FULLERが9月21日に発表した「2016年上半期アプリカテゴリ別月間アクティブユーザー数(MAU)ランキング」によると、ショッピングアプリ分野で最もアクティブユーザーが多いアプリは「楽天市場」となった。

ショッピングアプリのランキングでは、1位が「楽天市場」、2位は「メルカリ」、3位は「Amazon」。

4位が「ヤフオク!」、5位は「ヤマダ電機」となった。

TOP20のうちCtoCアプリは7アプリランクイン。総合ECモールは4アプリ、電子マネーアプリ、OtoOアプリが3アプリ、ファッション専門アプリが2アプリ。

調査ではこのほかライフスタイル、 ファイナンス、 ソーシャルネットワーク、 ゲームなど、24ジャンルのアプリのアクティブユーザーランキング掲載している。

アクティブユーザー数ランキング(ショッピング部門)

ランキングは、FULLERが提供するスマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape」のデータを利用した調査。2016年1~6月のGoogle Play上のアプリの各月MUAを合計した累計MUAをランキング化した。利用端末、キャリアに依存したプリインストールアプリはレポートから除外している。

担当編集者のコメント: 

CtoCアプリの場合、売り手、買い手ともにアプリを通じて取りj引きを行うため、通常のショッピングアプリに比べ、アクティブユーザーが多くなる傾向にある。ただ、それでも、TOP20のうち7つのアプリがランクインするのは、CtoCアプリが市民権を得た証拠であるといえそうだ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム