現在地

今回探検してきたのは「Original Stitch」(オリジナル・スティッチ)さんの裏側。Webサイトで自分好みの生地やデザインをポチポチっと選択してサイズを入力すると、自分にぴったりのワイシャツが届くというサービスです。お値段は約7,000円から。しかもジャパンクオリティ。これは気になる! ということで、長野県千曲(ちくま)市に行ってきました。 写真◎吉田 浩章

ピッタリサイズのワイシャツを、好きな生地とデザインで作れるサービス

「Original Stitch」は2013年12月に米国シリコンバレーで誕生したサービスで、日本には去年4月に上陸しました。世界でおよそ4,000人がすでにサービスを利用しています。利用者の60%は米国、30%が日本、10%が英国。ワールドワイドなサービスなのです。

届いたワイシャツ
基本的には紳士用のワイシャツですが、サイズは小さくできるので私も作ってみました。選んだデザインがクリックひとつで画面に反映されていくので、楽しくて楽しくて何パターンも作りたくなっちゃいました! 
ストライプと水玉で作りました
胸元のポケットには私の活動屋号「mavirosa」の刺繍まで入れてもらって、自分だけのオリジナルブランドを作ったような気分に♡ 肩幅から袖丈まで採寸してオーダーしたので、着てみるとぴったり! ポイントは袖口をカフスボタンにしたところ。カフスって男性しか付けていないけれど、女子が付けても可愛いのに~とずっと思ってたんですよね。これを機に、カフス女子を広めたい( ´ ▽ ` )ノ!

長野県千曲市のワイシャツ工場に潜入!

そんな「Original Stitch」のワイシャツ製造を引き受けているのが長野県千曲市にあるフレックスジャパンさん。創業70年を超える老舗メーカーです。フレックスジャパンさんは中国、インドネシア、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムに生産拠点を持っています。年間でおよそ1,000万枚のワイシャツを作っていますが、そのほとんどが海外工場の生産。国内工場は、「1枚ずつ、どんなワイシャツでも縫える」という特徴を生かし、オーダー品の製造を行っているほか、最新の縫製技術を蓄積して海外工場に伝えるという役割を担っています。

海外工場のクオリティを常に日本と同等に保つために、ここで腕を磨いた職人さんが常時、海外工場で技術指導を行っているそうです。「とはいえ、やっぱり国産よりは質が劣るのかな?」と思いきや、今ではコストの関係で日本では実現できないほどのクオリティになっているそうです。

工場全景
ここからたくさんのワイシャツが生まれます。布とミシンでいっぱい!
ラジオ体操
突然始まったラジオ体操。しばし体を伸ばします。
CAD
ラジオ体操の後はお仕事再開。布を無駄なく裁断するために、型紙をどう置いたら良いか、画面上で決めていく工程です。
生地の棚
大きなロール状の布が積まれています。まだまだこれはほんの一部。
自動裁断機1
この布をこの大きな機械にセットします。何が起こるかというと……。
自動裁断機2
機械が型紙通りに布を裁断してくれるのです!
自動裁断機3
みるみるうちに布がカットされていきます。
パーツの仕分け
裁断後、袖、衿、身ごろなどのパーツごとに仕分けられます。
ミシン場
ここから先はミシンの出番です。手前の島でパーツを作り、奥の島でそれぞれのパーツを合体する作業が行われます。
ミシン作業
ちょっと怖いくらいのスピードでミシンをかけていきます。でも、縫い目はきれい! さすがの職人技。
ミシン糸
ミシン糸もこんなにたくさん。生地の色が変われば糸の色も変えなければならないので大変です。
ボタンホールを付ける機械
ボタンホールを作る機械。ほとんどの作業はミシンの手作業で行われていますが、ここだけは機械化されているそうです。
襟のパーツ
でき上がったパーツが積まれていました。これは衿。首に当たる衿台の部分が違う柄になっていておしゃれです。
カフス
色とりどりのカフスも、きれいに仕上げられてスタンバイしています。
袖とカフスの縫い合わせ
すべてのパーツを1つに縫い合わせ、ワイシャツの形にしていきます。
ボタン
ボタンにもたくさんの種類が。ボタンを付ける糸も指定ができるので、例えば黒いボタンを赤い糸で付けるなんてオーダーも可能。
ほぼ完成
ボタンをつけ終わって、ほぼ完成したワイシャツです。まだ仕上げのアイロンをかける前ですが、大量生産の工場のようにギューギューに積まれてシワになることがないので、とってもきれいです。
検品
検品コーナーです。仕上がりのチェックだけでなく、細かく製品を採寸し、注文通りのサイズにでき上がっているかも確認します。
アイロン
最後にビシッとアイロンをかけ、きれいに箱に入れたら完成です!
フレックスジャパン生産本部 本社工場責任者の小山 幹人氏
「良いシャツはきちんと柄合わせがされているんです」と、この日案内してくださったフレックスジャパン 生産本部 本社工場責任者の小山 幹人さん。
カフスの柄合わせ
左右のカフスも、柄の出方がピッタリ合っています。

今回念願だった縫製工場を見学させていただいて、一枚のシャツを仕上げるのにどれだけの想いが込められて、どれだけの人が関わって作られているのかというのを目の当たりにしました。

アパレル未経験だからこそ生まれた、手軽にオーダーシャツを作るサービス

JIN TAKAHITO KOH氏と徳武初男氏
Original StitchのファウンダーでCEOのJIN TAKAHITO KOHさん(左)と、フレックスジャパン株式会社 取締役の徳武 初男さん(右)。JINさんは起業家。ビジョンを人に説明して賛同してもらい、実現するのが得意だそうです。

JINさんはなぜOriginal Stitchのワイシャツ製造をフレックスジャパンさんに頼んだのでしょうか?

ネットビジネスは伸びるときは突然すごい勢いで伸びる可能性があります。その規模の拡大に対応できるパートナーを探していました。また、日本国内だけでなく、アジアに向けてのネットワークも重要。そして、インターネット上のビジネスなので、システムを介してこちらと工場がつながらなければなりません。だからITリテラシーの高い工場というのも条件の1つでした。フレックスジャパンさんは、ご自身もオンラインのショップを持っていているので、ベースがすでにあるのが魅力的でした」(JINさん)

JINさんからの依頼を受けたフレックスジャパンさんはどんな感想でしたか?

「弊社は『シャツ屋』として既製服のビジネスを中心に長年やっていますが、『オーダーシャツを作る人なんてそんなにいない』という固定観念がありました。『お店で既製品を買うのが普通じゃないの? 値段も安いし』と。ところがJINさんは『ネットから自分でデザインして、自分のサイズにでき上がったものが自宅に届くことが主流になるはずだ』っておっしゃったんです。『徳武さん、もっとハイレベルな高い位置でものを見ましょうよ』なんて言われちゃって。アパレル経験のないJINさんみたいな人が、本気でそう思ってオンラインビジネスに入ってきたのにはびっくりしましたね(笑)。『男はおしゃれするもんじゃない』なんて言われて育った世代には、そういう発想はありませんから」(徳武さん)

フレックスジャパンエントランスにて
「海外の人は日本人と違って派手好きな人が多いから、衿の裏やカフスの裏を別布にして柄を変えたりして遊ぶんですよね。『もっと派手な生地はないの?』って言われます」と徳武さん。ワイシャツの好みにもお国柄が出るんですね。

「忙しいビジネスマンは、シャツを店頭に買いに出かける暇さえ惜しいんです。毎日着るシャツが自分だけのオリジナルの製品として自宅に届いたら、もっと時間の使い方が豊かになるじゃないですか」というJINさんの言葉には目からうろこ!

♡♡♡

身体が小さくて、自分にぴったりのサイズやデザインのお洋服になかなか出会えない私にとって、オーダーメイドというのはまさに理想の世界!

以前、着物の先生に「本当に良いものに袖を通す感触を知っておきなさい」と言われたことがありました。

買っては捨てるを繰り返して洋服を消費するのではなく、お気に入りの洋服を見つけて大切に着るという方が、ずっと豊かな人生をイメージできますよね。

第一印象は見た目で半分以上が決まると言われているように、ファッションは言葉以上に、その人自身を語るコミュニケーションツールなのかもしれません。

ぜひ自分だけのお気に入りのシャツを見つけて、ビジネスシーンや出会いの場などで、さらに好印象をGETしちゃってください♡

屋代高校前駅にて
フレックス・ジャパンの最寄り駅、屋代高校前駅にて。
この記事が役に立ったらシェア!
記事種別: 

はぴさや

2007年よりWeb媒体を中心としたメディア番組やCMでモデル、レポーターとして活動を始める。

2011年以降、地元福島で起きた震災をきっかけに“東北の今”を伝えるメッセンジャーとして、国内外で行われたイベントに多数参加。

現在はフリーランスとしてメディアへの原稿執筆や企画・デザインを行う他、地方創生を目的としたドローンの活用や魅力を発信している。

好きなものは、旅と茶道と美味しいごはん

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!