よろしければこちらもご覧ください

オフィス用品通販のアスクルは6月12日から、一般消費者向けECサイト「LOHACO(ロハコ)内で展開する医薬品専門店「ロハコドラッグ」で第1類医薬品の販売を始める。アスクルではこれまで順次、第3類医薬品、第2類医薬品の販売を手掛けてきた。6月12日の改正薬事法施行に合わせ、第1類医薬品の販売に踏み切る。

ロハコは2013年6月に第2類医薬品の販売をスタート。同年10月には第3類医薬品の販売を始めている。

6月12日に施行される医薬品のECに関するルールを盛り込んだ改正薬事法では、一般医薬品のネット販売が解禁される。第1類医薬品は従来通り薬剤師が販売する前提で、①年齢、他の医薬品の使用状況等について、薬剤師が確認する②適正に使用されると認められる場合を除き、薬剤師が情報提供する――といったルールが義務付けられている。

アスクルは第1類医薬品の販売について、購入前に持病や服用中の薬などの確認、薬の用法・容量、注意事項について薬剤師がメールで確認する仕組みを採用。適正使用確認後、商品を発送する。

受注時間は24時間無休だが、薬剤師が対応するのは10時から18時30分まで。問い合わせは電話、メール、チャット、FaceTimeで行う。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]