複数のECサイトでまとめ買いができるアプリ「HOPPiNG」を提供するマージェリックが9月20日に公表した「ネットショッピングに関するアンケート調査」によると、消費者が初めて利用するECサイトで「買い物を止めた理由」の1位は「アカウント情報(支払情報や住所情報)の登録が面倒だったため」だった。

初めて利用するECサイトで、「購入をあきらめた、もしくは条件は悪くなるが普段使いのサイトで購入した理由」を選択式・複数回答で聞いた。

その結果、「アカウント(支払情報や住所情報)の登録が面倒だったため」が62.8%を占めた。

2位は「普段使いのサイトでポイントを貯めたかったため」(61.3%)、3位は「セキュリティに不安があったため」(35.1%)。

マージェリックが公表した「ネットショッピングに関するアンケート調査」/消費者が初めて利用するECサイトで「買い物を止めた理由」

アカウント情報の登録が面倒という理由が最も多い(Q3の設問)

こうした理由がカート離脱を招いている要因の1つになっていると考えられるだろう。なお、米国の調査会社Baymard Instituteによると、カート離脱率の世界平均は約7割とされている。

「アカウントの登録管理は面倒」が過半数

初めて利用するECサイトで「気になる点」や「困っている点」を選択式・複数回答で質問したところ、「配送方法や支払情報を入力するのが面倒」を選んだ割合は63.3%、「アカウントの管理が面倒、忘れてしまう」は52.1%。

アカウントの登録や管理を面倒だと感じている回答者は半数を超えている。

マージェリックが公表した「ネットショッピングに関するアンケート調査」/初めて利用するECサイトで「気になる点」や「困っている点」

初めて利用するECサイトの利用について(Q2の設問)

ネットショッピングにおける商品の探し方を質問したところ、「複数のショッピングサイトで比較検討しながら商品を探す」(54.6%)と回答した割合が最も高かった。

マージェリックが公表した「ネットショッピングに関するアンケート調査」/ネットショッピングにおける商品の探し方

ネットショッピングにおける商品の探し方について(Q1の設問)

調査概要

  • 調査対象:20~60代男女
  • 調査期間:2017年9月5日~9月6日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 有効回答数:Q1=8828人、Q2・Q3=562人
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム