代行企業を紹介(vol.2)
星川 保2016/6/21 7:0015871

「物流2024年問題」、集客&CRMの最新トレンドについて学べるオンラインセミナー【2/14開催】

E-Grant、スクロール360、これからは2月14日(水)に「集客、物流、CRM」をテーマにしたオンラインセミナーを開催する
藤田遥2/8 7:30110

大網、新拠点での物流業務を本格稼働。ロボットや自動化機械で「省力化」「効率化」を推進

ホビーECの大網は新たな物流拠点の本格稼働をスタートした。国内需要のほか、越境ECの拡大も踏まえ、物流のさらなる効率化を図る
高野 真維2023/12/8 7:30360

アスクルが物流センターと補充倉庫間の商品移動計画にAI需要予測モデルを活用

AI(人工知能)需要予測モデル導入で、予測精度向上、入出庫の作業工数削減を達成した
藤田遥2023/12/5 7:00110

物流2024年問題、CRM、Amazon攻略法、D2Cの成功事例などが学べるWebセミナー【12/5開催】

ライフェックスは、売れるネット広告社、そばに、wevnal、キャッチボール、スクロール360との合同Webセミナーを12月5日(火)に開催する
藤田遥2023/11/24 8:30110

「配送を急がないオプション」の利用意向は87%。約7割が「送料がネックで購入を諦めた経験あり」

MMD研究所の「ECサイトの配送とクイックコマースに関する調査」によると、クイックコマースの認知は39.0%、利用経験は16.8%だった
藤田遥2023/10/25 7:30340

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]