藤田遥 1/12 8:30

スタッフDXツール「STAFF START」を提供するバニッシュ・スタンダードが実施した「買い物に迷ったとき」の行動に関するアンケート調査によると、商品購入時に参考にする情報のトップは「店頭で実際の商品を見る」だった。調査対象は全国の20歳~49歳の男女200サンプル、期間は2022年12月13日~12月14日。

商品購入時の参考情報「店頭で実際に商品を見る」がトップ

調査対象者に商品の購入で迷っている際、参考にする情報について聞いたところ、トップは「店頭で実際に商品を見て」(27.3%)、次いで「ネット上の口コミ」(18.7%)「公式HPの商品詳細ページ」(14.5%)だった。

バニッシュ・スタンダード 買い物に迷ったときの行動に関する調査 最も参考にする情報源
商品の購入を迷っている際に、最も参考にする情報源(複数回答可、出典:バニッシュ・スタンダード)

最も参考にする人は「家族・友人」

商品の購入を迷っている際に参考にする人を聞いたところ、「家族や友人」が41.0%で最多、次いで「お店の販売員」が28.5%、「専門テーマを持つマイクロインフルエンサー」が13.0%だった。

バニッシュ・スタンダード 買い物に迷ったときの行動に関する調査 最も参考にする人
商品の購入を迷っている際に、最も参考にする人(出典:バニッシュ・スタンダード)

「家族・友人」へのイメージは「信頼感」、「販売員」へは「自分に合った提案をしてくれる」

参考にする人へのイメージについて聞いたところ、「家族・友人」のトップは「信頼できる」(31.5%)で、次いで「身近に感じる」(26.5%)で2項目で過半数を超えた。

「お店の販売員」へのイメージは、「自分にあった提案をしてくれる」(34.2%)が最も高く、消費者はより信頼度が高く、自分に合った提案を求めていることが推測される。

バニッシュ・スタンダード 買い物に迷ったときの行動に関する調査 参考にする人へのイメージ
参考にする人へのイメージ(複数回答可、出典:バニッシュ・スタンダード)

一方、インフルエンサーや有名人へのイメージは「憧れる」「最新のトレンドを教えてくれる」「真似したいと思う」への回答が多かった。この結果から、消費者が「憧れる人」から買う時代から「信頼できる身近な人」から買う時代に移り変わっていることが見て取れるという。

約3割が「インフルエンサーを参考にした買い物に不満」

参考にする人からのオススメを購入した際に不満を感じるか聞いたところ、芸能人やメガインフルエンサーを参考に買い物をした人の約3割が「不満を感じる」と回答した。

一方、「家族・友人」では6.1%、「お店の販売員」では7.1%となり、身近な人のオススメを参考にした時の方が不満を感じる割合は低かった。

バニッシュ・スタンダード 買い物に迷ったときの行動に関する調査 オススメを購入した際に不満を感じる割合
オススメを購入した際に不満を感じる割合(出典:バニッシュ・スタンダード)

商品購入の理由トップは「使うシーンが想像できる」

商品購入の決め手になった理由を聞いたところ、トップは「使うシーンが想像できた」(28.5%)で、次いで「商品の紹介や説明に納得できる」(26.9%)「お得だから」(23.5%)で、自分自身の納得感を大事にする人が多いことがわかる。一方、「オススメされた」「みんなが買っている」など、外部要因に購入の理由を求める人も約1割いた。

バニッシュ・スタンダード 買い物に迷ったときの行動に関する調査 商品購入時の理由
商品の購入をする際に、よくある理由(複数回答可、出典:バニッシュ・スタンダード)
調査実施概要
  • 調査方法:インターネット調査(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
  • 調査期間:2022年12月13日~14日
  • 調査対象:全国47都道府県の20歳~49歳の男女
  • 有効回答:200サンプル
    ※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

※記事初出時の「最も参考にする人へのイメージ」の図版に変更があったため、修正致しました。(2023/2/6)

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]