現在地

tweet11はてなブックマークに追加
この記事は『ネット通販は「物流」が決め手!』(ダイヤモンド社刊)の内容を、特別に公開しているものです。

創業期から育成期、成長期へ

ネット通販の成長において、一番重要なのは10億円の壁をどのように超えていくかである。

そこで、「創業期」から年商10億円までをもう少し細かく分け、その間の課題を整理してみよう。 「創業期」は個人商店も大企業のネット通販部門も、だいたいが手作業であり、仮想モールに出店したり自社サイトをオープンしたりして、初受注に感動するところから始まる。

スタッフはまだ少数で、社長や責任者一人ということも多い。限られた人数でマーチャンダイジングからプロモーション、受注処理、出荷、経理まですべてをこなさなければならない。

プロモーションの効果で売上が増え、年間5000万円から1億円程度になると「育成期」に入る。1日の受注は40〜80件となり、2〜3名のパートを雇い、受注処理と出荷業務に追われる。毎日、目の前の業務をこなすだけで精一杯で儲かっているのかどうか分からないが、売れていることだけは確かだ。

この段階でそろそろ、受注から出荷まで各種業務にルールが必要となる。受注システムの導入も考えるべき時期だ。

この「育成期」では経営の基礎固めが重要であり、さらに成長を続けることができるか、それとも頭打ちで衰退していくかの分かれ目となる。

年間売上が1億円から5億円くらいは「成長期」といえる。

受注対応や情報システム、物流など業務系を担当する正社員スタッフが必要となってくる。マルチドメインに取り組み始めるのもこのころだ。

また、各種業務を自社だけで処理することが難しくなり、物流のアウトソーシングを考え始めるタイミングである。

創業期 育成期 成長期 安定期 再飛躍期 衰退期
図表7 創業から年商10億円までの4段階

安定期の先には「10億円の壁」

年間売上が5億円から10億円程度になると、「安定期」といえる。月間受注数は1万件を超えるようになり、事業のスタイルやサイクルが固まってくる。

一方で、組織やプロモーションなどの見直しを検討する必要が出てくる。この段階になると、意外に売上を維持するのが難しくなり、少しでも気を抜くと売上が落ちるからだ。販促費を投入する必要が出てきて、売上の割に利益が伸びなくなる。ネット通販でよく聞く「10億円の壁」である。

個人商店から成長してきたショップの場合、仮想モールへの出店だけではプロモーションに限界があり、自社サイトの立ち上げや紙媒体・リアル店舗などクロスメディア化に取り組むようになる。また、社内では給与体系や目標設定・評価、人材教育制度、コンプライアンスなどの組織整備が必要となる。

こうしたショップの発展段階に応じた課題に適切に対応することが失敗を避け、着実に ステップアップしていく鍵を握っている。

	創業期	育成期	成長期	安定期売上規模(年商)	0〜5000万円	5000万〜1億円	1億〜5億円	5億〜10億円月商	0〜500万円	500万〜1000万円	1000万〜5000万円	5000万〜1億円1月の受注件数	0〜1000件	1000〜2000件	2000〜1万件	1万〜2万件1日の受注件数(オーダー単価5000円)	0〜40件	40〜80件	80〜400件	400〜800件キーワード	家内制手工業(だいたい手作業)	工場制手工業(従業員が不眠不休で頑張る!)	工場制機械工業(システムを導入、アウトソーシング導入)	会社組織化(次のステージへの飛躍を検討)出店状況	a.モール出店系b.自社サイト系	PR拡大で売上アップ	マルチドメイン開始	クロスメディア化検討イベント	ECサイトオープン!初めての注文に感動!	売上拡大で受注処理・出荷に追われる	システムを導入しても追い付かず、物流アウトソーシングに踏み切る	売上を維持するために販促費を投入、利益が出にくくなる従業員数(社長を除く)	社長1名	2〜3名(パート)	正社員3名	アウトソーシングで変動かかえる悩み・課題	★売上アップの方法は?★一人ですべての業務をこなすため忙しい(MD、PR、受注処理、出荷、経理事務など)	★パートを導入(分業開始)★ルールが必要(サービス面、受注〜出荷)★儲かっているか分からない★受注システム導入時期	★業務系の正社員が必要(受注対応、システム構築、物流コントロール)★物流アウトソーシングが必要	★モール出店の限界点(自社サイト立ち上げ、クロスメディアへの進化)★会社組織化(給与体系、目標設定・評価、人材教育制度、コンプライアンス)
図表8 ショップの発展段階に応じた課題

▼ 続きは本で!▼

100%確実に売上がアップする最強の仕組み

ネット通販は「物流」が決め手!

高山 隆司 著
ダイヤモンド社 刊
価格 1,620円+税

34年に渡って通販に携わり、200社以上の通販企業をサポートしてきた「物流のプロ」が、物流KPIでの経営改善、オムニチャネルまで、ノウハウを解き明かす。ネット通販経営者必読の書!

この本をAmazonで購入
この記事が役に立ったらシェア!
tweet11はてなブックマークに追加
記事カテゴリー: 
記事種別: 

高山 隆司

株式会社スクロール

高山 隆司(たかやま・りゅうじ)

株式会社スクロール360 取締役

1981年株式会社スクロール(旧社名株式会社ムトウ)に入社後、新規通販事業の立上げ、販売企画、INET戦略策定を経て、2008年に株式会社スクロール360の設立に参画。以来、多くの企業の通販事業の立上げ、EC戦略策定、物流立上げを経験。現在、スクロール360では300社のEC通販企業のサポートを行なっている。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル