現在地

住友商事

住友商事子会社の爽快ドラッグが中国ECに参入、アリババグループの「天猫国際」に出店へ

住友商事の子会社で、日用品などのECを手がける爽快ドラッグは3月末までに、中国ECに参入する。約500品目から販売を始め、2年以内に約2000品目まで拡大させる。

通販新聞ダイジェスト

売上高500億円に対応する物流センターを新設、爽快ドラッグが規模拡大策の積極化進める

爽快ドラッグは今下期(14年10~15年3月)、売り上げの拡大策を積極化。仮想モールで展開する特定カテゴリーに特化した専門店の運営を強化するほか、11月初め頃をメドにポンパレモールに出店。今年4月に買収したベビー関連商品ネット販売のあかちゃんハウス一二三との連携の深耕などにも取り組む。

アジアと国内のEC事業売上高1000億円目指し、住友商事がマレーシアでECを本格展開

住友商事は2020年に海外・国内のEC売上高1000億円を目指し、アジアと国内で攻勢をかけている。2014年4月に仮オープンしていたマレーシアで展開するECサイトを9月29日に本格オープンし、日用品や食料品などの販売を始めた。中国、インドネシア、マレーシアでは100%出資会社がEC事業を展開、ベトナムではEC事業を手掛ける企業に出資するなど、アジア地域でのEC事業の拡大を進めている。

事業規模1000億円目指したサミットのネットスーパー事業が終了へ、住友商事が発表

住友商事は9月1日、子会社が運営するネットスーパー事業「サミットネット―パー」を終了すると発表した。サービス終了日は2014年10月31日。新規会員登録は8月31日で受付終了しており、サービス開始から約5年で撤退することになる。

住商、アパレルウェブのシンガポール子会社に出資、アセアン向けファッションECモールの運営へ

住友商事は6月26日、アパレル企業向けマーケティング支援のアパレルウェブのシンガポール子会社に出資、近く現地向けECサイトを立ち上げる。今秋には日本企業が出店できるモールに育成、アセアン向けにファッションを販売する。

住商子会社、爽快ドラッグの14年3月期売上高は29%増の約200億円に

住友商事への取材で、日用品のECを手掛ける子会社、爽快ドラッグの14年3月期における売上高が、前期比約29%増の約200億円だったことが明らかになった。住商の資本参加以降、25~30%の成長率で拡大。住商はEC事業の売上高を将来的に1000億円規模まで高める計画。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!