現在地

配送料値上げ

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

【Q&Aで解説】楽天のワンデリバリー、メルマガ配信の変更、アフィリエイト料率など詳細を教えてください!

「ワンデリバリー構想」「R-Message(シナリオ形式)のスタート」「チャット機能」「アフィリエイト料率」の詳細を、楽天の責任者に聞きました。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天市場の「アフィリエイト料率変更」「R-mail→R-Messageへの移行」「ワンデリバリー料金」まとめ【楽天EXPO2018】

楽天が公表した「アフィリエイト料率の変更」「R-mail(全配信の形式)からR-Message(シナリオ形式)への移行」「ワンデリバリーの料金」「チャット機能の導入」について解説。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語った「ワンデリバリー構想」「携帯キャリア事業の狙い」とは?【2018年夏の講演まとめ】

7月17日に開かれた「楽天EXPO2018」で、楽天の三木谷浩史社長は「ワンデリバリー」構想、MNO(モバイルネットワークオペレータ)として参入する携帯キャリア事業、「One Payment」構想などを語った。

通販新聞ダイジェスト

【送料問題】通販・EC売上トップ300社の8割が無料サービスを継続、取りやめは一部

ヤマト運輸や佐川急便が値上げに踏み切った2017年秋から、日本郵便の今年3月の値上げ後の年度変わりとなる4月までに多くの企業が改定し100~200円程度上げたところが多い。現状はどうだろうか?

通販新聞ダイジェスト

ポイント付与で「物流コスト減」「遅延防止」を実現したLOHACOの新たな試みとは

アスクルが昨秋から実施している物流センターの出荷体制に余裕のある閑散日に配送日を指定した顧客にポイントを付与し、出荷量を平準化させる取り組みが成果を上げている。

通販新聞ダイジェスト

EC業界に訪れた送料値上げの“春闘”の現状――「もう持って行かないぞ」との圧力も

宅配便大手3社全てが新運賃の適用となった2018年春。4月あるいは3月から送料の顧客負担を増やすなど料金改定に動き出す通販企業は多い。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語る「覚悟」「超挑戦」とは? 独自配送ネットワークなど2018年の方針まとめ

独自配送ネットワークの構築、経済圏の拡大など、楽天・三木谷社長が語った2018年の方針を解説。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

送料値上げ時代を勝ち抜くための物流対策は? 通販・EC業界のベテランが本音で語る

総合通販、単品通販、EC、物流専門家という立場の登壇者が、送料値上げに関する課題や対策などをディスカッション。送料値上げ時代を勝ち抜くためのヒントを探ってみた。

単発記事

送料値上げは今後も発生する――通販協会トップが語った業界の展望と2017年の振り返り

「送料値上げ今後も継続的に発生する事案であると考えている」――。公益社団法人日本通信販売協会の賀詞交換会で阿部嘉文会長は、送料値上げ問題などの問題、今後の業界展望などを語った。

単発記事

再配達は「問題だと思う」は7割。有効対策は「コンビニ受取」「自宅用宅配ボックス」

内閣府が12月15日に公表した「再配達問題に関する世論調査 」から、再配達問題に対する消費者の考え方や、再配達削減の取り組みへの意欲などが明らかになりました。

通販新聞ダイジェスト

配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ

ヤマトホールディングスが発表した中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」の中身は? ネット通販事業者は押さえておきたい「法人顧客プライシングシステム」などを解説。

単発記事

人件費は3割減! AI搭載ロボットが実現するEC物流の「省人化」「コスト減」「正確性」

ロボットの物流活用にはどんな効果があるのか? AI搭載の物流ロボットを導入した物流フルフィルメントのアッカ・インターナショナルの加藤大和社長は、「年間ベースで2~3割の人件費削減効果がある」と言う。

ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割

日本労働組合総連合会(連合)が8月31日に公表した「日本の社会と労働組合に関する調査2017」によると、ネット通販の配送料を負担するべきなのは「消費者」と回答した割合が37.8%だった。

通販新聞ダイジェスト

【運賃値上げ対策】品揃えは利益率の高い商品に絞る & モール店の統合 & BtoBも強化

寝具ネット販売のまくらでは、通販サイトで取り扱う商品を絞ることで運賃値上げに対応。利益率の高い商品に絞って販売することで経費増をカバーする方針。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸の大口向け運賃は15%超の値上げを想定。配送に関する改革の進捗状況は?

ヤマトホールディングとヤマト運輸は6月8日、「働き方改革」と「デリバリー事業構造改革」の進捗状況などを説明しました。その内容は?

通販新聞ダイジェスト

カタログ通販ひとり勝ちベルーナも送料値上げ。運賃増は「売上増とコスト削減でカバー」

ヤマト運輸の運賃値上げがある秋頃から、送料を100円前後値上げする予定。なお、送料無料となる購入額(1回の注文額が税別5000円以上の場合)は据え置く見通し

ディノス・セシールも送料値上げへ、「企業努力だけで現在の料金体系の維持は困難」

ディノス・セシールは4月1日、通販ブランド「ディノス」と「セシール」の送料を値上げする。配送委託先の大手配送会社が運賃を大幅に値上げし、企業努力だけでは現在の送料を維持することが困難になったと説明している。

送料自由だったら「払わない」が3割、「1回あたり249円以内」が約2割

ジャストシステムが11月15日に公表した、ECの利用状況に関する定点調査「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度)」によると、消費者の約3割は、ECサイトの送料を自由に設定できるなら「送料は払わない」と回答した。

ゆうパックは値上げへ……一方、配達希望時間は拡充、「指定場所配達サービス」を開始

日本郵便は9月5日、宅配サービス「ゆうパック」の運賃を2018年3月1日に値上げすると発表した。人件費の上昇などを受け、サービスを維持するために価格を改訂する。

特集・EC物流代行サービス

送料値上げ時代を生き抜くために知っておきたい通販・EC物流事情~EC物流代行サービス特集

ネットショップ担当者フォーラムではこのたび、EC事業者向けに物流代行サービスを展開するお勧めの10社を紹介。加えて、大手不動産会社、EC事業者の受け皿になると考えられていたモール運営会社の物流サービスの現状を取材した。EC事業者は自社に合った物流委託先を探すとともに、他社の動向から、今後自社がどのような物流戦略をとるべきかを考える資料として欲しい。

大型家具・家電の配送料金を平均15%値上げへ、ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホールディングスのグループ企業で大型商品配送などを手掛けるヤマトホームコンビニエンスは9月1日、大型家具・家電配送の「らくらく家財宅急便」をリニューアルし、料金を値上げした。平均15%程度値上げする。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム