今週の要チェックはEC全般です。これからの独自ショップは何をすべきか? 上手くいっているショップは何をしているのか? 常に悩んでいることのヒントが書かれた記事がありました。必読です!

※記事の難易度を、低い難易度低から高い難易度高まで、3段階で示しています。

EC全般

  • 「これからのEC」の話をしよう | ネットショップ運営支援ブログ「ecバカ一代(仮)」
    http://www.commerce-design.net/blog/archives/1553

    お客さんへの愛情故に、非効率な働き方をしてしまい、余力が無くなっている人が居ます。逆に、電話応対を強化するとすごく伸びそうなお店なのに、「それは面倒なのでやらない」という判断をしてしまう人が居ます。でも、思考停止しないで、「面倒なことが楽になる工夫」を追求して欲しいなと思います。

    私が一番印象に残った部分だけをピックアップしてみました。面倒だからやめるのではなく、面倒でもやらないといけないことは楽になる工夫をする。安易にシステム化に流れてしまって陳腐化しないようにしたいですね。とっても読み応えのある記事なので必読です!

  • コメ兵、名古屋パルコ、リンナイが語る!EC、データ活用、コンテンツマーケティングの今 | ECzine
    http://eczine.jp/article/detail/2567

    立派な高速道路を作っても、そこを駆け抜けるコンテンツがないと意味がない。インフラを整えましょう、新しいテクノロジーがありますよ、というところに会社の資源を投資する傾向にあったのですが、実際そこに流すコンテンツを作る、拾い上げるところの人材育成が欠けているなと思います。

    日本の公共事業にありそうな……と思っていたら作っただけ更新されないサイトもありますし、コンテンツが適切に配信されていないこともありますよね。作ってからを考えて作っていきましょうね。こちらも読み応えのある記事です。

配送関連

  • 1時間配送「プライムナウ」、対象を大阪・兵庫・横浜に拡大 | 通販通信
    http://www.tsuhannews.jp/..

    次はどこかな~と楽しみにしてしまいます。早さの勝負はどこまで行ってしまうのか気になりますが、便利になるのは良いことですね。

  • 本日からポンパレモールJAPAN開始!越境ECの幕開け | ECのミカタ
    http://ecnomikata.com/ecnews/strategy/7878/

    『ポンパレモール』出店ショップは、全く手数料や手間なしに『Ponparemall JAPAN』出品が可能となった。個別の出店店舗では対応が難しかった商品情報の翻訳、決済、配送 、CS対応を『Ponparemall JAPAN』 が行うことで、出店店舗はこれまでと体制を変えることなく海外ユーザーへの販売可能性を高めることができる。

    あまり話題になってこないポンパレモールですが越境ECにも対応しました。ライバルの出店状況などを調査して、隙がありそうなら狙ってもいいかも。

  • Yahoo!ショッピング」でまた詐欺サイト、「ヒロタストアー」が購入代金を詐取 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2548

    「ヒロタストアー」が行っていた具体的な手口は、消費者がカード決済を終了すると、「ヒロタストアー」から「クレジットカード決済は不可のため、銀行振込への変更」を依頼するメールを配信していたという。

    出店者が急増するとどうしてもこういったことが起きてしまいますよね……。拡大志向も良いのですが同じぐらい安全性には気を使ってほしいものです。

  • 「楽天市場」が複数店の買い物を1度の決済で完了するサービスを今夏にもスタート | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2538

    楽天は今夏をめどに、ユーザーが「楽天市場」において複数店舗で購入した場合、1度の決済手続きで買い物を完了するサービスを開始する。複数店舗の商品をまとめて購入できるようにすることでユーザーの利便性を向上、買い回り促進につなげる。 この取り組みに伴い、楽天市場の出店者へのクレジットカード決済の導入を標準化。2016年2月から出店者への案内を行っていく。

    これはありがたいです! 買う側からすればどのショップで買うかはあまり関係なくて、「楽天で買うんだから1回で決済したい」ですから。クレジットカードも標準になっていくので通販慣れした人には便利になりますね。

SEO関連

  • 検索キーワードを見てもユーザーインテントはわからない | SEM R
    http://www.sem-r.com/news-2015/20160126134219.html

    一昔前の検索エンジンは、自分が欲しい情報を手に入れるためにはできるだけ具体的に、限定的にキーワードを選んで入力しなければいけませんでしたが、今日は検索エンジン(Google)が自動的に明示されないインテントを読み取り、検索結果を表示するようになってきています。

    まめに更新している人の中には体感している人も多いのではないのでしょうか? キーワードを細かく考えて記事を書かなくても、気が付くと検索からの流入が増えていく。今までの知識では間違った方向に行きかねないので、最新の情報を仕入れておきましょう。

リスティング広告関連

  • 商品やサービスの特定の側面を強調できる「構造化スニペット表示オプション」 | Inside AdWords-Japan
    http://adwords-ja.blogspot.com/2016/01/highlight-specific-aspect-of-your.html

    構造化スニペット表示オプションは、広告主様に提供いただく情報を、テキスト広告とともに表示するものです。

    あらかじめ用意された「ヘッダー」(「サービス」「設備」「保険の保障」など)の中から選択いただき、対応する値(「オイル交換」「プール」「賠償責任補償」など)を入力いただくことで、さまざまな情報を一覧表示できるようになります。

    コールアウトなどのオプション機能は当たり前ですが知らないと使えないです。知っていれば使ってみて改善することもできますので、新機能には貪欲に取り組んでいきたいところです。他が対応するといつの間にか注文数が減っていくことになりかねません。

SNS関連

  • 「#Twitterみて買ったもの」からわかったTwitterユーザーを巻き込むために大切なこと | MarkeZine
    http://markezine.jp/article/detail/23796

    ツイートの結果を分析してみると、食品・飲料の新フレーバーや、コンテンツ系商品がよく買われていることがわかった。また、ニッチ系、趣味系のカテゴリでは「Twitterをやっていなかったら知ることがなかった商品」がよく購入されており、Twitterが認知拡大に役立っていることがわかる。ユーザーが新商品やニッチ商品にチャレンジし、感想をツイートすることが、ユーザーの自己表現となり話題が生まれているのだ。

    知らなかったことってTwitterなどに投稿したくなりますよね。誰に知ってほしいというわけでもないんですが言いたくなる。その行動心理を上手くつかむことができれば……。

売上アップのヒント

  • あなたのECサイトがアフィリエイトで効果を出せない理由 | ネットショップ担当者フォーラム
    https://netshop.impress.co.jp/node/2529

    アフィリエイトは既存の広告と違い、媒体を持つアフィリエイターとのコミュニケーションを通じて、成果を上げていく仕組みです。広告主が「広告を掲載してほしい」と思っても、アフィリエイターが掲載したいと思わなければ、広告を掲載してもらえません。アフィリエイターに掲載してもらうため、選んでもらうための活動をしなくてはならないのです。

    まさにこの通りです。なんとなくASPに登録したところで売れません。パートナーという意識で接していきたいですね。

  • 脱・クーポン配布!? 話題の「読書通帳」に学ぶ、リピートを促進する秘訣 | コマースデザイン 社員ブログ
    http://www.commerce-design.net/blog_staff/?p=552

    この読書通帳のように、「利用記録を、ちょっと工夫して開示するだけ」で、顧客満足度があがり、リピート促進につながるかもしれません。

    「ラジオ体操のスタンプ」みたいなものですね。

    ただ、実店舗の「よくあるスタンプカード」や薬局の「おくすり手帳」は、もらっても別に嬉しくありません。読書通帳はちょっと嬉しい。この違いが大切です。

    スタンプカードは溜まってもポイントは貯まらない、これは嬉しくないですよね。インセンティブをちらつかせなくても喜んでもらう方法があるはずです。

ネット通販業界の最新情報は、こちらも要チェック!

ZOZOTOWNの流入元調査/複数店舗での決済、一度でOK─ 楽天 | ネットショップ担当者フォーラム 2016年1月22日~28日の週間人気記事ランキング

人気記事ランキング
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム