%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%ba%83%e5%91%8a%e7%94%bb%e5%83%8f

最近よく聞くインフィード広告。始めてみた方も多いのではないでしょうか。良いって聞いて始めてみたけど効果が合わず、やめようか迷っている。競合はどうやっているのだろう。そんなお悩みにお答えするために、インフィード広告を成功に導く方法についてご説明します!

インフィード広告の成功のカギは、LP(ランディングページ)

改めて、インフィード広告とはなんでしょう。インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことを言います。コンテンツを見に来たユーザーに対して、コンテンツに馴染ませた広告を見せることができます。

SNSや、キュレーションアプリなどでよく見られ、2015年5月Yahoo!IJAPANのスマートフォンのトップページがリニューアルし、タイムライン型になり、インフィード広告の提供を開始し、一気に広まりました。

yahoo%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

インフィード広告は広告文・広告画像・LP(ランディングページ)の要素でできています。それぞれのポイントと重要度を挙げていきます。

・広告文 重要度:★★☆

コンテンツを見に来ているユーザーに見せる広告文は、やはりコンテンツに馴染ませたほうが良い場合が多いでしょう。いかにコンテンツを見に来たユーザーモチベーションを害さずに広告を見せるかを考える必要があります。

ただし、そうではない場合があります。例えば、リターゲティングの場合は購入意欲が高まっているユーザーなので、商品画像や商品名を明記してあげることは有効です。

ターゲットとなるユーザーのモチベーションによって適切な広告を見せることが必要となります。

・広告画像 重要度:★☆☆

通常のリターゲティング広告に利用している画像の応用は基本避け、コンテンツに馴染むテイストで、広告文を表現する画像を使用しましょう。

・LP(ランディングページ) 重要度:★★★

広告には「広告」であることが明記されていますが、コンテンツに馴染んているため、ユーザーは広告を見たくてクリックしているのではなく、コンテンツを読みたくてクリックしています。そのクリックした先が、広告色の強いLP(ランディングページ)だとどう思うでしょうか。

そこで、有効になるのが記事型LP(記事風LP)となります。広告色を減らすことで、「ユーザーを騙しているようだ」という声も聞きますが、きちんとユーザーの心理を理解し、有益な内容を記載することで、広告であってもユーザーは不愉快には思いません。

記事型LPの勝ちパターン4連発

LPが大事なのことも、記事型LPが有効なことも分かったが、どうやって作れば良いかわからない方へ。
勝ちパターンをお教えします。

①第三者が書いているようなタイトル

CMで見る商品よりも、友人が使って良かったという話を聞いたほうが、その商品が欲しくなることがあると思います。他己評価は非常に信頼性を持っており、第三者が褒めているような内容が記事型LPでも求められます。留意するポイントと、例を挙げてみました。

  1. 商品名は入れない
  2. 第三者が書いたような、やり方、使用方法
  3. 自分事化しやすいターゲット情報を明記

×  話題の ○○ゲル でリフトアップ !ハリ肌取り戻す
× 毎日飲むだけで健康維持!○○サプリのご紹介
○ 本当に50代?年齢を感じさせない人のスキンケアを紹介
○ 最近風邪をひきやすい?毎日5分の健康維持法

このように、気になってしまうタイトルで、しっかり記事を読んでもらい購入意欲を高めましょう。

②CTA (CallToAction) は最後に

記事の頭から、商品画像や商品購入導線があると広告色が一気に増します。なるべく有益な記事で、理解を促したうえで購入導線を見せることが大事となるので、なるべく中央より下にCTA(CallToAction)は用意しましょう。

%e8%a8%98%e4%ba%8blp%e5%8f%82%e8%80%83

また、記事を読ませてからCTAに誘導することで、商品理解や購入意欲が高まっているためCVRも高くなる傾向にあります。

購入検討期間の長い商材はより記事を読ませることでCVRが上がる可能性が高くなることも。

③別ドメインのメディアへの掲載記事を使う

①のタイトルの付け方でも記載したように、第三者っぽさが広告色を消してくれます。可能であれば、別ドメインのメディアにランディングさせましょう。

④レビュー記事を入れる

やはりここでも第三者感が大事になります。CTA(CallToAction)の前には記事の筆者が使ってみた感想などがあると、より効果に対して信頼度が増します。

その時に押さえておきたいポイント

  • テクスチャーなど、中身を見せる
  • 使用方法についても記載

この2点に留意したレビューの内容も入れてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この4つの勝ちパターンを試して、インフィード広告の改善を図ってみてください。弊社でも事例をためてきているので、次は成功事例をご紹介していきたいと思います。

勝ちパターンは各業種・各商品それぞれにあるものです。最初から勝ちパターンに巡り合えることはなかなかなく、大事なことはABテストをして、きちんとPDCAを回し続けることです。一緒にPDCAを回してくれるパートナー探しも大事ですね。

「ECコンサルコラムサイト「ECコンサル」」掲載のオリジナル版はこちら:
【完全保存版】インフィード広告を成功に導く記事型LPの勝ちパターン4連発(2016/09/14)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

アラタナ ECマーケティング支援サービス「ECコンサル」

2014年サービスローンチ。メンバー全員がGAIQ以上の資格保持者にて構成されているチームで、安心感のあるサービスを提供している。既存のECサイトは独自ドメインであればカートシステムを問わずサービス提供が可能で、新規ECサイトの構築から売上アップまで一貫してのご提案できる。

「ECサイト」を専門にサービスをご提供しており、検索順位やCPAに一喜一憂せず、結果=売上にこだわって戦略立案から施策検証まで行う。

「ECコンサルコラムサイト「ECコンサル」」掲載のオリジナル版はこちらから

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム