ナビプラスが12月15日、国内EC売上トップ100サイトにおける「サイト内検索」導入調査レポートを発表した。

調査概要は下記のとおり。

調査対象:2016年夏通販EC売上上位100サイト(※)のPCサイト/スマートフォンサイト
※参照:『日本ネット経済新聞』2016年6月11日

調査期間:2016年9月1日〜10月31日

調査手法:各サイトのサイト内検索を利用し、目的の商品に到達するまでの過程を以下6つの指標でスコア化して評価(最高スコア 100)

  1. 検索精度
  2. スピード
  3. 検索結果の絞り込み
  4. 検索結果の表示
  5. 検索ボックスの補助機能
  6. UI

調査の結果、サイト内検索はPCサイト、スマートフォンサイト共に95%以上のサイトに導入されていることがわかった。

EC売上TOP100サイトのサイト内検索導入状況
EC売上TOP100サイトのサイト内検索導入状況
Copyrightt (c) 2016 NaviPlus Co., Ltd. All rights reserved.

同社の6つの指標による総合平均スコアは、 PCサイトが61.4点、スマートフォンサイトが53.4点となった。

EC売上TOP100サイトの総合平均スコア
EC売上TOP100サイトの総合平均スコア
Copyrightt (c) 2016 NaviPlus Co., Ltd. All rights reserved.

売上トップ10サイトの平均スコアは、 売上11位から100位のサイトの平均スコアに比べ、PCサイト、スマートフォンサイトともに高いスコアとなった。

売上上位10サイトと売上11-100位のサイトの比較
売上上位10サイトと売上11-100位のサイトの比較
Copyright (c) 2016 NaviPlus Co., Ltd. All rights reserved.

サイト内検索はEC売上上位のほとんどのサイトで導入されており、中でも売上トップ10サイトでは、その他のサイトに比べて充実した機能が用意されており、売上との相関性がうかがえる。

サイト内検索を含めた継続的なユーザビリティの改善は、ECサイトにおいて商品やサービスの購入・申し込みの底上げに不可欠な施策であり、今後もサイト運営者にとって注力すべき領域と同社は考える。

ナビプラスでは12月22日までEC・コンテンツサイト運営者向けの無料診断キャンペーンも実施中。今回の調査と同じ6つの指標で、EC・コンテンツサイトを診断する。外部視点による診断や業界平均との比較により、客観的に自社サイトの課題を確認できる。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
内山美枝子

内山 美枝子

ネットショップ担当者フォーラム編集部

雑誌、書籍、各種PR冊子など、紙媒体の編集・制作を経て、2014年「ネットショップ担当者フォーラム」の立ち上げに参加。図や表を作るのが得意です。難しい話をわかりやすく、面白い話はさらに面白くお伝えしたいと思っています。静岡県浜松市出身の猫好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]