不正検知システム提供のかっこは12月12日、「ECサイトにおける未回収取引検知レポート2014年上期版」を発行した。レポートよると、ECサイトの後払い決済で、未回収・未回収の疑いがある取引は金額ベースで全体の6.01%、件数ベースで6.51%にのぼることがわかった。

レポートは、同社が開発・提供するビックデータ解析による取引審査システム「O-PLUX」で審査したデータを使用。2014年1月から6か月間のECサイトにおける後払い決済代金の未回収について分析した。

未回収取引のうち、過去に支払い実績のあるユーザー(リピーター)による取引が占める割合は26.56%にのぼるという。リピーターでも多くの未回収取引が発生していることがわかる。

リピーターのうち、未払い・超過を起こしたことがないユーザーは92.81%で、未払いを起こしたことがあるユーザーは5.84%。90日以上超過して支払ったユーザーは1.58%という。このことから、一部のユーザーが繰り返し未回収を起こしているとしている。

未払いが最も起こりやすいパターンとして、特定地域のマンスリーマンションなどを受取先に指定し、「DIY工具・バッグ」を注文するケースを挙げている。

これらの商品は高価格帯であることに加え、2014年の取り込み詐欺集団によるターゲットアイテムだったためという。今後もターゲットとなるアイテムを変えながら、同じような注文が行われる可能性が高いとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム