メール配信システム提供のエイジアは7月7日、メール配信システム「WEBCAS e-mail」のオプション機能として、住所から顧客属性を割り出し、顧客ごとに最適なメールを配信するサービス「ライフスタイルセグメントオプション」の提供を開始した。顧客の属性に合わせたメールを簡易に配信できるようにし、メールの開封率を高める。ターゲットとなる顧客だけにメールを配信することで、売り上げアップにつなげることができるという。

ランドスケイプのエリアマーケティング用統計データ「Geo-Scope」を活用し、顧客の住所情報から、ライフステージや収入、世帯属性などを割り出すことを可能にした。その情報を基に、55種類のエリア別顧客ライフスタイルタイプ、年収、世帯構成、年齢層、住環境など様々な切り口で、メール配信対象のターゲティングが行えるようになる。

具体的には、現状の優良顧客の住所情報から、自社の商品がどのような層にマッチするかを分析。休眠顧客の中から同じライフスタイル層にアプローチメールを配信することなどができる。新商品の高級商材をピンポイントで訴求する際、高収入というセグメントだけを抽出してメール配信するといったことも可能という。

「ライフスタイルセグメントオプション」の利用料金は、初期費用5万円、月額費用は3万円から。リスト数に応じて変動する。

エイジアでは、「ライフスタイルセグメントオプション」を活用した効果などを公表するセミナーを8月21日に開催する。セミナーの詳細は以下を参照。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム