現在地

【関連記事】アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】
◆【関連記事】2016年の最新売上のニュースはこちら(「アマゾン日本事業の売上高は約1.1兆円で17%増(円ベース)、ドルベースでは3割増」)

先日、2015年の業績を発表した米Amazon。日本では「Amazonプライム」会員向けのサービスを積極的に拡充させるなど、消費者からの注目を集めている。そんな米Amazonが米証券取引委員会に提出した年次報告書から、2015年のAmazonの業績や日本事業の推移などをまとめてみた。

セラー手数料の売上は全体の約2割

Amazonの2015年の連結総売上高は前期比20.2%増の1070億600万ドル。

内訳は、

  • Amazonの仕入れ商品による売り上げは792億6800万ドル
  • 出品者のセラー手数料、AWS(Amazon Web Service)の販売、デジタルコンテンツ購読、広告サービスなど、ネット・サービス売上高が277億3800万ドル

なお、「Amazonプライム」の会員費は製品の販売やサービスの販売に配分されて計上されている。

ネット・サービス売上高のうち78億8000万ドルがAWSによる売上高のため、残りの198億5800万ドルの大半がセラー手数料と考えられる。全売上高の約18%がセラー手数料からの収入といえそうだ。

2015年のAmazonの売上高内訳

アマゾンの全売り上げ高の内訳

地域別では北米が売上トップ

地域別では、北米の売上高が637億800万ドル(AWS売り上げ含まない)で総売上高の59.5%を占める。北米の売上高は前期比25.3%増で大きく伸びているのに対し、それ以外の地域(国際)の売上高は前期比5.7%増。全売上高に占める北米の割合が高まっている。

2015年のAmazon国別売上高(AWS含む)

2015年のAmazon国別売上高(AWS含む)

北米の営業利益は27億5100万ドルで、それ以外の地域(国際)は9100万ドルの営業損失(2014年も1億4400万ドルの損失)。

「Amazonプライム」のサービス拡充を進めている日本事業などを見ると、Amazonの北米以外の地域は現在、投資フェーズの段階であると考えられる。

日本事業の売り上げ順調に成長を維持

日本事業に焦点を当ててみる。2015年の売上高は前期比4.4%増の82億6400万ドル。2015年の年間平均為替レート(120円)で換算では、前期比19.4%増の9916億8000万円と順調に拡大している。

ドルベースでは、全売上高に占める日本事業の割合は7.7%で前年比1.2ポイントのマイナス。日本事業が占める割合は徐々に減少傾向にある状況が続いている。

Amazon日本事業の売上高推移(ドルベース)

Amazon日本事業の売上高推移(ドルベース)

年間平均為替レートで換算した日本事業の売上高を見てみると、過去6年間はほぼ同じ成長率を維持。順調に事業を拡大していることがわかる。

Amazon日本事業の売上高推移(年間平均為替レート換算)

Amazon日本事業の売上高推移(年間平均為替レート換算)

平均為替レートは、2010年 87円、2011年 79円、2012年 79円、2013年 97円、2014年 105円、2015年 120円で換算
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 
タグ: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社