イオンは4月11日、米国でECビジネスを手がけるBoxedへの出資、構造改革の一環として「デジタル事業担当」を新設すると発表した。中期経営方針で掲げたデジタルシフトの加速を進める。

Boxedが持つ物流自動化システムや人工知能(AI)のノウハウを獲得するのが狙い。

Boxedは2013年に設立した米国のスタートアップ企業。イオンによると、Boxedは自動化された物流システムのノウハウを持つほか、AIを活用したアルゴリズムによる顧客提案を行えるとしている。

イオンは出資のメリットとして次の2点をあげている。

  1. 物流におけるパートナーシップ:Boxedの物流幹部を招聘し、イオン独自の専任チームを組成することで、物流ノウハウを習得
  2. データプラットフォームにおけるパートナーシップ:オンラインビジネスにおけるデータ管理・活用、AI技術のノウハウを習得
イオンによる米国ベンチャー企業(BOXED)への出資
米国ベンチャー企業(BOXED)への出資(画像はイオンの決算説明会資料からキャプチャ)

デジタルシフトの一環として「デジタル事業担当」を4月11日付で新設。その執行役にイオンドットコム社長の齊藤岳彦氏が就いた。

齊藤氏はイオンのEコマース事業最高経営責任者補佐、イオンダイレクト(当時、現在はイオンドットコム)社長、イオンリテールのオムニチャネル推進本部長、取締役執行役員 営業推進本部長などを歴任。現在はイオンドットコム社長も務める。

イオンは2017年12月、2020年に向けた中期経営方針を発表し、グループ戦略の1つにデジタルシフトの加速を掲げた。これまでの店舗を中心とした投資から、ITやデジタル、物流への「投資のシフト」を打ち出している。

グループのデジタル事業を強化するため、ECのマーケットプレイス運営に参入する計画もある。中小事業者や生産者、テナント、グループ会社の出品・出店を見込んでいるという。

イオンは中期経営方針でマーケットプレイスへの進出を公表
中小事業者などの出店を見込む(画像はイオンの公表資料からキャプチャ)

グループ売上高に占めるデジタル売上高は2016年時点で0.7%。この比率を2020年に12%まで引き上げる計画だ。2017年2月期の連結売上高は約8兆2100億円だったため、単純計算でデジタル売上高は約570億円。

イオンは中期経営方針でデジタル戦略を推進しEC売上を伸ばしていくと公表
デジタル戦略を推進しEC売上を伸ばしていく(画像はイオンの公表資料からキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム