D2C

単発記事

5分でわかる改正特商法! 定期購入やサブスクなど通販(D2C)事業者への影響と対策を深掘りして解説

6月に施行される特定商取引法について、売れるネット広告社の加藤公一レオ氏が解説!
加藤 公一 レオ5/18 8:0040973
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

若年層に支持されるECサイトの「デザイン」「決済手段」「アプリ」とは?米国EC企業3社の事例に学ぶ

若年層を顧客にするには、小売事業者は、デザイン、マーケティング、支払い、プロモーション、顧客サービスなど、あらゆるサービスをモバイルに最適化して提供する必要があります
Digital Commerce 3604/21 8:009200
単発記事

Q&Aでわかる改正特商法。通販(D2C)事業者向けに改正のポイントを解説!

売れるネット広告社の加藤公一レオ氏が6月に施行される特定商取引法について、通販(D2C)事業者が対応すべきポイントを解説!
加藤 公一 レオ4/14 8:001921442
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国を代表するD2C企業「Warby Parker」が店舗拡大&廉価販売&寄付行為を続ける理由

Warby Parkerは2021年の株式上場以前、D2Cを代表するユニコーン企業と呼ばれていた。米国のビジネスメディア『Fast Company』が発表した「世界で最もイノベーティブな50社(THE WORLD’S 50 MOST INNOVATIVE COMPANIES)」で、アップルやアリババ、グーグルなどを抑えて1位を獲得したこともある
Digital Commerce 3604/14 7:00150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国のD2Cスタートアップ企業に学ぶロイヤリティ向上戦略

携帯用ミキサーを数百万台販売したスタートアップ 「BlendJet」
Digital Commerce 3604/7 7:30270
D2C SUMMIT

「そこにしかない」価値を活かすリージョン戦略――地方の中小企業のD2C活用方法とは

「D2C SUMMIT」のボードメンバーや公式セッション登壇者にインタビューし、「D2C」を深掘りしていくシリーズ①。一平ホールディングス代表取締役の村岡浩司氏に「地方創生とものづくりの関係性」というテーマで話を聞きました
にっぽんD2C応援委員会3/28 8:002271
D2C SUMMIT

「顧客のファン化」「ブランディング・認知向上」「商品開発」――2022年D2Cブランドの課題と取り組みとは

D2Cブランドが抱える課題とはいったいどのような内容なのか? 2021年と比較して変わった施策を調査した
にっぽんD2C応援委員会3/7 8:003350
D2C SUMMIT

「巣ごもり消費」で需要高まる食品・飲料、人気YouTuberによる「P2C」の増加――2021年の「D2C」を振り返る

2021年のD2Cはどのような特徴があったか、検索トレンドや注目のジャンルから振り返ってみます
にっぽんD2C応援委員会1/31 8:00290
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【2022年のD2Cマーケティング】D2Cに移行していくBtoCとBtoBブランドなどトレンド予測&成功するための重要ポイント

2022年にD2Cマーケターが何をするかを知ることは、マーケティングチームがイノベーションに遅れを取ることなく、顧客との関係を強化し、ロイヤリティを深めるのに役立つでしょう
Digital Commerce 3601/27 9:001140

D2Cソファブランド「ヨギボー」のウェブシャーク、ブランド本体のYogibo LLC.を買収

ウェブシャークの2021年7月期における売上高は168億円で前の期比76.8%増、経常利益は46億9000万円で同約3.5倍と急拡大している
瀧川 正実1/13 10:4513100
単発記事

顧客データの一元化が重要な理由&D2Cをする際の重要ポイント&今後押さえておくべき「2つのC」

コロナ禍におけるBtoCコマースの現状、最新トレンド、消費者の期待、コロナ禍による変化などを解説します【第3回:エッジでのショッピングが加速】
笹 俊文2021/12/17 8:00130
単発記事

オイシックスの西井氏と語る「食品EC」「D2C」の成功に不可欠な“価値”の創り方

売れるネット広告社の加藤公一レオ氏とオイシックス・ラ・大地の西井氏がこれから食品D2Cにおける成功の秘訣を語る
加藤 公一 レオ2021/12/13 8:00236462
D2C SUMMIT

「単にモノを売るだけでは厳しい」。小売・EC事業者が「どう提供価値を上げていくのか」を“売らない店舗”から考える

ECの台頭により、進化を余儀なくされるリテール。D2C×リテールはユーザーにどのような体験を生み出すのか?
にっぽんD2C応援委員会2021/12/8 8:001201

やずやの矢頭社長や加藤公一レオ氏など登壇のD2Cイベント「D2C SUMMIT 2022 九州 CRAM CAMP」【2022/2/17・18開催】

にっぽんD2C応援委員会がD2Cが生み出すベネフィットについて学べるセミナー「D2C SUMMIT 2022 九州 CRAM CAMP」を2022年2月17日(木)・18日(金)に福岡で開催する
藤田遥2021/11/22 14:006780
ネットショップ担当者フォーラム 2021 セミナーレポート

ECを成功に導く商品開発、ブランディングとは?「タマチャンショップ」田中副社長とフラクタ河野社長に学ぶ極意

ブランドを確立するには自社の理念や強みを把握した上で、地道な積み上げが求められる。コロナ禍に求められるブランドづくりについて、自然食品のECサイト「タマチャンショップ」を運営する九南サービス副社長の田中耕太郎氏と、企業のブランディング支援を手がけるフラクタ代表取締役の河野貴伸氏が対談
キヨハラサトル2021/11/2 9:00292

【調査】D2C関係者に聞いた「ブランドの世界観やストーリー」「商品開発」「サイト制作」「集客」の課題とは?

D2Cビジネスに関わっているもしくは検討している人に対し、「ブランドの世界観やストーリー」「商品開発」「サイト制作」「集客」の課題について聞いた
石居 岳2021/9/22 9:00590
『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する』ダイジェスト

LTVを最大化するために「RaaS(Retail as a Service)」が重要な理由

『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する 』(インプレス刊)第4章より(第3回)
三嶋 憲一郎2021/8/17 7:00440
『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する』ダイジェスト

FABRIC TOKYOのLTV最大化法② OMO全体で一環した顧客体験を設計する

『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する 』(インプレス刊)第4章より(第2回)
三嶋 憲一郎2021/8/11 9:00330
『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する』ダイジェスト

日本発D2C企業の代名詞「FABRIC TOKYO」が実践してきた「LTVを最大化する方法」

『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する 』(インプレス刊)第4章より(第1回)
三嶋 憲一郎2021/8/10 8:006111
単発記事

ランディングページはフルリニューアルしてはいけない! 広告の費用対効果を上げ続けるにはA/Bテストで「最適化」すべし

広告の費用対効果が上がり続けるA/Bテストのコツを加藤公一レオが解説
加藤 公一 レオ2021/4/5 9:00920120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スターバックスなどの事例に学ぶ、顧客獲得とリピート化に役立つ4つのマーケティング手法

ブランドが新しい戦略で新規顧客を引きつけ、その後もリピートしてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか? 海外事例からその手法を見ていきます
Digital Commerce 3602021/2/25 8:00450
単発記事

単品通販(D2C)を成功させる「ツーステップマーケティング」。5つのメリットとは?

「ワンステップマーケティング」と「ツーステップマーケティング」の違いを加藤公一レオが解説
加藤 公一 レオ2021/2/22 8:00572343
デジタルコマース注目TOPIX presented by 電通デジタル

D2C時代におけるブランドの作り方。欠かせないのは「ブランドアイデンティティ」

「ミレニアル世代」「Z世代」が消費の主役となりつつある昨今、なぜD2Cに取り組まなければならないのか(連載1回)
奥野 平太郎2021/2/10 8:00166133
通販新聞ダイジェスト

ZOZOのD2C事業「YOUR BRAND PROJECT」が好調な理由。カギはインフルエンサーの発信力

ZOZOが個人と共同でファッションブランドを作るD2C事業「YOUR BRAND PROJECT(ユアブランドプロジェクト)」が好調です。参加するインフルエンサーの発信力やブランド構築から制作まで自社内で行ったことがカギになっています
通販新聞2021/1/28 9:002100
単発記事

D2Cの単品通販でLTVを最大化するための10のテクニック

単品通販(D2C)の本質は、初回申込みをきっかけとして半永久的にお客さまとリレーションを取り続けること─ 単品通販の勘所を加藤公一レオが解説
加藤 公一 レオ2021/1/21 8:00311584
単発記事

データドリブンで洋服を作るD2Cブランド「seven dot」。データを生かす重要性を学んだコロナ禍のクラファン活用

オリジナルD2Cファッションブランド「seven dot」は、新商品発売に合わせクラウドファンディングを実施。コロナの影響を受け発売時期がずれ込んだが、目標金額を達成し終了した。見えてきた次の一手とは?
公文 紫都藤田遥2021/1/18 9:0022151
単発記事

「接客しない」に挑む大手百貨店の挑戦。無人ポップアップで「試着は店頭、購入はECで」の新しい販売スタイルの成果とは?

そごう・西武は、コロナ禍での新たな取り組みとして販売員が常駐しない「無人ポップアップストア」を展開した。大手百貨店による挑戦と、1週間の実施で得た気づきを紹介する。
公文 紫都2020/12/21 8:0010291
単発記事

「体験こそがブランド価値」「3年後を見据えた動画作り」。Takram佐々木氏×クラシコム青木社長が語る「ECの未来」【第3回】

小売りやEC企業のためのブランディング、動画への投資はどのように考えればいいのか? そんな課題を解決するためのヒントが見えてくるクラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏によるディスカッションを紹介【全3回】
公文 紫都2020/11/24 8:00136485
単発記事

D2Cビジネスで重要なのは「動機」と「希望」。クラシコム青木社長×Takram佐々木氏が語る「ECの未来」【第2回】

デジタル化が加速する「ECの未来」について語る、クラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏×ヤプリ金子洋平執行役員によるパネルディスカッション。その模様を紹介する2回目の記事。テーマはD2C、ブランディング【全3回】
公文 紫都2020/11/16 8:00978812
Digital Shift Timesダイジェスト

リアルの“場”を通じてファン作り&ビジネスを拡大する方法は? 米国のD2Cブランド「Allbirds」「Casper」「Glossier」に学ぶ

「Allbirds」「Casper」「Glossier」はオンライン発のD2Cブランドだが、彼らはリアル店舗をファン作りやビジネス拡大の「場」として有効活用している。各社の事例を紹介する
Digital Shift Times2020/11/12 9:00380
単発記事

D2Cとは? なぜ「ブランディング」が競争戦略になる? クラシコム青木社長×Takram佐々木氏が語る「ECの未来」

デジタル化が加速する「ECの未来」について語る、クラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏×ヤプリ金子洋平執行役員によるパネルディスカッション。その模様を紹介する1回目の記事。テーマはD2C、ブランディング【全3回】
公文 紫都2020/11/9 8:00138485
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

EC、サブスクリプション事業を支えるバックオフィス「決済」「物流」「カスタマーサービス」の設計法【見積もり項目あり】

session6 物流・配送、カスタマーサービスの外注に必要な見積もり項目を大公開(最終回)
尺田 怜2020/10/28 8:00440
データで読み解く小売ビジネスと未来予測 presented by COUNTERWORKS 竹信瑞基

EC先進国・米国の最新事情に学ぶWithコロナ時代の成長戦略。キーワードは「非接触」「コンタクトレス」「オンライン拡張」

コロナ前から現在に至るまで、米国小売市場にはどのような変化が起き、今後どこへ向かおうとしているのか。米国の最新トレンドを捉えながら、日本の小売り市場のイマ、そしてECビジネスへの活かし方を見ていく。
竹信瑞基2020/9/25 11:3038120
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

既存顧客を「リピート顧客」「お得意さま」に変えるCRMを成功させるポイントとは?

session5 EC事業の「顧客維持」と「離反防止」について
尺田 怜2020/9/14 8:001370
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

まだあまり知られていない2020年のEC市場(北米)5つのトレンドとは?

食料品販売では「店舗がECの大きな資産になる」、「カタログ通販と親和性の高いオンライン販売」、「健闘している小規模オンライン小売事業者」など、米国で起きているEC業界5つのトレンドを紹介します
Digital Commerce 3602020/9/10 8:00653

デジタルD2C市場は2020年に2兆円を突破、2025年には3兆円に達する見込み【売れるネット広告社の調査】

2019年のデジタルD2C市場は高い水準で成長、2兆300億円規模になったと推測。2020年のデジタルD2C市場は、前年比9%増の2兆2200億円に達すると予測している
石居 岳2020/9/9 11:00646340
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

新しい顧客をどう獲得する? D2C、サブスクリプションビジネスのECシステムには、広告配信管理システムとの連携が必須

session4 ECビジネスにおける新規獲得のためのマーケティングと広告管理運用のポイント
尺田 怜2020/8/3 8:001360
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

今さら聞けないECシステムの選定ポイント。D2C、サブスクリプションモデル事業に必須の機能は何?

session3 ASP型、オープンソース型、パッケージ型、クラウド型のメリット・デメリット
尺田 怜2020/7/1 8:005874

ロート製薬の「化粧品の買い方への挑戦」。D2Cのスキンケアブランド「SKIO」とは

ロート製薬は、スキンケア関連事業をドラッグストアなどの販路で流通規模を拡大してきた。「SKIO」は、「SKIOオンラインショップ」「楽天市場」などのECサイトで展開。商品認知から購入までを統一したブランド世界観の中で行うとしている
石居 岳2020/6/30 9:001260
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

D2C、サブスクリプションビジネスの事業計画。収益シミュレーションに必要な指標とは?

session2 はじめての事業計画はどう立てれば良いの?(事業計画策定時の収益シミュレーションに役立つExcelデータを掲載)
「D2C」&「サブスク」ビジネス相談室

「D2C」「サブスクリプションサービス」は、一般的な通販・EC、メーカー直販、頒布会と何が違うんですか?

session1:D2Cって何? サブスクリプションと頒布会はどう違うの?
尺田 怜2020/4/13 8:0016141
PR

デロンギ・ジャパンが挑む“買いやすい”“使いやすい”買い物環境作りとは――ブランド価値を引き上げるメーカー公式EC事例

イタリア家電メーカーの日本法人である「De'Longhi Japan(デロンギ・ジャパン)」。ECサイトの“使いやすさ”と“買いやすさ”を追及する同社の取り組みを取材した
瀧川 正実2020/1/29 7:005383

東証グロース市場に新規上場するペットヘルスケアECの「ペットゴー」とは

ペットゴーは、ペットゴーと連結子会社のペットゴープロダクツの2社でグループを構成。犬や猫といったペットを対象にした食事療法食、総合栄養食、ケア用品、サプリメント、動物用医薬品などを取り扱う
石居 岳4/21 8:00370

前キューサイ社長の神戸聡氏がCOOに就任、「酵水素328選」のジェイフロンティア

神戸氏は前キューサイ代表取締役社長。ドクターシーラボ時代は商品企画から開発・プロモーションまでのマーケティング戦略の立案、基幹商品以外のブランド、プロダクトラインの育成を担当した
瀧川 正実4/4 9:00220

高島屋がショールーミングストア事業に参入

シュールーミングストアの1号店は4月下旬、高島屋新宿店2階にオープンする予定。高島屋とトランスコスモスの合弁会社が運営を担う
石居 岳3/8 9:00630

EC支援会社や医薬品EC会社など3社を買収、「酵水素328選」の通販会社ジェイフロンティア

健康食品・医薬品等のEC・通販事業におけるプロモーション施策・CRMの拡充など、事業拡大・競争力強化につなげる
石居 岳2021/10/19 9:00220

三井不動産がD2Cブランドをデジタル×リアルで支援する新たな取り組み「NEW POINT」とは

「NEW POINT」は、三井不動産が多方面のプロデューサーとともに“秘めた魅力をもつブランド“を全国から発掘し、キュレーションメディアなどでその魅力を発信
石居 岳2021/9/9 8:00320

東証マザーズに株式上場「酵水素328選」の通販会社ジェイフロンティアとは?ビジネスモデルや業績まとめ

ジェイフロティアは、健康食品を中心としたヘルスケア分野における「酵水素328選」シリーズなど自社ブランドの商品の通信販売で知られる
石居 岳2021/7/27 9:00770

東証マザーズ上場の化粧品D2C「Waqoo」とは?ビジネスモデルや業績まとめ

Waqooの主力化粧品ブランドは「HADA NATURE」。直近の2020年9月期決算では売上高が前期比33.0%増の45億400万円、営業利益は1億700万円(前の年は7億8800万円の損失)、当期純利益は9800万円(同7億9400万円の損失)
石居 岳2021/6/30 9:006120

食品D2Cサービス市場は340億円、58%増の見込み【2020年度】

国内の食品D2C市場規模は、2018年度で113億円(前年度比52.7%増)、2019年度は215億円(同90.3%増)、2020年度は340億円(同58.1%増)の見込み(矢野経済研究所調べ)
石居 岳2021/4/26 10:00790

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]