オンライン決済サービス「SPIKE」などを提供するメタップスは10月7日、ECサイト内のユーザー行動を人工知能が学習し、購買率や継続率を最大化するマーケティングオートメーションサービス「SPIKEオートメーション」の提供を開始した。無料の決済サービス「SPIKE」の導入者などに提供し、事業化させていく考え。

「SPIKE」はこれまで10万サイト以上に決済を提供。サイトにおける購買を分析してきたノウハウを生かすことで、最適なタイミングでユーザーに販促策を実施する「SPIKEオートメーション」の提供を可能にした。

システムが行動パターンからユーザーをいくつかのグループに自動分類。最適なグループに適切なタイミングで割引クーポンなどを付与するといった販促を実施する。施策を繰り返しながら成果を検証し、精度を向上させていく。

どのようなクーポンを誰に提示するのかといった初期導入作業、運用開始後のPDCAサイクルを回す運用フローはメタップスが行う。ECサイト運営者は運用コストをかけずに成約率の改善が可能となる。

料金は月間PV数に応じた従量課金制。詳しくはメタップスに問い合わせてほしいとしている。

「SPIKEオートメーション」TOPページ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム