米国テキストロン社傘下のベルとヤマトホールディングス(YHD)は8月26日、米国テキサス州で実施した無人航空機の機能実証実験に成功したと発表した。

ベルが開発した自立運行型ポッド輸送機「ATP70」と、YHDが開発した荷物空輸ポッドユニット「PUPA」による電動垂直離着陸機(eVTOL)システムの実験を行った。両社は2020年代前半までにサービスの導入をめざす。

米国テキストロン社傘下のベルとヤマトホールディングス(YHD)は8月26日、米国テキサス州で実施した無人航空機の機能実証実験に成功したと発
実験に使用した機体

ベルの「ATP70」は、テイルシッター型の電動垂直離着陸機に革新的なペイロードポッドを搭載する。電動垂直離着陸機は時速100マイル(時速160km)以上の速度で飛行し、70ポンド(32kg)の積載量になる。「APT」の能力によって、完全に別次元の輸送サービスやオペレーション効率の向上が実現できる。

「PUPA」は「ATP70」などの貨物eVTOL機に結合して荷物を空輸できる貨物ユニット。70ポンド(32kg)までの積載可能重量を持つ試験機となっている。この期待は巡航中に高い能力特性を持つ一方、地上ではさまざまな環境下において、荷積み・荷下ろしや搬送を容易に行うことができる。

実証実験では両社が開発した技術を連携し、以下の項目が検証および証明された。

  • 「ATP70」の空力特性と最適化した姿勢での自立飛行
  • 飛行中および地上での作業時の高い安全性と可能性
  • 空輸からラストワンマイルへのシームレスな輸送形態への遷移
  • 荷物の格納および取り出しに関する取り扱いの容易さ

近年の無人航空機に関する技術の飛躍的な進歩の中で、ベルとYHDは顧客に対して新たな価値を提供するため、両社がこれまで培ってきたノウハウを融合させた空の新たな輸送モードの構築を進めている。

実証実験の成功を踏まえベルとYHDは、2020年代前半までに「ATP70」がYHDの荷物輸送システムで導入され、前例のないオンデマンド物流サービスの顧客満足体験を作り上げることをめざしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム