顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIは、コロナ禍におけるネットショッピングの利用について意識調査を実施した。

コロナ禍でネットショッピングの利用が増えたか聞いたところ、全体では「増えた」が48%、「変わらない」が48%。年代別では20代と30代の48%が「増えた」とそれぞれ回答した。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 コロナ禍でのネットショッピング利用について
コロナ禍でのネットショッピング利用について

コロナ禍でネットショッピングが増えた理由は、「外に行くのは気が引けたため」が24%、「巣ごもりのため」が17%、「お店の営業時間が短くなったため」は6%。「外に行くのは気が引けたため」と「巣ごもりのため」と回答したのは30代が最も多く、それぞれ27%と22%だった。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 コロナ禍でネットショッピングの利用が増えた理由について
コロナ禍でネットショッピングの利用が増えた理由について

ネットショッピングで最も購入している商品は、「生活雑貨・日用品」が最も多く38%。「食品・飲料」が29%、「ファッション」が10%、「コスメ・スキンケア」が7%と続いた。前回調査と比べると「食品・飲料」の利用が増えている。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 ネットショッピングで最も購入している商品について
ネットショッピングで最も購入している商品について

食品をネットで購入する上で最も重視するポイントは、「安価であること」が最も多く44%。「産地直営であること」が17%、「早く届くこと」が11%。「安価であること」は各年代で最も重要視する理由となっている。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 ネットで食品を買う際に重視するポイント
ネットで食品を買う際に重視するポイント

ネットショッピングで食品を購入した際、何を購入したかを聞いた結果、「ドリンク(水や清涼飲料水など)」が52%で最多。「お米、雑穀」「スイーツ・スナック菓子」で各48%で続いた。他には「レトルト・総菜」(36%)、「ドリンク(アルコール)」(32%)、「麺類・パスタ」(31%)があがった。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 ネットショッピングで食品を購入した商品について
ネットショッピングで食品を購入した商品について

今後もネットショッピングを利用したいか聞いたところ、「とても思う」が65%、「思う」が30%で、95%が利用意向を示した。年代別では20代(72%)と30代(75%)が「とても思う」が70%を超えている。各年代も「とても思う」が過半数を超えた。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 今後のネットショッピング利用意向について
今後のネットショッピング利用意向について

今後、最もネットで購入したいものは何かを聞いた結果、「食品・飲料」が34%で最も多く、「生活雑貨・日用品」が32%、「ファッション」が10%、「家電」が8%、「コスメ・スキンケア」が7%。60代以上は「食品・飲料」のネット購入意向が46%となっており半数近くに達している。

顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIが実施したコロナ禍におけるネットショッピング利用の意識調査 今後、最もネットで購入したい商品について
今後、最もネットで購入したい商品について

調査概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:一般消費者
  • 回答者:「ファンくる」に登録している全国120万人のユーザー
  • 回答数:936人(男性=317/女性=619)
  • 調査時期:2021年12月15~20日
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]