表示スピード

ネットショップ担当者フォーラム 無料ウェビナー

どうする? 5月開始の「コアWebバイタル」対策。グラ二フ大西氏がEC実施企業3社に徹底ヒアリング!【4/20無料ウェビナー】

2021年5月に始まる「コアWebバイタル」は、EC業界にも大きな影響を与えることが想定されます。先行して対策を進めている企業に、グラ二フ大西理氏が理由や実際に行っていることをヒアリングする無料ウェビナーを4/20に開催
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

サイト表示スピードの新指標「コアウェブバイタル」が5月スタート! GDO、ショップジャパン、IDOM、DNPが語るECサイトの対策

表示スピード改善の新指標「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」が2021年5月からスタート。3つの新指標の内容やEC事業者が対応すべきこと、表示スピード対策は防衛予算だと考える理由について、ECサイトの表示スピード担当者が解説します
占部 雅一2/25 9:0030102
ネットショップ担当者フォーラム 2020 セミナーレポート

どうする5Gコマース、コアWebバイタルのアップデート。ECサイトの表示スピード改善はどう売上に直結するのか――CX改善のヒント

表示スピードを向上させると、顧客の買い物体験や売り上げに影響を与えるのか?クラウドフレア・ジャパン、ドーモ、フォースター、インプレスの4社が、EC事業者の実際の事例を交え対談した
朝比美帆2/9 9:006970
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

ECサイトの表示スピードを11秒台→2秒台へ短縮した「ショップジャパン」。安定稼働とUXの向上を実現した取り組みとは

オークローンマーケティングの「ショップジャパン」は課題だったECサイトの表示スピードを改善。ECサイトを安定した状態に保つことでUX・売上向上につなげた取り組みを解説
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

Amazonや楽天などブラックフライデーで快適に使えたECサイトは?+ユニクロ「+J」発売日のサイトダウン【スピード調査】

ブラックフライデー期間における「Amazon」「楽天市場」「トイザらス」「Google Strore」などのECサイトの表示速度を計測。米国ECサイトとのスピードの差も比較しました
種村 和豊2020/12/15 9:001671
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「価格.com」表示スピードNo.1はどこ? 自社ECとECモール店はどっちが速い?

2020年8月20日~2020年9月3日までの14日間、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「価格.com」の表示スピードを測定。また、各ECモール店と自社ECサイトの表示スピードを比較しました。Googleの新たなUX指標である「CoreWebVitals(コアウェブバイタル)」指標における主要ECモールの表示速度も調査しました。各調査結果を発表します
占部 雅一2020/11/4 9:0092187
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

EC売上TOP200サイトの表示スピードランキング! 「家電」「食品」「総合」「ファッション」「化粧品・健康」「日用品」「家具」別【2020年】

2019年12月27日(金)~2020年1月10日(金)までの14日間、EC売上高上位200社のモバイルサイトの表示速度を調査。カテゴリー別の結果を発表します。
占部 雅一2020/6/22 9:00148113
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve

【2020年】EC売上トップ200サイトの表示スピードランキング。「Amazon」よりも速いECサイトが続々と登場、その理由は?

2019年12月27日(金)~2020年1月10日(金)までの14日間、EC売上高上位200社のモバイルサイトの表示速度を調査、結果を発表します。
占部 雅一2020/4/20 8:00164223
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

読み込みスピードが速いサイトだけが享受できる4つの利点

消費者のニーズとGoogleのアルゴリズム変更によって、新たな競争力となった「サイトスピード」を考える
Digital Commerce 3602019/4/25 9:002750

スマホでのECサイト利用、「応答速度が遅くて離脱」が約6割

スマートフォンからECを利用する人のうち、購入意向があったにもかかわらず、ECサイトまたはECアプリの応答速度が遅く、タップしても反応しない、ページが遷移しないといった理由から離脱したことが「頻繁にある」人は13.4%、「ときどきある」人は44.1%で、合わせて57.5%にのぼった
石居 岳2020/1/24 9:0054193

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル