2月になり花粉症の方にとっては厄介な季節がやってきました。小さなお子さんから大人まで幅広い年代を悩ませる花粉症ですが、一方で、治療や対策グッズなどのヘルスケア領域から、花粉カットの洋服やメガネなどのアパレル領域まで、周辺ビジネスは盛り上がりを見せています。今回は季節特有の悩みである「花粉」にまつわるネット検索の分析データから、ユーザーのニーズをくみ取り、コンテンツや集客施策に活かすヒントを探ります。

[分析概要]

ネットで「花粉」を含むキーワードを検索したユーザーの数や検索後にアクセスしたサイト、コンテンツについて、株式会社ヴァリューズが保有する、全国の20万人規模のモニター会員の協力によりユーザー属性情報と実際のネット行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使って調査しました。

検索ユーザー数やサイト訪問者数はPCからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率をもとに、国内のネット人口に則して推計しています。

「花粉症」検索は3月がピーク

まず、2015年のデータから「花粉」を含む検索キーワードの傾向を振り返ってみましょう。

6か月間での「花粉症」の検索ユーザー数の月別推移を見ると、下のグラフのように2月に検索ユーザー数が急伸し、3月がピークに。そして4月には大きくダウンしています。花粉の飛散が始まる2月から3月にかけての時期に、ネット上で積極的に情報収集しているようです。

「花粉症」検索ユーザー数の月別推移(2014年12月~2015年5月)
「花粉症」検索ユーザー数の月別推移(2014年12月~2015年5月)

「花粉」関連検索、ママ層は体質改善ワードが目立つ

次に、「花粉」を含む検索キーワードのランキングを出してみました。

「花粉」を含む検索キーワードランキング(2015年1月~4月)
「花粉」を含む検索キーワードランキング(2015年1月~4月)

左側が全体、右側がユーザーの属性を「女性」かつ「子供有り」に絞った結果となっています。上位の検索はいずれも花粉の飛散状況や「薬」を確認しています。また、「花粉症 咳」という、目や鼻以外にも近年流行している新しい症状もランクインしていました。

子供がいるママ層の特徴は、「体質改善」系のワードが目立つことです。

例えば、「カルピス 花粉症」という検索では、「L-92乳酸菌」を配合したカルピスのサプリメント「アレルケア」に多くのユーザーが流入していました。また、花粉症を根本から治す可能性があると言われ、関心が高まっている「舌下免疫療法」など、最新の治療方法もランキングにあがっています。

さらに、「花粉症 メガネ」や「花粉メガネ」などの検索もランクインしており、検索後は「JINS」の花粉対策メガネの特集ページが人気を集めていました。

女性を意識したデザインで、機能やキッズラインについても着用写真付きで詳しく紹介されており、ママ層のニーズを上手く捉えたコンテンツとなっています。

最後に、今年の検索キーワードの最新動向も少し見てみましょう。下のデータは、2016年1月度の「花粉」を含む検索のランキング上位キーワードです。

「花粉」を含む検索キーワードランキング(2016年1月)
「花粉」を含む検索キーワードランキング(2016年1月)

「2016」との掛け合わせ検索が多く、今年の花粉情報をいち早く知りたいニーズが読み取れます。そして、今年はユーザー全体でも関連ワード「舌下」との複合検索が上位にランクインしており、「舌下免疫療法」への注目度がうかがえます。また、「帽子」「めがね」「花粉ガード」「空気清浄機」など、予防や花粉症対策グッズの情報収集もこの時期すでに始まっているようです。

今回、事例としてご紹介した「花粉症」のように、季節性やピーク性の高いテーマは、検索が増え始める時期をしっかりと把握し、事前のコンテンツ準備やSEO対策が欠かせません

また、BIGワードだけでなく掛け合わせで検索されている関連語に注目することで、トレンドやユーザーニーズの変化をつかみ、コンテンツに反映すれば、自然検索でより効率的に集客できます。ネット検索での関連語や流入の多いLPを参考に、自社サイトのコンテンツを見直してみてはいかがでしょうか。

◇◇◇

昨今、Google検索やYahoo!検索などのSSL化の影響で、具体的な検索流入キーワードを把握しにくくなっている状況ですが、ヴァリューズでは一般的なアクセス解析ツールとはキーワードの取得方法が異なり、検索数の比較、関連語、アクセスしたサイトなどのキーワード分析ができるWebサービスをご提供しています。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

この記事が役に立ったらシェア!

星 妙佳

株式会社ヴァリューズ エグゼクティブプランナー

星 妙佳(ほし たえか)

株式会社ファーストリテイリング(現株式会社ユニクロ)にて、ECサイトの運営・プロモーションを担当し、UNIQLOモバイルサイトを立ち上げ、ウィメンズやキッズ部門の通販MD(商品開発)にも従事。

2006年より株式会社リクルートにて、ベビーアパレル・育児用品の通販サイト『赤すぐnet』の編集長を務めた後、リクルートの各事業のネットマーケティングを横断的に支援する部署にて、データ分析グループのGM(ゼネラルマネージャー)に着任。社内外のデータサイエンティストと共に、需要予測、レコメンドなどデータ分析の強みを生かした複数のプロジェクトをマネジメント。

2012年ヴァリューズに入社し、現在は広報・商品企画・データ分析など幅広く担当。2人の子供を持つワーキングマザーでもあり、リモートワークを含めた多様な働き方にもチャレンジ中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム