現在地

今週の要チェックはモール関連です。ショップ名って後から変更できませんので、検索されることを考えておきましょう。梱包材などにも必要なので見た目のわかりやすさも大切です。忘れがちなのは声に出してみること。他社と聞き間違えいやすいのも避けましょうね。

※記事の難易度を、低い難易度低から高い難易度高まで、3段階で示しています。

EC全般

  • 2014年度の通販市場規模は6兆1500億円で伸び率は4.9%増。JADMA調査 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2058

    増収は16年連続で、直近10年の平均成長率は7.3%。ただ、2013年度は8.3%の成長率だったが、2014年度は4%台まで落ち込んでいる。伸び率はここ10年間で2番目に低い数値。

    市場自体は伸びているものの伸びは鈍化、といったところでしょうか。これ以上伸びると配送面がパンクしてしまうような気もしますので、こことのバランスを見ながらですね。

配送関連

  • ニッセン、「セブン-イレブン」店頭でECや通販カタログの商品受け取りを9月末に開始 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2053

  • LINE MALL、ヤマト運輸と連携した配送サービスを開始 | Shopping Tribe
    http://shopping-tribe.com/news/21609/

  • 楽天市場、ローソン店舗での「コンビニ受取り」サービスを開始 | Shopping Tribe
    https://netshop.impress.co.jp/node/2015

    EC全般の記事と関連しますが、各社とも再配送の手間を省こうと努力しています。コンビニ受け取りは、受け取る側にもメリットがあるのでどんどん普及していきそうです。

モール関連

  • かっこよさより売りにつながる名前を 三大モールで検索にも影響する賢い店舗名のつけかた | ECzine(イーシージン)
    http://eczine.jp/article/detail/2052

    売りにつながるネットショップ店舗名のつけかた

    • 読みの難しい漢字は使わない
    • 検索するうえで重要な屋号を明確にする
    • 覚えやすい店舗名にする
    • 英文字は避ける
    • 可能な限り店舗名の文字数は少なくする

    これからショップを立ち上げる人には必ず意識してほしいことです。一発で変換できなかったり既に似たようなショップ名があるのも避けましょう。思いついたらまずは検索を。他社と聞き間違えいやすいのも避けたいので声に出してみることも忘れずに。

リスティング広告関連

  • 初心者でも怖くない!リスティング広告のCPAが高騰してしまったときの基本的なフレームワーク | アナグラム株式会社
    http://anagrams.jp/blog/the-measure-way-when-cpa-deteriorated/

    数学的に感じる記事かも知れませんが、読んでみればものすごくシンプルな考え方です。複雑に考え過ぎるのではなく、目の前の事象を素直にとらえていきましょう。外部に委託している時もこの考えを共有していれば楽です。

  • キーワード管理がいらない動的検索広告 - AdWords ヘルプ
    https://support.google.com/adwords/answer/6274794

    この広告では、Google のオーガニック検索のインデックスを使用して広告主様のサイトをクロールし、ページごとに最も関連性の高い語句を見つけることで、効率的にユーザーにアプローチできます。

    商品点数が多くてしっかり説明文が書かれていたり、ブログ記事が充実している場合は試してみる価値があります。自分では思いつかないようなキーワードで売れていく可能性がありますよ。

アクセス解析関連

売上アップのヒント

  • バナー広告の指標と作り方は今のままでいいのか? デジタル広告の詐欺の実態とは? 本間充氏が語った | Web担当者Forum
    http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/08/24/20691

    ディスプレイ広告の作り方といった少し前の指南書には、「クリックができることがわかるように3Dにする」とか「ディスプレイ広告自体のメッセージ性を減らし、押させることに注視する」といったことを推奨してきた経緯がある。

    その結果、何が起こったかというと、「記事内でのディスプレイ広告は異物だ」とユーザーが学んでしまい、ディスプレイ広告のエリアを見ない、スルーする能力が発達してしまった。

    ショップ内のバナーにも同じことが言えますよね。見せたい押させたいという意識が強すぎるとスルーされるようになって、効果を出ないからさらに押させるように……という悪循環が最悪です。使う側に優しいショップ作りを。

ネット通販業界の最新情報は、こちらも要チェック!

Google マーチャントセンターの仕様変更は大丈夫?/キーワードから考えるSEO実践編 | ネットショップ担当者フォーラム2015年8月21日~8月27日の週間人気記事ランキング

人気記事ランキング
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!