物流

物流女子の旅

「持たせない」「待たせない」「歩かせない」「考えさせない」を実現したオルビスの通販向け出荷ライン【取材レポート】

オルビス東日本流通センターでは小型AGVや日本最速クラスの自動封函(ふうかん)機などのテクノロジーと人の手による作業を融合し、効率化と省人化だけでなく、スタッフの負荷軽減を実現しています。【物流女子の旅⑥】
藤田遥10/6 7:001282
E-Commerce Magazine Powered by futureshop

「発送業務の外部委託」は3割、サイズ別発送料金は「60サイズで平均約650円」。ECサイトの物流業務の外注メリットは?

「フューチャーショップ」利用店舗に物流・倉庫外注化についてアンケートを実施。最も利用されている宅配会社は「ヤマト運輸」で、発送業務を外部に委託しているのは3割でした
E-Commerce Magazine4/27 9:00240
物流女子の旅

物流ロボットが働く次世代物流センターの中はどんな様子? 省人化や生産性向上を実現する「Xフロンティア」【現場レポート】

SGHDの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」では、自動棚搬送ロボット「EVE」や無人搬送ロボット「OTTO」、自動梱包機など最新技術が稼働。一般的に必要とされる人員の半分で物流業務を行っています【物流女子の旅:連載3回目】
藤田遥公文 紫都2020/8/26 9:002740
単発記事

搬送ロボット、自動梱包機器など最新テクノロジーを駆使したSGホールディングスの次世代型物流センター「Xフロンティア」とは

SGホールディングス(SGHD)の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内、「シームレスECプラットフォーム」では自動搬送ロボット「EVE」や「OTTO」、自動梱包機など最先端のテクノロジーを駆使した設備が稼働している
公文 紫都藤田遥2020/8/17 9:00751
物流女子の旅

安定出荷、人手不足解消、質の担保――AI搭載ロボットが変える通販・EC物流のミライ

倉庫内の業務軽減、人材不足など物流業界の問題を解決するために注目が集まるロボット。今回はAI搭載ロボット「EVE」を開発したギークプラスの代表取締役の佐藤氏にお話を伺いました【物流女子の旅②】
藤田遥2020/4/27 8:001150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コロナ危機下のEC事業者が今すぐ対応したい8つの重要ポイント

企業は急速に変化する状況に適応し、消費者に最高のサービスを提供するためには、マーケティング、オペレーション、ビジネスモデルを変更する必要があります。コロナ対策のEC戦略で重要な8つのポイントを解説します
Digital Commerce 3602020/4/16 7:006783
動画で学ぶ「ECの未来」produced by Savari.,Co.Ltd.

【動画で解説】LiNKTH小橋氏とozie柳田氏が語る「ECと物流の未来」「攻めの物流」

LiNKTH代表取締役の小橋重信氏が語る「ECと物流の未来」【ECの未来③】
サヴァリ株式会社2020/3/4 8:008870
物流女子の旅

ナイキ、ビックカメラ、ZARA、アスクルなどが使うAI搭載の自動ピッキングロボット「EVE」は何がスゴイ?【現場レポート】

ギークプラスが開発した自動走行ロボット「EVE」。商品を棚ごと運んで倉庫内作業を効率化&負担を軽減してくれるという。NIKEやZARA、ヤマト運輸やDHLなどさまざまな業界で活躍しているロボットの働きを見学してきました【物流女子の旅:連載1回目】
藤田遥2020/3/2 8:002080

日本郵便 × テクノロジー企業の物流ラストワンマイル問題への取り組み。自律走行型ソフトロボットによる「動く宅配ボックス」の実証実験

階段を登り、複数の荷物を住戸の前に置き配。アメーバエナジーと日本郵便による「Amoeba GO-1」の実証実験
内山 美枝子2020/2/6 7:0033131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

通販・ECの差別化はフルフィルメントにあり! ARやロボットなど2020年の5大トレンド

小売事業者は、倉庫やフルフィルメント業務に高度な技術を採用することで、競合他社との差別化を図ることができます。その方法を5つご紹介します。
Digital Commerce 3602020/1/23 8:00672
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ロボットが倉庫内作業を効率化する未来――Amazon・DHL・Walmartの物流改革

多くの小売事業者や配送業者が、ロボット技術をフルフィルメントのインフラに組み入れて効率化しています
Digital Commerce 3602019/2/7 7:001791
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

越境EC最大の課題、海外向け配送・返品対応を解決するスマートな物流対策

国際物流の課題に取り組むために、EC企業はフレキシブルである必要があります
Digital Commerce 3602018/10/25 7:001160
いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流視点で競争力を上げるために知っておきたい倉庫内の商品管理の常識

倉庫内のロケーション管理方法「固定ロケーション」「フリーロケーション」について解説
株式会社いつも.2017/6/23 10:00220
いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流は「安さ」それとも「サービス」重視? マーケティング視点で考える物流の在り方

物流は会社全体の重要戦略として捉えることが重要、今回は「スピード・価格重視」「サービス重視」の物流の考え方を解説
株式会社いつも.2017/3/13 7:001363
星川保の突撃!!EC物流倉庫

大手のEC実施企業が10年以上も継続契約する物流会社「ボーダーライン」の裏側

「最適倉庫マッチング」を提供しているディヴォートソリューションの星川氏がおすすめの物流代行企業を紹介(vol.2)
星川 保2016/6/21 7:0016171

アスクルが大型物流施設「ASKUL 東京DC」を公開。在庫商品数を増やし、ロングテール商品も「明日来る」を実現

アスクルは、東京都江戸川区に竣工した物流施設「ASKUL 東京DC(ディストリビューションセンター)」のメディア向け見学会を実施した
藤田遥7/15 8:00230

楽天と日本郵便が新たな物流プラットフォームの構築など戦略的提携で合意。モバイル、金融などでも協業

楽天と日本郵便は12月24日、持続可能な物流環境の実現を目的とした戦略的提携に向け、基本合意書を締結。物流DXの推進と新たなプラットフォーム構築をめざす
藤田遥2020/12/25 10:00631

中国EC大手のJDグループも採用したAI搭載の無人ロボットが日本市場へ展開

物流機器販売などを手掛けるジャロックが、AI搭載型の無人搬送車を販売するマルイノベーションと国内販売代理店契約を締結した。
渡部 和章2020/2/21 11:00970

タナックスが「段ボールの改善ヒント集」を発行。段ボール改善から荷主事業主の「ホワイト物流」をサポート

Just fit BOX(ジャストフィットボックス)を提案するタナックスが、「段ボールの改善ヒント集」を発行。あわせて「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛成し、自主行動宣言を事務局へ提出した
藤田遥2020/2/7 7:00430

MonotaRoが物流倉庫に導入した無人搬送ロボット「Racrew」の効果とは?

日立製作所が開発した「ラックル」を154台導入し、生産性を2倍に引き上げる
渡部 和章2017/4/14 11:001750

通販・ECの緩衝材に6割が不満。「手間がかかる」「ゴミが増える」「邪魔」

緩衝材としてエアークッションが使用されていた場合は「再度、使用する」に62.2%が回答
瀧川 正実2015/6/18 6:004761

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]