楽天市場

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの流通総額は6.9%増の6兆円、SPU改定などの影響で4Qはマイナス成長【2023年国内ECの業績まとめ】

2023年10-12月期(第4四半期)の落ち込みは、「毎月5と0のつく日」特典や「SPU」の改定、ふるさと納税のルール変更などが影響した
瀧川 正実2/15 9:00120
通販新聞ダイジェスト

楽天の「配送品質向上制度」とは? 店舗の土日出荷対策、認定ラベル付与商品の検索優遇は?【概要+責任者インタビューで解説】

楽天グループはユーザーの満足度向上をめざした「配送品質向上制度」を2024年6月に導入するものの、出店サイドは対応が分かれている。ネックになっているのは何か?
通販新聞[転載元]2023/12/5 7:00240
通販新聞ダイジェスト

楽天ポイント付与条件変更で「モバイル利用者」を優遇、「楽天市場」出店者への影響は?

楽天は12月のスーパーセールを前に楽天ポイントの付与条件を変更する。モバイル利用者のポイント付与率をアップさせ、他各サービスの上限を引き下げるという。
通販新聞[転載元]2023/12/4 7:0026121
通販新聞ダイジェスト

物販系EC最大のリテールメディア「楽天グループ」の広告が好調な理由は? 松村亮常務に聞く

「楽天市場」は物販系ECにおいて日本最大のリテールメディアと言われる。2023年度の広告事業における売上収益は2000億円の大台が視野に入っており、キー局の広告収入に匹敵する規模となっている
通販新聞[転載元]2023/11/28 8:001250
通販新聞ダイジェスト

ストリーム、QVCジャパン、トーカンに学ぶヒットの秘訣【通販・EC会社のMD戦略】

通販各社は新たな顧客層の獲得に向け、プライベートブランド商品の開発・拡販に力を入れている。家電、ファッション、食品ジャンルから商品開発や訴求の最前線を見る
通販新聞[転載元]2023/11/13 8:30310

【楽天市場のお歳暮・クリスマスギフト】「自家需要」「手土産需要」に加え、自分を労る「ご褒美需要」も高まると予測

楽天グループが「楽天市場 お歳暮・冬ギフト特集2023」と「楽天市場 クリスマス特集2023」を11月1日に公開。人気が高まる商品をお歳暮、クリスマスカテゴリー別に紹介
藤田遥2023/11/1 8:30220

【顧客満足度の高いECサイト】ヨドバシカメラが10年連続1位、ECモールでは「楽天市場」がトップ

JCSI(日本版顧客満足度指数)調査では、顧客期待、知覚品質、知覚価値、顧客満足、推奨意向、ロイヤルティ、感動指標、失望指標、CSR指標の計9指標を算出している
瀧川 正実2023/9/28 8:30551
通販新聞ダイジェスト

楽天グループが「楽天市場」と「楽天ラクマ」の連携を強化。その理由と内容は?

フリマアプリ「楽天ラクマ」は、「楽天市場」との連携を強化。両サービスの併用率アップや、リユース市場における「楽天ラクマ」のシェア拡大を狙う
通販新聞[転載元]2023/9/27 7:00320

EC運営のUGC活用術、運営の最適化、アプリ活用施策などEC運営に生かせる全17講演のECイベント【9/26の見どころ】

ECの運営効率化やファンマーケティング強化などに成功した事例を公開! 全17講演すべて無料で視聴できるECイベント「ネットショップ担当者フォーラム 2023 夏」を9月26日(火)・27日(水)の2日間にわたって開催
ネットショップ担当者フォーラム編集部2023/9/21 8:30110
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

「配送品質向上制度」「AI活用の検索」「クーポンシステム無料提供終了」など楽天が2023年下期に取り組むこと【戦略まとめ】

新店舗トップページの編集機能の改善、最短お届け日自動計算機能、「RPP」の入札単価を会員ランク別に変更、SKU管理の導入推進、「配送品質向上制度」実装など2023年上半期の「楽天市場」の取り組みと今後の戦略をまとめました
藤田遥[執筆]2023/8/21 8:00430
「ECタイムズ」ダイジェスト

「楽天市場」のSEO対策に注力すべき3つの理由+上位表示を狙うための10ポイント【2023年最新版】

「楽天市場」内でSEOアップをさせるメリットや、具体的な手法、ほかのモールやECサイトのSEOとの違いまで詳細をまとめました
ECタイムズ[転載元]2023/8/9 11:00463

「楽天市場」のクーポンシステム利用料、無料キャンペーンを2024年3月末で終了

「楽天市場」出店店舗向けの戦略共有会(2023年8月2日実施)で発表。ーポン機能の強化に向けた取り組みを行っており、安定的なシステム稼働に向けた投資が必要となったため、無料キャンペーンの終了を決めた
藤田遥2023/8/3 7:009183

【楽天の2023年夏トレンド予測】「物価高対抗」「Return to Normal消費」などがキーワード

「折りたたみ傘」「スーツケース」などの“外向き”消費、物価高から「まとめ買い」需要が拡大
藤田遥2023/6/29 7:00120
「ECタイムズ」ダイジェスト

ECモール運営成功の秘訣とは? 識者が明かす事業者のつまずきポイント3点+押さえておきたい対処法

トレンドの移り変わりが激しいECモールで勝ち続けるためには? 事業者が勘違いしやすいポイントや、店舗運営に必要な取り組みまで、EC専門家の知見をまとめる
ECタイムズ[転載元]2023/6/28 7:30120
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの国内EC流通総額は約1.4兆円で12%増【2023年1Q】

楽天モバイルが流通総額の拡大に寄与しているという。直近1年間におけるMNO契約者と非契約者の1人あたりの平均購買額の差は3万8541円で、楽天モバイルユーザーが「楽天市場」の流通総額を押し上げている
瀧川 正実2023/5/16 9:30470
「ECタイムズ」ダイジェスト

【楽天店舗必見】「楽天SKUプロジェクト」に対応できていますか? 新たな店舗管理のポイントまとめ

2023年4月から順次実施されている「楽天SKUプロジェクト」。「楽天市場」の仕様変更と店舗管理の見直しのポイントを解説する
ECタイムズ[転載元]2023/5/10 8:00350

コロナ特需一巡後も月次売上は約2倍。MOON-X子会社のベビー&マタニティブランド「kerätä」に聞く好調のワケ

「楽天市場」が月間の優良店舗を選出するアワード「ショップ・オブ・ザ・マンス(SOM)」をこれまでに6度受賞してきたベビー&マタニティブランドに、ブランド運営成功の秘訣を聞いた
高野 真維2023/4/10 8:00180
通販新聞ダイジェスト

【楽天の常務に聞く2023年の戦略】流通総額10兆円をめざす戦略、配送品質の基準を満たした商品へのラベル付与、OMOは?

前期比2桁増の成長を続けている「楽天市場」。常務執行役員の松村亮氏に、楽天グループならではのエコシステムなど成長の理由と、OMOをはじめとした今年の戦略を聞いた
通販新聞[転載元]2023/3/23 7:00550
通販新聞ダイジェスト

ヤフー、ポイント戦略大転換の反響は? 日曜日の高還元施策の廃止に「売れない」の声

2022年10月にヤフーは「PayPayモール」と「ヤフーショッピング」を統合。これに伴うポイント戦略の大きな方向転換に「売れない」となげく出店者も多くみられている
通販新聞[転載元]2023/2/20 7:00184617
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの流通総額は12%増の5.6兆円、ファッション事業は1兆円を突破【2022年国内ECの業績まとめ】

2022年度(2022年1~12月期)国内EC流通総額は前期比12.3%増の5兆6301億円、ファッション事業の流通総額は1兆円突破の1兆520億円で同10%増
瀧川 正実2023/2/15 8:306111
竹内謙礼の一筆啓上

ヤフーは「楽天市場」「Amazon」よりも売上を伸ばしやすい⁉ 専門コンサルが伝授する「Yahoo!ショッピング」攻略法

「Yahoo!ショッピング」を専門にコンサルティングサービスを提供するアルドの佐藤英介氏の著書を踏まえながら、「Yahoo!ショッピング」の攻略法を解説(連載第25回)
竹内 謙礼[執筆]2023/2/13 7:00117133
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「モバイルに注力」「国内EC流通総額10兆円計画」【2023年新春カンファレンス講演要旨】

楽天グループ・三木谷浩史会長兼社長の講演によると、2022年における楽天グループの国内EC流通総額は約5兆6000億円で前期比11.2%増
瀧川 正実2023/2/1 9:307120
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷会長、2022年度の流通総額は「6兆円に近い」

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2022」で、「楽天市場」の流通総額が6兆円に近いことを明かした
高野 真維2023/1/26 22:009100
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「モバイルと市場のシナジー」「きょう楽」の可能性など【「楽天EXPO 2022」講演要旨】

「楽天EXPO 2022」で三木谷浩史会長兼社長は、楽天グループのサービス利用状況、楽天モバイルと「楽天市場」のシナジー、「楽天市場」が今後取り組んでいくことなどを語った
瀧川 正実[執筆]2022/7/25 10:00792
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

“配送に注力する店舗を表彰する制度”の導入準備など「第四回 楽天市場サービス向上委員会」の内容まとめ

「楽天市場サービス向上委員会」は、「地域・コミュニティ」「サステナブル・SDGs」「システム」「物流」といったトピックについての改善を協議する分科会によって構成している
瀧川 正実2022/7/21 10:30231
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

自動配送ロボットで最短30分配送。楽天と西友、パナソニックが始めた取り組みとは

楽天グループ、パナソニック ホールディングスおよび西友の3社は、国内初の自動配送ロボット(UGV)の公道走行によるスーパーからの商品配送サービスを実現した
石居 岳2022/5/27 7:30970
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループは2030年に国内EC流通総額10兆円&営業利益率20%超をめざす方針

2021年度(2021年1~12月期)の国内EC流通総額は前期比10.4%増の5兆118億円、営業利益率は13.5%(モバイル除く)
瀧川 正実2022/5/16 7:00980

「楽天」「アマゾン」「ヤフー」「au Pay Market」「Omni7」のEC利用者、利用回数はどのECサイトが多い?【ニールセン調査】

ニールセン デジタルの調査結果。PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルで最も利用者数が多かったのは「楽天市場」で5104万人が利用、「Amazon」が4729万人、「Yahoo!ショッピング」が2288万人だった
石居 岳2022/2/28 9:00990

ECモール出店者は必見。「デジタルプラットフォーム取引相談窓口(DPCD)」の役割と活用メリットについて解説

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)が運営する「DPCD(デジタルプラットフォーム取引相談窓口)」はECモール出店事業者のための相談窓口です。その詳細と設立の背景を解説します
瀧川 正実2022/2/28 7:003102Sponsored
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の国内EC流通総額は5兆円で伸び率は約10%増【2021年度の実績まとめ】

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「新春カンファレンス」で、「成長速度はどんどん加速している。2030年を待たずに国内EC流通総額10兆円を実現できるのではないか」と話している
瀧川 正実2022/2/15 10:0015141
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「国内EC流通総額10兆円構想」「モバイルとのシナジー」【2022年新春カンファレンス講演要旨】

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が「新春カンファレンス」に登壇。「国内EC流通総額10兆円構想」「楽天モバイルとのシナジー」「コロナ禍の楽天市場」「サステナブル消費への対応」などについて講演した
瀧川 正実2022/1/28 9:0032163
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの国内EC流通総額(2021年)が5兆円を突破

楽天グループは次なる目標として、国内EC流通総額10兆円突破をめざすとしている
瀧川 正実2022/1/5 7:0017100
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループ「共通の送料込みライン」の公取委審査は終了へ。改善策の提示で独禁法違反の疑いが解消

公取委は、「楽天市場」での買い物時にユーザーが3980円(税込)以上購入した場合の送料を事業者が負担する「共通の送料込みライン」施策が、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)に該当するかの審査を続けてきた
瀧川 正実2021/12/7 10:30151
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

「10兆円の国内EC流通総額を2030年までに」。楽天・三木谷社長が語ったコロナ禍の振り返り2021年「楽天EXPO」【講演要旨】

三木谷浩史会長兼社長が国内EC流通総額の成長要因にあげたのは、モバイルとのシナジー、送料込みライン、配送の効率化、ポイント利用の一層拡大
瀧川 正実2021/9/3 7:005372
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天グループの国内EC流通総額は約2.3兆円で17%増、2021年度の目標は5兆円の突破【2021年中間期】

楽天グループは2021年通期国内EC流通総額について、5兆円の突破を目標としている
瀧川 正実2021/8/12 11:001073

花王のEC戦略。共創パートナーとの連携、デジタル販路拡大策と今後の展望

花王の生井秀一氏が、デジタル化時代に求められるメーカーのEC・DX戦略について解説
清水美奈2021/7/14 8:0040172
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の国内EC流通総額は1.1兆円で約22%増、ショッピングECは約40%増【2021年1Qまとめ】

楽天グループの国内EC流通総額は1兆1220億円で前年同期比22.4%。ショッピングECの流通総額は前年同期比33.9%増
瀧川 正実2021/5/14 8:0011121
デジタルコマース注目TOPIX presented by 電通デジタル

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、各ECモールにおけるデータ活用法

ECモールは新規ユーザー獲得のための分析やデータ活用が必須です。各社のデータ活用についてまとめました(連載2回)
髙木 真樹2021/3/16 9:0014200
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の国内EC流通総額は約4.5兆円で、伸び率は約20%増【2020年度の実績まとめ】

「楽天市場」単体では流通総額が3兆円を突破しているという。新規購入者、1年以上「楽天市場」を使っていなかったユーザーの復活購入、加えて、1人あたりの月間購入額の増加、ユーザーの定着率(リピート購入)などが成長要因
瀧川 正実2021/2/16 11:0024131
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天が取り組む「透明化法への対応」「コマース渉外室」「楽天市場サービス向上委員会」など【2021年上期施策まとめ】

楽天の執行役員 野原彰人氏が2020年は「オンラインでの店舗とのコミュニケーション促進を行った」と振り返った。2021年上期は「透明化法」への対応として行政とのやりとりを行う「コマース渉外室」、店舗との意見交換の場「楽天市場サービス向上委員会」を新たに設立すると説明した
藤田遥2021/2/10 9:00940

花王が楽天、Facebookと仕掛けた「シャンプーEC市場獲得施策」とは? 売上2倍の実績を出した事例を解説

「自前主義は限界に来ている」と考える花王。ヘアケア商品「GUHL LABORATORY」発売時に、楽天、Facebookと共同でマーケティング施策を展開した。「売上2倍」の実績が生まれたその概要とは?
公文 紫都2021/2/1 9:0087390
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

「モバイルにいっぱいお金を使っている、心配」の声に三木谷社長が答えた「楽天市場」2020年の振り返りと成長戦略【講演要旨】

オンライン配信で行われた楽天の「新春カンファレンス」。三木谷浩史会長兼社長が3万人以上の「楽天市場」出店者に語った楽天の戦略、2020年の振り返りなどをまとめた
瀧川 正実2021/1/29 9:3025132

【2020】コロナ禍の帰歳暮、クリスマス、おせちなど年末商戦傾向

「楽天市場」における2020年の年末商戦トレンドは「クリスマス」「おせち」「お歳暮・ギフト」など。年末年始の帰省代わりに贈る「帰歳暮」やコロナ禍で1人ずつ食べられる「1人前おせち」、家中で過ごす「おうちクリスマス」に注目しているという。「おうち需要」によるEコマースの拡大や高年齢層のデジタルシフトの加速の影響を受けています
藤田遥2020/10/12 9:0012101
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天が2020年下期に取り組むこと――「送料無料ライン」「RMS新機能」「流通状況」【戦略まとめ】

店舗支援のための特集ページや企画、店舗向け相談窓口の設置、オンライン講座の実施、RMSへの新機能追加、「送料無料ライン」施策や「違反点数制度」導入の成果など、コロナ禍における「楽天市場」の取り組みをまとめました
藤田遥2020/9/1 11:001542
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「モバイルとのシナジー」「コロナ禍の楽天市場」「物流への投資」【2020年夏の講演要旨】

楽天の三木谷浩史会長兼社長が語った「楽天モバイルとのシナジー」「コロナ禍の楽天市場」「物流への投資」「サステナブル消費への対応」など、8月27日のオンラインカンファレンス「楽天オンラインEXPO」講演要旨
瀧川 正実2020/8/31 8:0017150

「楽天市場」の運営課題を解決できる「RMSサービススクエア」「GOLD SERVICE」とは

楽天は、出店者が抱えるページ制作、顧客対応、データ分析といった課題を解決するため、サードパーティのサービスを紹介する「RMS Service Square(アールエムエス サービス スクエア)」、優秀なサービスを「GOLD SERVICE」として認定する制度を運営している
藤田遥2020/8/6 9:001230

“売れない”が“売れる”に変わった大分県の公式ECサイト。コロナ禍でも売れ続ける理由は「官民連動」「復袋」などにあり

楽天は4月28日に地域創世サミットがオンラインで開催した。サミット内では大分県の公式アンテナサイト「おんせん県おおいたオンラインショップ」を運営する小坂越司(こさかえつじ)氏との楽天の地域創生事業 共創事業推進部の塩沢友孝氏が、ふっこう「復袋」について対談。大分県と協力し官民の強みを活かした運営の秘訣などについて語る
藤田遥2020/5/14 9:0063230
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

【楽天の新型コロナ対策】オンラインで学びの場&店舗間のコミュニケーションの場を提供する「楽天まなびウィーク」とは

楽天は新型コロナウイルスで運営に悩む出店者への支援策として「楽天まなびウィーク」を開催。リピーター育成やトレンド分析などを学ぶ場としてだけでなく、店舗間のコミュニケーションを行う場を提供する
藤田遥2020/4/27 13:15530
竹内謙礼の一筆啓上

なぜ楽天の「送料込みライン」はこじれたのか? 元出店者が語る競争環境の変化、出店者の意識、打開策

3月18日からスタートした楽天市場の「送料込みライン」施策。楽天が叩かれる根底には何があるのか? 筆者が考える3つの打開策とは?(連載第15回)
竹内 謙礼2020/3/18 7:001042375
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天の「送料込みライン」施策、公取委の捜査がまだまだ続く理由

公正取引委員会は「共通の送料込みライン」施策について、施策の一時停止を東京地方裁判所に求めていた緊急停止命令の申し立てを取り下げた。次の焦点は、3月18日からスタートする「共通の送料込みライン」施策が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)に該当するか否か、公取委の審査および判断に移る
瀧川 正実2020/3/11 7:00660

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]