現在地

化粧品

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

ARで化粧品の使用イメージを購入前に確認! 化粧品ECの課題を解決する「AR Styling Station」とは

中国EC大手のJD.comは、AR(拡張現実)を活用した「AR Styling Station」で、急成長する中国化粧品市場に変革をもたらすという。

EC業界で活躍する女性の働き方に迫る“e-女”~Presented by売れるネット広告社~

ランクアップの成長秘話――“常識を覆す”商品開発、17時退社の働き方改革に迫る!

17時退社という通販業界では驚きの働き方改革を徹底しながら売上高は100億円以上と、今最も勢いのある通販会社「株式会社ランクアップ」取締役の日高由紀子さんと対談しました。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

ロクシタンがめざすデジタル戦略とは? データ活用から店舗連動など3年間の施策と成果

ロクシタンのデジタル戦略を推進する担当部長は、「データ活用は量だけでなく質が大切。そして何より、どのように扱うかを考えることが重要になる」と言う。

健康・美容業界の今を知る!

「全額返金保証」という通販・EC広告の表現は使っていいの? 法律上の落とし穴

化粧品、健康食品などの通販広告では、「100%返金保証」「お気に召さなかった場合商品購入代金を全額お返しします」というフレーズがよく使用されています。このフレーズを利用することは各種法律上問題ないのでしょうか。考えてみましょう。

健康・美容業界の今を知る!

健康食品、雑貨、化粧品で比較広告をするときの注意点

前回の連載では、“比較広告とは何か”をご紹介致しました。景品表示法での比較広告のあり方に則っての紹介ですので、基本的概念としておさえておくと良いでしょう。今回は具体的に、健康食品、雑貨そして化粧品でも比較広告は可能なのか、そしてその注意ポイントを整理します。

通販新聞ダイジェスト

健食・化粧品通販は大打撃を受けるかも。特商法改正でアウトバウンドは規制強化?

消費者委員会は今年3月、消費者庁の諮問を受けて特定商取引法の改正を巡る検討を開始。8月にも報告をまとめる。アウトバウンド規制は「商品単位」で規制する現行法維持から、最も厳しい「全面禁止」を含め、検討される。

通販新聞ダイジェスト

収益力を上げるブランドの再構築方法を、2ケタ成長の営業増益を続けるオルビスに学ぶ

2007年以降、革新性あるブランドへの回帰を目指し、ブランド再構築を推進してきたオルビスのブランド再構築が新たなフェーズを迎えている。

通販新聞ダイジェスト

「ウェブ広告やめる」。成果を上げるコンテンツマーケティング戦略をガシー・レンカー・ジャパンの事例から学ぶ

ガシー・レンカー・ジャパン(GRJ)がブランド再構築に乗り出している。売上高が200億円弱(通販新聞推計)で踊り場を迎える中、新たに立ち上げたウェブコンテンツ「ニキペディア」で再浮上を図れるか。

キユーピーがスキンケアのネット通販に参入へ、自社開発のヒアルロン酸活用した化粧品を展開

キユーピーは通販事業を手掛ける子会社トウ・キユーピーが運営する通販サイト「キユーピーアヲハタネットショップ」を通じて、化粧水と美容液の2製品の販売を12月1日から始める。

通販新聞ダイジェスト

セブン&アイがファンケル化粧品とPB化粧品を共同開発、年間20億円の売り上げ目指す

セブン&アイ・ホールディングスとファンケル化粧品は、スキンケア化粧品を共同開発し、11月からセブン&アイのプライベートブランド(PB)として販売する。セブン&アイが本格的にPB化粧品を発売するのは初めて。

 

「フラコラ」の協和がWebメディア+通販を展開へ。ザッパラスから「wotopi」を譲受

美容健康商品の通販ブランド「fracora(フラコラ)」を展開する協和は3月13日、ザッパラスが運営する女性向けメディア「wotopi(ウートピ)」の運営権と営業権を取得したと発表した。

化粧品通販で最も推奨したいのは「ハーバー研究所」。NPSの評価要因は「効果・効能」「コスパ」

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは1月24日 、顧客ロイヤルティを図る指標である「NPS(ネットプロモータースコア)」の業界ベンチマーク調査の結果を公表、化粧品通販6社の中で最もNPSが高いのは「ハーバー研究所」だった。

決済事業のパス、化粧品通販のマードゥレクスなど健康・美容関連の2社を買収

決済代行やコンサルティング事業などのパスは、「エクスボーテ Ex:beaute」ブランドなどの化粧品通販・ECを手がけるマードゥレクス、美容・健康関連商品の企画・開発などのジヴァスタジオを買収し、8月10日付で子会社化する。

通販新聞ダイジェスト

山田養蜂場が約60億円投じて新工場、農園など設けて観光資源に活用も

山田養蜂場は2月2日、岡山県津山市で新工場の稼働を開始。健康食品やハチミツを使った食品・飲料、化粧品の製造および物流機能を持つもので、製造能力を強化するとともに、顧客により早く商品が届けられる体制を整備。同工場を観光資源として活用し地域経済に貢献していく考えを示した。

通販新聞ダイジェスト

再生医療技術応用した化粧品「幹細胞コスメ」の販売など、市場拡大見据えるエックスワン

家電のネット販売を手がけるストリームでは、2014年2月に健康食品・化粧品の会員制無店舗販売を行うエックスワン(同、齊藤勝久社長)を子会社化した。

ロコンドが化粧品ECに参入、サンプル同梱し肌に合わない場合は無料で返品できるサービスも

靴のECなどを手がけるロコンドは化粧品のECに2月20日から参入。まずはネイルサロンを全国展開するノンストレスと提携し、2ブランドの化粧品の取り扱いからスタートする。

通販新聞ダイジェスト

減収続くなかでの“原点回帰”で主力スキンケアを刷新、V字回復めざすアテニアの戦略

アテニアは1月20日、主力のスキンケアラインを刷新。新ラインの展開で、2008年3月期をピークに減収基調にある業績のV字回復を目指す。

通販新聞ダイジェスト

日本水産が化粧品の通販に参入、女性向けに「天然オレンジラフィーマリンオイル」を開発

日本水産が化粧品通販に参入した。12月8日に魚由来のオイルを主原料とした美容オイルを発売。通販で展開していく。日本水産はこれまでEPAを配合したトクホ飲料「イマークS」を中心に健康食品通販を展開。男性客を中心に顧客基盤を構築してきた。化粧品通販への参入で女性客へのリーチを強めていくとみられる。

通販新聞ダイジェスト

客単価の上昇は化粧品と健康食品のクロスセルで、ハーバー研究所がカタログを分冊

ハーバー研究所は今下期(9~3月)、通販事業で自社のブランド力の向上を目指す。健康食品のカタログを分冊化と、内側からの美容を啓蒙することで、化粧品と健康食品のクロスセルを図っていく。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム