元プロボクサー。戦績は5戦3勝(1KO)2敗。その後の暴飲暴食がたたり現在はその面影なし。 流通・通販・インターネット通販の専門新聞の編集記者を経て、EC支援の事業会社で新規事業の立ち上げ、マーケティングを担当。その後、インプレスに入社、ネットショップ担当者フォーラムの立ち上げに参画。デスク → 現在は編集長。趣味は飲酒、地域活性化活動。
ご意見、ご感想、タレコミなどはFacebookTwitterまで。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆したニュース記事

ユニクロとジーユーのECサイトに不正アクセス、リスト型攻撃で46万件強の顧客情報が閲覧された可能性

ファーストリテイリングは5月14日、運営するECサイト「ユニクロ公式オンラインストア」「ジーユー公式オンラインストア」において、顧客以外の第三

アドブレイブ、CRMツール「アクションリンク」とカート離脱防止ツール「カゴ落ちリマインダー」を提供

アドブレイブは5月9日、CRMツール「actionlink(アクションリンク)」と、カート離脱防止ツール「カゴ落ちリマインダー」の本格提供をスタートした。

この著者の執筆した記事

調査データまとめ

50代が最もネット通販にお金を使う、など2015年のEC利用実態[総務省調査まとめ]

「ネット通販を使う人は右肩上がりで増えている」「ネットショッピングにお金を最も使うのは50歳代」――総務省の家計消費実態把握調査から、2015年の国内ネットショッピング利用の状況をまとめてみました。

単発記事

公取委がプラットフォームと出店者の取引実態を再び調査する理由

ECなどのプラットフォームとそこに出店する企業の取引実態調査を調査する公正取引委員。約10年の期間を経て動き出した公取委の狙いは何でしょうか。過去の出来事などを振り返り、その“なぜ?”などについて探ってみます。

単発記事

ヤフーのポイント施策はいつまで続く? 宮坂社長らが語る「Yahoo!ショッピング」の今後

「Yahoo!ショッピング」出店者の大きな関心事は、「いつまでこのポイント施策が続くのか」「ポイント施策が終わったらこの成長は止まってしまうのではないか」という点。今後のポイント施策を探ってみました。

ネッ担ムック2015『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

“変化を創造すべし” ジャパネットたかたの高田明氏が語る「これからのネット通販」

一見順風満帆な事業成長を遂げているように見えるジャパネットたかたは、外部環境の変化が逆風となることもありました。浮き沈みも味わった当時を振り返るとともに、高田明氏に今後の通販・EC業界について言及してもらいました。

ネッ担ムック2015『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

ジャパネットたかた創業者の高田明氏が語る「モノ売りが大切にすべきこと」(前編)

消費を巡る激動の時代、モノが売れない時代でも、なぜジャパネットに消費者は引きつけられるのか。高田明氏が考えるモノ売りの神髄に迫る。

単発記事

ネット通販でもイオンvs.セブン 新ECサイト「イオンドットコム」で「オムニ7」を追撃

イオンはこのほど、グループ企業が運営する通販サイトを横断して利用できるECサイト「AEON.com(イオンドットコム)」を開設。1月12日現在でグループ企業が運営する29サイトが参加している。

単発記事

2016年にネット通販事業者が注目する施策は「オムニチャネル」「越境EC」など

Socket(ソケット)がEC事業者572人を対象に実施した「2016年注目しているキーワードについて」の調査によると、EC事業者が注目する2016年のキーワードは、「オムニチャネル」「CRM」「ウェブ接客」「越境EC」などがあがった。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

ネット広告規制は見送られた消費者契約法の改正案だけど…定期販売などのECは規制されるかも

通販、EC、ネット広告業界のビジネスに影響が出ると懸念された消費者契約法の見直し問題を巡り、法改正の議論を進めていた消費者委員会専門調査会が報告書をまとめました。その内容を解説。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

モールやネット広告などの規制が強化される特商法改正案…今回は見送りの方向へ

通販・ECサイトの運営に混乱を招く可能性が懸念された特定商取引法の見直し論議で、モールなどを含めた通販・ECの広告に関する規制などが見送られることになりそうです。特商法専門調査会が出した12月14日時点での報告書案の内容をまとめました。

単発記事

破綻寸前からロコンドはなぜV字回復できたのか? どん底からはい上がった信念の経営

靴などのECを手がけるロコンドは2015年10月度、月次ベースの収益が黒字転換。やっとスタートラインに立った状況ですが、ここにたどり着くには5期連続の大赤字、資金ショート、そして破綻寸前まで追い込まれるなど、多くの苦難を乗り越えてきました。

単発記事

ヤフー小澤氏らが語る「eコマース革命」2年間の評価とこれから

出店料や手数料などを無料にする「eコマース革命」から2年が過ぎ、「Yahoo!ショッピング」はどのように変わったのか。執行役員ショッピングカンパニー長の小澤隆生氏が語った「eコマース革命」の成果とは。

単発記事

チャージバックを未然に回避しよう。怪しい注文を見破る5つのポイント

増加傾向にあるカードの不正使用が増えると、ECサイトの運営に大きな影響を及ぼす可能性があります。「チャージバック」です。EC企業の経営を揺るがすことも有り得る「チャージバック」問題を解説。

単発記事

「安さ」よりも「利便性」を重視するイマドキの消費行動。1万人調査でわかったこと

イマドキの消費者はどんな基準で商品購入を決めているのか。野村総合研究所が1万人を対象に行った調査によると、「利便性消費(購入する際に安さよりも利便性を重視)」の割合が、2000年の37%から2015年には43%へと増加しています。

単発記事

検索データで見るハロウィンのEC対策。年代別や本番前によく探されるキーワードは?

楽天市場やアマゾンでも始まったハロウィン特集。2014年の検索キーワードの傾向を振り返ると、2015年のハロウィンシーズンの販促に役立ててみたい。

単発記事

ヤフーの中の人が語る、Yahoo!ショッピング店の売り上げを伸ばす3つのポイント

「店舗が増えたためアクセス数も売り上げも下がってしまった」といった声が増えた「Yahoo!ショッピング」。売り上げを伸ばすためにはどうしたらいいの? ヤフーの中の人が解説。

単発記事

手数料は3%。業界最安水準の決済サービス「PAY.JP」をBASEの鶴岡社長に聞いてみた

BASEが9月7日に本格リリースしたオンライン決済サービス「PAY.JP」。決済手数料3.0%からで、数行のスクリプトを埋め込みで導入できるといった環境を用意しています。「PAY.JP」について鶴岡社長にインタビュー。

ECサイト研究最前線

「成長しているショップ」には“売れる”喜びを知ったデザイナーがいる

パジャマのECサイト「パジャマ屋」では、デザイナー自身が作ったクリエイティブ経由で商品がどの程度売れたのかを把握しています。いわゆる商人魂を持ったデザイナーが活躍し、会社の成長に貢献しています。

ECサイト研究最前線

CVRは2.3%増、カゴ落ちを11%改善させたECサイト刷新のカギは「絞る」「捨てる」

互換・リサイクルインクなどの通販・ECを手がけるシー・コネクトが実施した自社ECサイト「インク革命.COM」の大リニューアル。刷新前後1か月の効果を測定したところ、TOPページのランディングから注文完了までのCVRが全体で1.37%向上した。その秘訣(ひけつ)とは。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム