よろしければこちらもご覧ください

日本ユニシスは2月5日から、ライブコマースサービスの提供を開始した。ライブコマースCMSパッケージを提供するSTARPSTARPから「Live kit」事業を譲受。「Live kit」のライブコマースサービス基盤を小売業やメーカーなど幅広い国内事業者へ提供し、5年間で300サイト以上への提供をめざす。

「Live kit」は、自社のECサイトやWebサイト内で運用することができるライブコマースCMSパッケージ。ライブ視聴から購入まで同一画面上で完結するため、視聴者の購買意欲を下げることなく購入につなげることができる。

日本ユニシスはライブコマースサービスの提供を開始。ライブコマースCMSパッケージを提供するSTARPSTARPから「Live kit」事業を譲受した
「Live kit」について

日本ユニシスは「Live kit」の活用シーンとして、次のようなことを想定している。

  • TV通販のような臨場感を自社ECサイトで実現し集客・売上拡大
  • EC・通販事業者や各メーカーにおけるライブ配信を活用した商品プロモーションや販売
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響下での動画レクチャー配信
  • 事業者/団体におけるプロモーション
  • 旅行/音楽/エンタメ系におけるコンテンツのライブ配信
  • 学校/会員組織/公共機関など非物販事業者におけるWEB マーケティング
  • C2Cのライブ配信プラットフォームやライブコマース特化型モールなど広範な活用の拡大

STARPは2017年、モバイル時代ならではの新感覚のショッピング体験ができるサービスとして「Live kit」の提供を開始。サービス提供から約3年6か月で、「Live kit」の事業拡大とサービス向上のため、ネットを中心とした接客・販促における事業を拡大していく日本ユニシスに事業譲渡することにしたという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル