よろしければこちらもご覧ください
この記事は「マンガで納得! インターネット販売 売れるネットショップ開業・運営」の一部を、特別に公開しているものです。

登場キャラクター

ぞうむらさん

ぞうむらさん ネットショップタイプ別診断が得意な占い師。

さるわたり君

さるわたり君 レトルト食品専門の通販サイトを運営している。

さるわたり君「私はレトルト食品専門のネットショップを経営しています商品は有名な食品メーカーから地域限定でしか売られていないものまでさまざまです」
ぞうむらさん「それならお主はビッグイエローじゃな。検索経由での来店が多く売り上げが安定しやすい」
さるわたり君「私が成功する秘訣は何でしょうか?」
ぞうむらさん「ビッグイエローはこうするとよい。ちと長いがどれも大切なことばかりじゃ」
・ロジカルブルータイプの重要施策である「商品登録数アップ」「検索対策」「回遊性向上」は必須
・パッションレッドタイプで重視される「縦長商品ページ」「リピートの仕掛け」「店舗紹介」などすべて取り組む必要あり
ぞうむらさん「商品に幅があるため「選び方を教える」接客もできる。ネットショップとしては最も売り上げを伸ばしやすい。つまり仕事が多く、売り上げも多いタイプということじゃな」
さるわたり君「わかりました。……ところで先生、ネットショップ戦隊カレーを作ったら売れると思うんですがどうでしょう?」
ぞうむらさん「……ブルーはどうするんじゃ?」

売れやすく、やるべき仕事も多い

「総合タイプ」のネットショップは、「商品数は多いけれどオリジナルブランドを扱う店」「オリジナルブランドと有名ブランドが混在する品揃えの店」の2つのパターンがあります。

これらは、4タイプの中でも最も売り上げを伸ばしやすいタイプです。なぜなら、取り扱い商品数が多いため、検索エンジン経由で店に訪れるお客さんが多く、安定して一定の売り上げベースがあり、しかも、利益率の高いオリジナルブランド商品もあるので、広告を使った集客も可能です。さらに、お客さんに提案できる商品に幅があるため、ニッチタイプの店舗のような「選び方を教える」接客もできます。つまり、ほかの3タイプの販促施策すべてを使えるので、いいとこ取りの、「おいしい」タイプと言えます。

さまざまな集客経路を持ちつつ、型番タイプほど価格競争に巻き込まれないので、それなりに広告投資も可能。実は、楽天市場で月商1億円を越えるような店は、この総合タイプがとても多いのです。

しかし、いくら伸びやすいといっても、ノウハウを知らなければ、その長所も生かせないもの。売り上げを伸ばしやすい半面、やるべき施策もたくさんあります。売れるようになるためには、型番タイプの重要施策である「商品登録数アップ」「検索対策」(SEO)「回遊性向上」に加え、オリジナル商品タイプで重視される「縦長商品ページ」「リピートの仕掛け」「店舗紹介」など、すべてに取り組むべきです。競合店舗も比較的多いので、先を見ながら手を打っていきましょう。

ぞうむらさん「商品に幅があるため「選び方を教える」接客もできる。ネットショップとしては最も売り上げを伸ばしやすいつまり仕事が多く、売り上げも多いタイプということじゃな」
総合タイプはさまざまな施策を行える。仕事も多いが、覚悟して取り組もう。

後天的に総合タイプになるケースもある

もともとほかのタイプでも、品揃えを強化していくうちに、後天的にこの総合タイプに移行するケースも多くあります。

例えば「型番商品や有名ブランド商品中心の店舗が、オリジナルブランド商品や無名商品の扱いを強化した場合」と「オリジナルブランド商品中心の店が商品数を増やした場合」などは、後天的な総合タイプと言えます。

有名ブランドタイプの総合化

型番商品や有名ブランド商品中心の店は、価格競争の苦労を緩和し、利益率を高めるためにも、積極的に「総合タイプを目指す」ことを視野に入れてみることをおすすめします。例としては、家電店舗が「利益率の高い雑貨」の品揃えを増やしたり、海外ブランドファッション店舗が「利益率の高い無名ブランド商品」を積極的に販売したりする、といったイメージです。

品揃えを増やせない場合は、「あまり売れないが利益率の高い商品」に注力するのも1つの方法です。例えば映画やドラマのDVDを扱う店では売り上げの中心は人気作品ですが、お店の提案力を高めて、無名の作品や関連商材が多く売れるようになれば、利益率を高めることができます。

オリジナルブランドタイプの総合化

逆に、オリジナルタイプで、商品数を絞って運営していた食品や健康食品、化粧品などの店が、総合タイプへと変化して売り上げを伸ばすケースもあります。

例えば、大手通販会社のDHCは、かつてはクレンジングオイルを中心に基礎化粧品を販売していましたが、今では食品やアパレルも扱う総合タイプの店舗になっています。食品店舗が多くの農家と契約して、幅広い産直品を扱うようになるのもこのパターンです。

ただ、有名ブランドタイプと比べ、無理に総合タイプを目指す必要はありません。品揃えが少ないうちは商品の管理もしやすいですが、増やしていくにしたがって予想以上に在庫を抱えてしまったり、広告の費用対効果が読みづらくなったりするなどして、経営が悪化してしまう可能性もあります。

また、拡大することで、店の個性が薄まってしまう懸念もあります。総合タイプを目指す場合は、常に「店の独自性・専門性をどのように維持するか」という課題(コツ31)がついてくるものです。

ぞうむらさん「むやみな拡大で店の個性を失わないよう注意!」

総合タイプのショップの例

こんにちは、著者の川村トモエです。

マンガで納得! インターネット販売 売れるネットショップ開業・運営』は、ネットショップ運営に役立つ、52のコツが全て読みやすいマンガになっている書籍です。

キャッチコピーのコツや、運営で困った時のためのコツ、扱う商材別の成長パターンなどや、役立つコラムまで、今すぐ無料で立ち読みができますよ。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム