現在地

tweet12はてなブックマークに追加

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、独自ドメインECサイトを利用する20代~60代の男女805人を対象に「ECサイト利用実態調査」を実施した。調査結果によると、ほとんどのユーザーが1度利用したECサイトを再度利用したいと考えている一方で、セキュリティに不安を持っていることがわかった。

ECサイトでの1回利用あたりの購入金額を見てみると、「1000円~3000円未満」で約3割と最多。一方、40代(36%)と60代(40%)は「3000円~5000円未満」となっている。過去の購入金額調査(記事参考)などと比べると、比較的低い金額のため、独自ドメインサイトでは「まとめ買い」などが少ない可能性がありそうだ。

購入する商品の1位は「食品」(54%)。2位は「書籍」(50%)、3位は「家電」(43%)、4位は「日用品」(40%)、5位は「趣味・嗜好品」(39%)の順となっている。

利用するECサイトを選ぶ際に重視する点では「商品のラインナップ」(56%)、「サイトの使い勝手の良さ」(54%)、「価格の安さ」(52%)、「セキュリティ対策」(51%)が半数を超えた。

一度利用したECサイトを複数回リピートするかどうか尋ねたところ、96%が「リピートする」と回答。リピートする理由は、1位が「信頼できるサイトだったから」(54%)としている。

ECサイトをリピート利用する理由として、半数以上の人がサイトへの信頼性をあげている。サイト選びにおける「信頼性」の重要度について尋ねたところ、ほぼ全員が「重要である」(98%)と回答。「信頼性」を何で判断するかを調べたところ、80%が「セキュリティ」と回答し、「運営会社」(64%)、「サービス名の認知」(37%)、「運営ポリシー」(17%)と続いた。ユーザーは企業やサービスの知名度よりも、「セキュリティ」によって「信頼性」を確認していると考えられそうだ。

ECサイトの利用にあたって不安に思うことでは、約半数の人が「不安がある」(48%)と回答した。どのような不安を感じているかは、約7割の人が「個人情報の漏えい」(74%)、「カード番号の漏えい」(69%)と回答。「商品が届かない」(46%)、「買ったものと違う商品が届く」(39%)といった順になっている。商品購入後の情報の取り扱いについて不安に思っていることがわかった。

GMO-PGは同結果から、直営ECサイトの顧客やリピーター獲得には、商品ラインナップの拡充やサイトの利便性向上のほか、セキュリティ対策の強化でユーザーの不安を除くことが必要だとまとめている。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet12はてなブックマークに追加
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル