JR東日本は5月10日、首都圏の各駅に日本郵便とヤマト運輸の宅配ロッカーを設置していくと発表した。今後、1年間で100駅程度に広げる予定。

首都圏のJR各駅で宅配ロッカーが設置されれば、通販荷物を宅配ロッカーで受け取るユーザーが増えると予想される。今後EC事業者は宅配ロッカーへの配送を見据えた梱包作りが重要になってきそうだ。

2016年6月から池袋駅、川口駅、鶴見駅、幕張駅、東所沢駅など首都圏の11駅に設置。今後1年間で山手線、京浜東北線、東海道線、中央線、埼京線、総武線など100駅程度にまで広げる。

JRに設置する宅配ロッカーは、当面は再配達の荷物を中心に取り扱う予定。消費者がヤマト運輸と日本郵便に再配達を依頼する際、駅のロッカーを指定できるようにする。将来的にECサイトで購入する際、配達先を駅の宅配ロッカーを選べるようにする。

ヤマト運輸のロッカーは佐川急便など他社の宅配便の荷物も受け入れる予定。一方、日本郵便のロッカーではイオンのネットスーパーなど専用便の商品の受け取りに対応するとしている。

JR各駅に設置される宅配ロッカー
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]