現在地

ヤマト運輸

単発記事

ヤマト運輸の配送データAPIは使ってますか? 荷物の「配送」「受取」でECサイトの顧客満足やCXを向上する方法

ヤマト運輸が、荷物を「送る」「受け取る」をより簡単にするためにEC事業者やベンダー企業に利用を呼び掛けているAPIについて取材した。

システム面から再配達削減を――ヤマト運輸の「EC自宅外受け取り」をEC-CUBEやカラーミーが採用

「カラーミーショップ」と「EC CUBE」が、ECで注文した商品の受け取り場所をヤマト運輸の営業所やコンビニなどに指定できる「EC自宅外受け取り」を採用した。

通販新聞ダイジェスト

配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ

ヤマトホールディングスが発表した中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」の中身は? ネット通販事業者は押さえておきたい「法人顧客プライシングシステム」などを解説。

ヤマトHDがあの競合他社とタッグを組む? 三大都市圏の幹線輸送でシェア運行を検討へ

ヤマトホールディングスは関東と中部の2拠点を結ぶ関西の物流拠点「関西ゲートウェイ」の稼働を受け、三大都市圏の幹線輸送において同業他社との共同運行の導入を進めていく方針を明らかにしました。

スタートトゥデイとヤマト運輸が連携、購入時に宅配ロッカーを選択可能に

スタートトゥデイは8月23日、ファッション専門モール「ZOZOTOWN」の商品の受取場所として、ヤマト運輸グループが運営しているオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」を指定できるようにした。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸の大口向け運賃は15%超の値上げを想定。配送に関する改革の進捗状況は?

ヤマトホールディングとヤマト運輸は6月8日、「働き方改革」と「デリバリー事業構造改革」の進捗状況などを説明しました。その内容は?

通販新聞ダイジェスト

なぜヤマト運輸は荷受量の抑制を検討するのか? 理由は「人手不足」「労働環境の悪化」

ヤマト運輸は、同社の労働組合が宅急便の荷受量の抑制などにより労働環境の改善を求めていることなどに対する対応の検討を始めました。

通販の歴史

たった11個の荷物から始まった「宅急便」。テレビ通販も誕生した1970年代

近年の通販業界を代表する企業が次々と創業した70年代。民放各局がテレビショッピングを開始したほか、ヤマト運輸が宅急便を開始するなど、通販の媒体やインフラの多様化が進んだ。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸と佐川、日本郵便がタッグを組む? オープン型宅配ロッカーがついに始動

ヤマトグループがオープン型宅配ロッカー事業に進出。自社だけなく他の宅配便事業者も利用できるオープン型を展開し、開かれたインフラとしての利用を想定している。佐川急便や日本郵便、西濃運輸などへ利用を呼びかけていき、2022年までに5000か所へのロッカー設置をめざしていきます。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸社長が語る、「クロネコメール便」廃止の真相と「宅急便」新サービスの中身

「クロネコメール便」廃止の経緯や通販事業者の反応、新サービスなどのメリットについて、ヤマト運輸の山内雅喜社長が語った。

元ドライバーが明かす宅配業界裏事情 配送トラブルを無くすために知っておきたい豆知識

廃止になる「クロネコメール便」の代替策はあるのか? 通販・EC事業者がとるべき対応策とは

ヤマト運輸は3月31日受付分をもって、クロネコメール便を廃止すると発表。「クロネコメール便」を使っていた通販・EC事業者は今後、どうすればいいのでしょうか? 現在公開されている情報をもとに、代替案を考察してみます。

自動運転の配送めざす「ロボネコヤマト」プロジェクト、ヤマト運輸とDeNAが開始

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は4月17日、自動運転技術を活用したオンデマンド配送サービスや、複数の地元商店の商品をまとめて注文できる買い物代行サービスの実用実験を開始した。

日銀総裁がヤマト運輸の料金見直しに言及。コストに見合った対価を消費者は受け入れる?

「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、早期の実現に向けて金融政策を行っている日本銀行の黒田総裁が、一般論と前置きした上でヤマト運輸の料金見直しに言及。

ヤマト運輸、単価下落で「儲からない」。宅急便取扱数は過去最高ペースも喜べない理由

ヤマト運輸が3月6日に発表した2017年2月度の小口貨物取扱実績(宅急便・クロネコDM便)によると、2016年4月~2017年2月の宅急便取扱個数(累計)は17億1226万個(前年同期比8.0%増)となった。

ヤマト運輸がECサイト構築11社と連携、コンビニ受け取りの導入を簡単に

ヤマト運輸は10月31日、コンビニ受け取りサービスにおいてショッピングカート、システムベンダー11社と連携し、これらのシステムを利用しているECサイトに対して、簡単にコンビニ受け取りを導入できるようにすることを明らかにした。

自動運転を活用した次世代物流プロジェクト「ロボネコヤマト」始動、DeNAとヤマト運輸

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は7月20日、自動運転技術を活用した次世代物流の実用実験に向けた共同プロジェクト「ロボネコヤマト」の始動を発表した。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社