現在地

今週の要チェック記事は、楽天の出店料金体系変更に関するニュースです。メルマガが有料になるので、ユーザーとしては数が減って落ち着ける部分もあるかもしれませんが、ショップ側は考えて狙って出すようにしないといけません。
その一方で、受注データが自社システムと連携できるWEB APIが無料になっていますので、データ分析をしているショップはメリットが大きそうです。それ以外の変更点もしっかり頭に入れておきましょう。

※記事の難易度を、低い難易度:低から高い難易度:高まで、3段階で示しています。

楽天の出店料金変更関連

  • 「楽天市場」の出店料金体系が大幅変更へ、メルマガ配信の完全有料化やシステム料率など | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/602

  • 「単なる値上げではなく環境の変化に対応するため」~楽天市場料金体系変更の真相 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/611

  • 楽天市場の料金体系変更についての考え方 | ECマーケティング人財育成
    http://www.ecmj.co.jp/...

  • 楽天が手数料を変更【値上げ?】Yahooどうするの | Kick Switch
    http://kick-switch.com/ec/rakuten_neage/

  • 出店者の満足度が高い「プレミアムモール」へ~楽天 高橋理人常務執行役員インタビュー | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/533

    店舗ニーズが高い運営を効率化する各機能を無料化
①配送先データCSVダウンロード機能を無料化
②送り状ダウンロード機能を無料化
③出店店舗専用サーバースペース「楽天GOLD」を無料化
④受注データを自社システムと連携できるWEB APIを無料化
消費税分にかかる改定
⑤システム利用料の課金対象を税込みに変更
⑥楽天スーパーポイントの付与対象を税込みに変更
⑦楽天スーパーアフィリエイトの成果報酬に消費税を加算して請求
環境の変化に沿った料金体系に改定
⑧モバイル経由売上にかかるシステム利用料の料金体系を刷新
⑨メール配信プランを刷新
安心・安全な環境づくりのための料金を導入
⑩安心・安全なショッピングモール作りのためのシステム利用料を導入

    無料になる部分を見ると、売上規模の大きなお店はメリットがありそうですが、規模が小さなお店は全体的に厳しいように思います。モバイル対応や安全・安心の仕組みの強化などもあるので、楽天全体として伸びていこうという考えなのかもしれませんね。

    現場の反応は3本目。4本目の記事を参考に。また、関連記事として先々週のまとめにあった記事も5本目にピックアップしました。

モール関連

  • 出品者向けの検索連動型広告「Amazonスポンサープロダクト」を開始、アマゾン | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/608

    Amazonでは検索することがほとんどですので、この仕組みはとても効果的です。「アマゾンの大口出品サービスに登録している法人のみ利用可能で、掲載できる商品はアマゾン内で販売している商品に限定」とのこと。

  • アマゾンが近畿大学と連携協定、特設ページで教科書などを学生向けに安く販売 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/595

    上記のような動きをする一方で、こうした細かい取り組みもしているところがAmazonのスゴい(怖い?)ところです。

カート関連

  • 手数料無料の決済サービス「SPIKE」が「EC-CUBE」でのカード決済に対応開始 | @Press
    http://www.atpress.ne.jp/view/50924

    このタッグは強力ですね。オープンソースの扱いに慣れていればかなり費用が抑えられそうです。

SEO関連

  • 検索エンジン順位変動と動向(2014年8月) | 株式会社アイレップ
    http://www.irep.co.jp/press/whitepaper/2014/0910-3.html

    気にし過ぎてもいけないですが、気になる順位変動。自社サイトの順位と比較しながら見てみてください。

リスティング広告関連

  • GoogleAdwords広告表示オプション新機能「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を実際に使ってみた件 | カルテットコミュニケーションズ
    http://quartet-communications.com/info/listing/technique/20831

    この機能を使わない手はないですね。設定して前後のクリック率やコンバージョン率で判断を。

アクセス解析関連

  • Googleアナリティクスのベンチマーク機能が本当に凄い5つの理由 | カグア!Googleアナリティクス解説Blog
    http://www.kagua.biz/help/google-analytics-new-benchmark.html

    自社だけを見ることが多いネットショップ担当者の方々には便利な機能だと思いますが、鵜呑みにしないように注意。徐々に反映されていくと思いますので、出てこない場合はしばらく待ってみてください。

SNS関連

  • Facebookの投稿ルール 4:4:2の法則とは? 利用者をファンに変えるワイモバイルのソーシャル活用 | Web担当者Forum
    http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/09/12/17985

    SNSは告知媒体ではないのでこういった比率になりますよね。ネットショップでは告知と商品紹介以外で投稿するネタがなくなりがちなので日頃からネタの準備を。

その他

あとがき

楽天の出店料金体系変更に関しては続報も出てくると思いますので、出てきたらこのまとめで取り上げるようにします。これ以外でも、今日のルールは明日のルールではなくなっていくことも多くなってきそうです。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!