よろしければこちらもご覧ください

総合リユース事業「バイセル」などを展開するBuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)は6月1日、新事業として健康食品・化粧品などのカタログ通信販売サービス「美つむぎ」を始めた。

ラグジュアリー商材などを出張訪問査定によって買い取りし、消費者や事業者に販売する事業などを手がけるバイセルテクノロジーズの顧客の75%以上は、50代以上のシニア層。遺品整理、生前整理、自宅整理などによるサービス利用が多いという。

総合リユース事業「バイセル」などを展開するBuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)は6月1日、新事業として健康食品・化粧品などのカタログ通信販売サービス「美つむぎ」を始めた
バイセルテクノロジーズの顧客層(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

無店舗型のためテレビCMやラジオといったマスメディア、オンラインのクロスマーケティングでシニア層の獲得を進めてきた。

カタログ通販は多角的にサービスを広げる一環。既存顧客に向けて厳選した健康食品や化粧品をカタログ通販で販売。美容と健康に興味・関心の高いシニア層の需要を開拓する。

総合リユース事業「バイセル」などを展開するBuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)は6月1日、新事業として健康食品・化粧品などのカタログ通信販売サービス「美つむぎ」を始めた
カタログ通信販売「美つむぎ」

シニア向けのカタログ通販に関しては、出版事業などのハルメク(旧いきいき)が成功企業としてあげられる。シニア層向けに年間定期購読誌と通販カタログを提供。定期購読誌『ハルメク』は読者数30万人を突破(2020年3月期)。通販売上も伸長しているという。

ハルメクの親会社であるノーリツ鋼機はシニア向け通販を手がける全国通販も傘下に持つ。ハルメク、全国通販などのシニア・ライフセグメントの2020年3月期売上高は277億7000万円(前期比0.3%減)。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム