よろしければこちらもご覧ください
撮影現場

今回は、今更聞けないECにおける写真撮影の必要性と効果的な写真撮影のポイントをお伝えしましょう。

多くの事業者様で写真撮影が必要だとは思っていても意外と手間がかかることや、実際にどれくらい売上に貢献するものなのかが不明瞭なため、撮影そのものが後手に回り、力を入れるべき部分に力を入れられないといったお悩みが多く見受けられます。

しかし、実店舗と違い、十分な接客ができないECにおいては写真で伝えられる情報は多く非常に重要なものです。実際、大きな売り上げを上げているアパレル会社さんでは、専属のモデルをつけて一日中撮影を行っている事業者様もいるなど、非常に写真を重要視していることが分かります。この記事で、力を入れるべきポイントをしっかり把握して効率的に写真を撮影し、活用できるようにしておきましょう。

使用感をしっかりと伝えることが重要

まず、写真における基本的な考え方としては「あればある程良い」という考え方があります。その中でも重要視したいことが雑誌のようにかっこいい写真を撮ることではなく、「その商品の使用感をしっかりと伝えることができること」にあります。ではどのような写真を意識して撮影していけば使用感の伝わる写真になるのでしょうか。

特に注意したいのが商品の大きさや使い方が、一目で見て分かるものであることです。アパレルであればターゲットに近いモデルさんが実際に商品を着ている写真や、食品であれば調理済みでお皿に盛り付けられている写真、インテリアであればリビングにあって実際に利用している写真など商材とターゲットに合わせて使用感の伝わる写真を撮影する必要があります。その際によく見かける間違いとして、モデルに外国人を起用したり、インテリアを洋風に固めてイメージを良くしようとしてしまうパターンが散見されますが、それではユーザーにとって自分に合った商品であることがイメージし辛く、写真が果たすべき効果を得られない可能性がありますので注意が必要です。

pixta_13536338_s

消費者がどの部分を見たいかを考えて必要な写真を用意

また、WEBだと商品を手にとって見ることができないため、物撮りの写真は正面からの写真だけではなく裏側や角度のあるもの、組み立てが必要な商品なら組み立て途中の写真を撮ることも必要になります。例えばベッドが商材であれば足の部分にクローズアップした写真や、タンスなどであれば引き出しの留め金など、商品を購入する際にお客様がどんな部分に注目するのかを考えて必要な写真を網羅しておくことが転換率アップに繋がります。

仕入れ商品の場合、メーカーから提供される写真しか使わないということもよく見かけられますが、最近であれば1万円台の簡易なキットでもライトをしっかりと準備して背景を白にすることで十分良い写真を撮ることが可能です。

まだ十分に力を注げていなかったという事業者様は、是非今後業務フローに写真を撮影することを盛り込み、ユーザーにしっかりと訴求できるサイト作りを行っていきましょう。

「株式会社いつも.公式ブログ」掲載のオリジナル版はこちら:
ECのプロが教える写真撮影の必要性とポイント(2016/12/20)

筆者関連情報

経営者向けにネット通販の売上アップ、モール活用、楽天集客、EC事業拡大、海外最新事例、越境EC、オムニチャネル等のECセミナーを全国各地で開催中!

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

株式会社いつも.

Eコマースビジネス支援に特化し、成功に必要なコンサルティング、集客、構築・制作、販売、CRM、物流、カスタマー対応までを一社完結で提供。

現在、国内最大規模となる7700社以上の企業(2016年6月時点)とサポート実績があります。約4年前から米国Eコマースの成功事例や情報を研究する専門部署(EC未来研究所)を設け、情報収集と発信を実施。そこから日本流のスマートフォン、ソーシャル、O2O、フルフィルメント、CRMなどのコンサルティングも提供している。

記事カテゴリー: 
記事種別: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]