よろしければこちらもご覧ください

Finatextホールディングスの子会社で、ビッグデータの解析・分析を行うナウキャストとジェーシービー(JCB)は4月1日、新型コロナウイルス感染拡大が続く「3月前半の国内業種別消費動向データ」を公開した。

それによると、マクロで見た「業種別消費指数」のうち「EC」は前年と比べて4.1%増で、2月後半に引き続きプラス成長だった。他の業種はすべて前年割れとなっている。

Finatextホールディングスの子会社で、ビッグデータの解析・分析を行うナウキャストとジェーシービー(JCB)は4月1日、新型コロナウイルス感染拡大が続く「3月前半の国内業種別消費動向データ」を公開
3月前半・概況<総合消費指数>

3月前半の「総合消費指数」では、「小売(財)」「サービス」ともに2月後半から大幅に悪化。「総合」は前年比7.7%減となり、2019年10月前半の増税後下げ幅(6.5%減)を超え、計測開始(2016年4月)以降、最大の下げ幅だった。

「小売(財)」が6.2%減となったほか、「サービス」も9.0%減で計測開始以降最大の下落だった。

ミクロで見た「業種別消費指数」は、「スーパー」が14.0%増で上昇を維持したものの、「百貨店」は9.1%減と大幅に下落。「居酒屋」(11.4%減)を中心として、「外食」は10.5%減となるなど大幅に悪化した。

「航空旅客」(14.0%減)、「鉄道旅客」(-11.4)」などの「交通」は13.4%減。「ビジネスホテル」(11.5%減)など「宿泊」(12.9%減)、「旅行」(12.5%減)は2桁の下げ幅となった。「映画館」(20.8%減)、「遊園地」(53.1%減)」など、「娯楽」も6.4%減と大幅に悪化している。

クレジットカード会員の決済や属性データなどを活用し統計化した「JCB消費NOW」の3月前半では、「交通」「宿泊」「旅行」などの業種が大幅な落ち込みに。これらの業種は、3月前半に「キャンセル」が急増している。

Finatextホールディングスの子会社で、ビッグデータの解析・分析を行うナウキャストとジェーシービー(JCB)が公表した、新型コロナウイルス感染拡大が続く「3月前半の国内業種別消費動向データ」
3月前半に「キャンセル」が急増している

消費金額対比のキャンセル金額の比率の推移を見ると、「交通」「宿泊」「旅行」業種全体で3月前半のキャンセル比率の増加が見られ、旅行については、消費金額対比の95%がキャンセル金額となっている。新型コロナウイルスの発生を受けて、予定していた旅行をキャンセルする動きが広がったと考えられる。

「2月下旬の国内業種別消費動向データ」によると、マクロで見た「業種別消費指数」のうち、「EC」は前年の2月後半と比べて4.6%増、「医薬品・化粧品小売」は同6.4%増だった。「旅行」「娯楽」「宿泊」などは総じてマイナスだった。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム