日本唯一の通販市場の週刊専門紙です。通信販売業界の健全発展推進を編集ポリシーとし、物品からサービス商品全般にわたる通販実施企業の最新動向をもとに、各社のマーチャンダイジング、媒体戦略、フルフィルメント動向などを詳しくお伝えしています。また、通販実施企業と深い関わりを持つ商品納入業者、メーリング、コンピュータ、テレマーケティング、物流などの各業界の動向、さらには行政・関連団体の動向と通販業界の抱える問題点・課題についても逐次お伝えしています。

誌面構成は8面建て。様々な特集企画、通販企業の動向、「売り場」(媒体)の研究(カタログ、DM、テレビ・ラジオ、実店舗、ネット、モバイル)、関連団体や省庁、関連法の動き、通販企業のフルフィルメントや通販企業の業務を支援する物流業者、コ-ルセンター企業のサービスや通販企業の商品政策などを各面で報道しています。

ウェブでは直近号の「通販新聞」から一部の記事をピックアップして、掲載していますが、本紙「通販新聞」ではサイト上では掲載していない通販実施企業様に役に立つ業界の様々な記事を掲載しています。ご興味のある通販企業様は是非ともご購読頂き、通販業界の最新の動向をお掴みください。

 

◆通販新聞について
  • 創刊:1983年2月5日
  • 発行:週刊(木曜発行、年間48回)
  • 配布方法:定期購読による郵送
  • 年間購読料:31,100円(送料、消費税を含む)
  • 発行元:株式会社通販新聞社(「通販新聞」はグループの宏文出版株式会社で1983年2月5日に創刊。その後「株式会社通販新聞社」として1991年に分社)
この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

通販新聞ダイジェスト

消費者取引にも独禁法の「優越的地位の濫用」適用へ――ECモールなどへの実態調査踏まえ考え方を整理

公正取引委員会は、4月に公表したオンラインモールやアプリストアにおける取引慣行の実態調査を踏まえ、今後、独占禁止法上の考えを整理する。モール運営事業者と消費者の取引における「優越的地位の濫用」の適用に対する考えもまとめる方針。

通販新聞ダイジェスト

「楽天市場」の送料無料ラインの統一化方針、店舗の反応は? 今後の焦点は?

楽天が、仮想モール「楽天市場」の送料を統一することが分かった。年内にも送料無料となる購入額を全店舗で統一する方針。楽天市場は出店する店舗によって送料はバラバラだが、ユーザーからは「分かりにくい」という声もあったことから、統一ことで購入前の離脱を防ぐ。

通販新聞ダイジェスト

ドローンを使った定期配送サービスを始める楽天の挑戦

楽天が今年4月以降、ドローンを使った定期的な配送サービスを開始することが分かった。山間部や離島など、過疎地で実施する予定。1月25日に同社と東京電力ベンチャーズ、ゼンリンが、埼玉県秩父市において実施した共同実証実験で楽天が明らかにした。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム