よろしければこちらもご覧ください
ネッ担まとめ

ネットショップってアプリを立ち上げたり、ショップにアクセスすること自体が面倒なことってありますよね。「つくりおき.jp」さんはすべてがLINEで完結しますので日常会話感覚で注文できてしまいます。これは便利。

無駄をそぎ落としたシンプルな作りが人気の秘訣

手作り惣菜を届け家庭の義務を減らす 「つくりおき.jp」が創出する機会と顧客の声から目指す先を語る | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/9623

まとめると、

  • お惣菜の宅配サービスの「つくりおき.jp」では、「週3食プラン」と「週5食プラン」を1都3県で展開している
  • 初回注文、継続注文などすべてのコミュニケーションがLINEで完結するのが特徴。ユーザーからも「使いやすい」というお声がほとんど
  • 毎週アンケートをLINEで依頼し、献立やサービスについての意見を募っている。「つくりおき.jp交換日誌」の中で意見を紹介し、改善するポイントについて回答している

LINEであれば、多くのお客様のスマートフォンにすでにインストールされているツールですし、メッセージの確認も習慣づいているはずなので通知を見逃さず、メニューを確認してサービス継続をしていただけるのではないかと考えました。決済と紐づけることができる点も魅力でした。「つくりおき.jp」では、LINE上で一度支払方法を登録してもらえば、毎週決められた曜日に自動決済されるため、サービスがフィットしているかぎり継続してもらえる仕組みをうまく作ることができたと感じています。
─Antway 小川未来氏

サービス対象エリアに住んでいないので途中までしか使っていないのですが、本当にLINEですべてが完結してしまいます。LINEでやり取りしているだけで、ECとかサブスクリプションのサービスを利用している感覚はまったくありません。リピート性が高めたいネットショップにはとても参考になるサービスです。

メルカリShopsが本格的にECに参入

メルカリ内にネットショップを開設できる「メルカリShops」、全事業者に提供開始 値下げ交渉に応じる必要なし:B2Cに本格参入 | ITmedia ビジネスオンライン
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2110/07/news106.html

まとめると、

  • メルカリ子会社のソウゾウは「メルカリShops」の本格提供を始めた。12月31日までの期間限定で、通常10%の販売手数料を無料にするキャンペーンを実施する(1店舗売上合計10万円まで)
  • 酒類の取り扱い開始など出品カテゴリーの拡大や、事業者アカウントをフォローすることで出品通知が届く「フォロー機能」も追加。送り状の一括発行にも対応予定
  • 先行出店した事業者のうち、57%がEC初出店で、月商1,000万円を達成した事業者もあるという。6割以上が地方から商品が発送された取引だった

プレオープン期間では配送面での改善を求める声が多く出たという。本格提供に合わせて導入する全国一律の送料や匿名配送が可能な「メルカリ便」の提供などを通じて改善を図る考え。石川社長は「他にもさまざまな要望をいただいている。(サービスのコンセプトである)『簡単に売れる』につながるよう改善していきたい」と意気込んだ。

2か月ほど前にプレオープンしたメルカリShops。ハンドメイド作品や、自治体、町の飲食店などの出店があり、中には月商1,000万円を超える事業者もいて順調な滑り出しのようです。今後はショップとしての機能が追加されていくようなので、すでにモールなどに出店している皆さんも使いやすくなりそうですね。年末までは手数料が無料なのでお試し的に出店しても良さそうです。

日本市場に寄り添って拡大を目指すAmazon

Amazonのジャスパー・チャン社長「数年前にマーチャントの流通総額が直販事業を抜いた」 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/9138

「Amazon.co.jp 出品者アワード2021」を発表  6部門22社の販売事業者様を表彰 | コマースピック
https://www.commercepick.com/archives/9045

まとめると、

  • Amazon.co.jpに出品する日本の中小規模の販売事業者数は約16万社で、5億点以上の商品が販売され、平均で毎分900個以上の商品が売れている
  • 海外販売の商品販売個数は、前年同期比で55%以上の増加
  • 「Amazon ECサミット」での「Amazon.co.jp出品者アワード2021」では、お客様満足度や売上などを指標に「ご当地の魅力 発信賞」などが発表された

「Amazon ECサミット」でのセッションは関連記事にあるリンクから参加登録をすればアーカイブを視聴できます。開催日を過ぎてからでも視聴できるのはありがたいですね。こういった表彰は楽天やカートのASPでは行われていましたが、Amazonでは初めてのはず。日本市場に寄り添って拡大していこうという意思が見えてきますね。

関連記事

EC全般

上位300社で6兆1443億円<月刊ネット販売調べ 2020年のネット販売市場> 27.9%増、コロナ禍でEC化加速 | 通販新聞社
https://www.tsuhanshimbun.com/products/article_detail.php?amp%3B_ssd=1&product_id=5962

ほとんどの企業で大幅な売上増加となっていてAmazonは2兆円越えです。

「BASE」の商品をGoogleに!「Google商品連携・広告 App」でできることとは? | BASE U
https://baseu.jp/22636

やっときた! と思った人も多いはず。無料でGoogleに商品が載ります。

ショップサーブで作ったサイトに補足機能を追加してみた | WEB制作会社コットンウール
https://www.cottonwool.jp/laboratory/web/ecsite/

国産のカートASPでもカスタマイズしだいでいろいろなことができるんですよね。

e コマースサイトの URL 構造を設計する | Google 検索セントラル
https://developers.google.com/search/docs/advanced/ecommerce/designing-a-url-structure-for-ecommerce-sites?hl=ja

SEO×ファセットナビゲーションで、競合も拾えていないCVを獲得する手順 | Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報 | Web担当者Forum
https://webtan.impress.co.jp/e/2021/10/04/41639

単品系通販サイトでやるべきSEO施策① アイテムキーワードからの脱却! 商品名の対策と周辺ニーズから“売れる”コンテンツを作ろう | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/9054

SEO関連の記事を3つ。難しい内容ですがカテゴリをうまく作ると結果が出ることが多いです。

「持たせない」「待たせない」「歩かせない」「考えさせない」を実現したオルビスの通販向け出荷ライン【取材レポート】 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/9044

広い倉庫の中を自動搬送ロボットが動き回っています。物流はロボットが担う部分が増えてきましたね。

「検索離れ」は本当? データから浮かび上がる若者の意外な検索行動 | 生活総研
https://seikatsusoken.jp/diginography/17850

使い分けているだけですよね。わからないことはGoogle、今ならTwitter、ファッションなどはInstagram。

今週の名言

私のお店では、「良くしてくれるお客様には良くする」ということを当たり前のようにやっていた結果、自然にお店の雰囲気が良くなり、結果的に良質客だけが集まる状態になったのです。

「一緒に飲みたくない客は断れ」新橋の焼きとん屋女将が店員にそう指示している理由 大衆居酒屋の魅力は「場の雰囲気」 | PRESIDENT Online
https://president.jp/articles/-/50542

新規顧客も増やしたいですが、いつも買ってくれている人たちを大切にしたいですよね。お客さんがお店の雰囲気というかブランドを作ってくれるようになるはず。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]