よろしければこちらもご覧ください
この記事は「マンガで納得! インターネット販売 売れるネットショップ開業・運営」の一部を、特別に公開しているものです。

登場キャラクター

ぞうむらさん

ぞうむらさん ネットショップタイプ別診断が得意な占い師。

うまださん

うまださん ウエディング用品専門の通販サイトを運営している。

ぞうむらさん「おさらいしようお主はウエディング用品専門のネットショップ経営ということでブラザーグリーンじゃったな」
うまださん「はい」
ぞうむらさん「ブラザーグリーンには潜在客が少ないため競合も少ないという特徴がある」
ニッチ→特定の市場に対する小規模な市場
うまださん「先生!私が成功する秘訣は何でしょう?」
ぞうむらさん「それはじゃな…」
・何よりも検索対策(SEO)が重要
・ユーザーに対して親身に商品を手ほどきし師弟関係を結ぶ
・FAQや問い合わせ対応をきちんとする
ぞうむらさん「ブラザーグリーンはこうするとよい。商品について優しく教えてあげるマメさが必要じゃ。誰にでも売り込むことはできない商品なので、その商品を欲しがって「検索」してくる相手に露出しなければまったく売れない。とにかく検索対策じゃ頑張りなされ」
うまださん「あのう……。独身の雄ウマに私の情報を露出させるにはどうしたらいいですか!?」
ぞうむらさん「それは専門外じゃ」

限られた潜在客と多く接触する

ウエディング用品や画材など、限られた人のみを対象とする店は「ニッチタイプ」に分類されます。

この本では、「どれだけ上手にすすめられても買わない人はやっぱり買わない」商品をニッチ商品と定義づけています。ライバルが少なく、そのほかのジャンルに比べて競争も少ないので、業界内での「安定1位」を目指しやすい傾向があります。これはニッチ商品を販売する大きなメリットの1つです。

「実店舗が少ない」=「ネットで探す」

オリジナルブランド商品との違いは、「潜在客が多いか少ないか」で考えるとわかりやすいでしょう。

例えば、子供に「バレエをはじめたい」と言われたお母さんを想像してみてください。彼女の頭の中には、普段使う野菜や靴を売る店は記憶されていても、バレエ用品をどこで買えばいいかは、わからないはずです。しかも、バレエ教室で一式を揃えると、結構なお値段がするようです。そんなとき彼女は、インターネットを使って購入できる店を調べてみるのです。

子供用のバレエ用品を扱っているネットショップは、ほかの商材に比べれば、そう多くはありません。該当する店舗が見つかり、「お手ごろで品質も悪くないし、これなら買っても大丈夫」と思えるだけの安心材料が揃っていれば、その店で購入することになるでしょう。

しかし、売れるようになるためには、クリアすべき条件があります。老若男女誰にでもバレエ用品を売り込むことはできないので、その商品を欲しがって「検索」してくる相手に露出しなければ、残念ながらまったく売れません。このようにニッチ商品を扱う店は、何よりも検索対策(SEO)が重要なのです。

ぞうむらさん「誰にでも売り込むことはできない商品なので、その商品を欲しがって「検索」してくる相手に露出しなければまったく売れない。とにかく検索対策じゃ頑張りなされ」
数少ない潜在客にどれだけ接触できるかがカギとなる。

お客さんとの「師弟関係」を築く

ニッチ商品を探している潜在客は、商品だけでなく、関連情報も含めて探していることが多いものです。

例えば、「ランドセル」を探している場合、検索キーワードも、ランドセルなどの商品カテゴリ名だけでなく、「ランドセル 比較」や「ランドセル 人気」となどと入力して調べるケースが多いのです。慣れないものを買うときは、誰でも「失敗したくない」と思うものですよね。そのため、「ほかの人はどういうものを買ったのか、それはどうだったのか」といった評判を気にしているので、商品そのものの魅力以前に、まず「どういう商品を選ぶと間違いがないか」「あなたの用途ではどの商品がちょうどいいか」などを教えてあげる必要があります

実店舗で質問をしたらベテラン店員さんがとても詳しく教えてくれたので、その人を信頼してその店で購入した、ということは意外と多いはずです。このような信頼関係は、実店舗に限らず、インターネットでも大いに築くことができるのです。

例えば登山用品を扱う店舗では、店員は商品だけでなく、山の情報や気候など登山の知識もあわせて提供することで、顧客との間は一種の「師弟関係」に近づきます。「もの」だけでなく、自分に必要な「情報」も提供してくれる店と店員を信頼し、また次もここで買おうという気になります。具体的には「賢い女性のための○○の選び方」や「○○でありがちな問題・解決法」といったコンテンツ記事を用意するといいでしょう。その記事をもとに特集ページを作成したり、メルマガで連載したりすることもできます。

また、無料相談コーナーを作り、積極的に問い合わせを受け付けることで、お客さんとの距離は一気に近づきます。

オリジナル商品とニッチタイプの区別

コツ4で説明した通り、この本では、オリジナル商品とニッチ商品は、潜在客の多さで区別しています。

例えば、通販限定の「肌に優しい白髪染め」であれば、白髪染めを必要とする人、つまりかなりの人数が対象客になり得ます。ですから、マス媒体(テレビCMや新聞の折り込みチラシなど不特定多数に接触する広告媒体)を使って衝動買いを促進することも可能です。よって、これはオリジナル商品に該当します。

一方、剣道用品や専門職向けの業務用品などは、マス媒体を使って集客したところで、ほとんどの読者や視聴者が対象客にならず、もちろん衝動買いしてもらうことも望めません。しかし、目的を持った検索経由ではかなり売れているのです。このように、「マス媒体での販促に適さない商品」であればニッチ商品タイプだと考えてください。

ニッチ商品を扱うショップの例

こんにちは、著者の川村トモエです。

マンガで納得! インターネット販売 売れるネットショップ開業・運営』は、ネットショップ運営に役立つ、52のコツが全て読みやすいマンガになっている書籍です。

キャッチコピーのコツや、運営で困った時のためのコツ、扱う商材別の成長パターンなどや、役立つコラムまで、今すぐ無料で立ち読みができますよ。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム