台湾女性は美容への関心が高く、台湾の美容・化粧品市場規模は年間約1200億元(日本円換算で約4178億円)と言われています。台湾の有名な市場調査会社「博思市場調査」が、過去半年以内に化粧品の購入経験がある22歳以上の台湾女性3568人を対象に行った「スキンケア商品、化粧品の購入行動」に関する調査結果から、台湾女性の化粧品購入動向について見ていきます。

化粧品の購入チャネルは「ドラッグストア」が約4割

コスメの購入チャネルについて聞いたところ、「ドラッグストア」(42.7%)が最も多く、次いで「百貨店・デパート」(37.9%)、「テレビやインターネット」(32.5%)、「スーパー」(23.6%)、「コンビニ」(5.3%)となっています。

台湾女性のコスメの購入チャネルについて
コスメの購入チャネルについて。グラフ上から「ドラッグストア」「百貨店・デパート」「テレビやインターネット」「スーパー」「コンビニ」(画像は博思市場調査の調査資料からキャプチャ)

台湾の「ドラッグストア」は日本と似ているところがあり、若い女性向けの低価格のコスメから欧米・海外有名ブランド、日本ブランド、韓国ブランドなどあらゆるコスメが手に入ります。そのため、アンケートでは特に若い世代が「百貨店やデパートより、簡単に購入できる」と回答しています。

スキンケア商品/化粧品の購入時、1番重視しているのは「価格」

スキンケア商品や化粧品を選ぶ際の決め手は何でしょうか。重視する点は、「商品価格」(30.8%)、「商品効果」(28.3%)が上位にあがっており、次に「ブランド知名度」(25.5%)と「キャンペーン」(15.4%)が続きました。

台湾女性のコスメの購入理由
コスメの購入理由。右上から「商品価格」「商品効果」「ブランド知名度」「キャンペーン」(画像は博思市場調査の調査資料からキャプチャ)

スキンケア商品や化粧品は、毎日使うものなので「商品価格」が最も重要だと感じているそうで、次に「商品効果」を大切にしています。特に台湾人女性は敏感肌の人が多いため、敏感肌向けの化粧品は人気があります。

ネットショップよりリアル店舗で購入する割合が高い

次に、コスメのEC利用ついて。ネットショップよりリアル店舗で購入する割合がまだ多いのが現状です。ですが、ここ数年でネット限定価格や、キャンペーンが増えてきているため、リアル店舗で商品の現物を確認してから、ネットでその商品を購入する「ショールーミング」という行動が普及するのではと予想されます。

台湾女性の化粧品購入に関するコスメのECの利用率 VS. 店頭の利用率
コスメのECの利用率 VS. 店頭の利用率。右からリアル店舗、ネットショップ(画像は博思市場調査の調査資料からキャプチャ)

購入時の参考情報源、「口コミ」など第三者の動向が重要

購入時の参考情報源については「家族や知人からのおすすめ」(52.5%)、「SNS」(48.7%)という回答が多く挙がりました。また、「店頭広告」(45.6%)、「テレビ広告」(38.2%)も参考にしている人が多く、次に「新聞雑誌」(33.1%)と「店員さんのおすすめ」(26.7%)が続いています。

台湾女性の化粧品購入に関する購入時の参考情報源
購入時の参考情報源。グラフ上から「家族や知人からのおすすめ」「SNS」「店頭広告」「テレビ広告」「新聞雑誌」「店員さんのおすすめ」(画像は博思市場調査の調査資料からキャプチャ)

家族・知人の意見やおすすめが大事ということで、InstagramやFacebookなどのSNSも重要な情報源となっているようです。

「美白・アンチエイジング」成分が入っている化粧品が大人気

購入時に最重要視している点についてじゃ、「美白・アンチエイジング成分が入っている化粧品」(32.7%)が1位。「仕事中綺麗でいられるコスメ」(30.1%)、「自分の顔に自信が持てる化粧品」(27.4%)なども上位にランクイン。「ファッションに合わせて楽しめるコスメ」も全体の9.8%を占めています。

台湾女性が購入時に最重要視している点
購入時に最重要視している点。右上から「美白・アンチエイジング成分が入っている化粧品」「仕事中綺麗でいられるコスメ」「自分の顔に自信が持てる化粧品」「ファッションに合わせて楽しめるコスメ」(画像は博思市場調査の調査資料からキャプチャ)

「美白・アンチエイジング」対策商品の需要が圧倒的に高いのは日本でも一緒ですよね。台湾は湿気が多く、暑い日が続き化粧がすぐ崩れるため、日常生活はノーメークで過ごす方も多くいます。(出勤する時にもメイクをしない方もいます)なので、仕事やデートのために、化粧品を購入するという傾向もあります。

【番外編】台湾人しか知らない! 台湾女性がコスメを購入する際必ず確認する<台湾版の@Cosme!>

同溫層數據(SocialSphereの市場調査によると、35歳以上の女性の情報源は、ほとんどがテレビ番組。特に台湾の大人気美容情報番組「女人我最大」が膨大な影響力を持っています。日系の化粧品のブランドも頻繁に「女人我最大」で商品紹介をしています。

商品が取り上げられると、一気に検索広告の効果も跳ね上がる傾向もあるため、インパクトが大きい媒体です。

一方、18~34歳の女性の情報源は、ファッション関連サイトと回答しており、世界で最も影響力のあるファッション誌「Vogue」や「Elle」、「Marie Claire」といったファッション情報サイトから、台湾発の人気ファッション情報サイト「Jusky Girl」、台湾発の人気No.1コスメ口コミ情報サイト「Fashion Guide」の情報や口コミを参考に購入している傾向が見られます。

日本人女性が@Cosmeを確認しコスメを買うように、台湾の女性消費者も口コミをはじめとした第三者の意見を重要視しているのが伺えます。

35歳以上の女性の情報源(画像は台湾の経済誌のWebサイト「數位時代」からキャプチャ)
◇◇◇

トランスコスモス台湾は、化粧品、コスメ、健康食品を始めとしたお客さまを多く抱えており、DM、EC、CCを総合的にサポートしています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム