現在地

調査データ

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

ECユーザーの冬支度は9月から? 夏の終わり~秋口に増える買い物系検索ワードまとめ

秋・冬物商材、運動会やクリスマスツリーといったイベントのキーワード検索が増えて来る季節です。9月に把握しておきたい検索キーワードのトレンドを解説します。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

【ECアプリのポジショニングマップ】ユーザー数1位は楽天、2位はAmazon

ショッピングアプリのアクティブユーザーの属性データに基づいた、ポジショニングマップを作成しました。モバイルコマースの市場をアプリの観点から俯瞰してみましょう。

通販新聞ダイジェスト

【最新】通販・EC売上ランキングまとめ2017年夏版~300社の合計売上は約6.5兆円

通販新聞社が7月に実施した「第68回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は6兆5806億円で、伸び率は昨年同時期の調査と比べ6.4%増となりました。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査

一般消費者がECサイトを利用している時間帯はいつなのでしょうか? スマホで午前中によく利用される「朝型サイト」、夕方18時以降によく利用される「夜型サイト」について調査しました。

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

ヤフーのビッグデータに学ぶ男女の違いによる商品検索&買い物行動【梅雨対策編】

「商品名」「商品説明」に登録されたキーワードは、検索結果の表示順位に大きく影響してきます。「梅雨」をテーマに集客・購買効果を高めるキーワードを考えていきましょう。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

イケア(IKEA)のネット通販本格参入で家具・インテリアEC市場はどう変わる?

洗練された北欧デザイン家具を低価格で提供する「イケア」(IKEA)が通販参入。家具・インテリア領域における国内の主要ECプレイヤーの現状を、データからまとめました。

調査データまとめ

【保存版】EC・通販関連調査のデータ62選まとめ 2017年

2016年度に発表されたネット通販に関連する市場規模、市場予測、消費動向などの調査データから、無料で参照できる国内62の調査データをまとめました。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

EC市場は2020年に約190兆円、EC化率は25%まで拡大する【中国EC市場の予測】

ゴールドマン・サックスの最新レポートを見ると、この先の数年間で中国EC市場は2倍超に拡大する勢いで成長を維持すると見込んでいます。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン中国の最新情報+中国の越境EC利用者の消費トレンドと特徴まとめ【2017年】

アマゾン中国が年始に発表した「越境ECトレンドレポート」によると、2016年のトレンドは「越境EC利用の浸透」「若者化」「品質重視」「越境ECに特化した無料国際配送のプライム会員サービスが消費を刺激」だったという。

単発記事

【2016年版】中国人はどの国のECサイトを使う? 何を買う? など越境EC利用状況まとめ

中国のリサーチ会社iResearchによると、2018年に中国人が海外のECサイトなどから商品を購入する越境EC(輸入)小売市場の規模は5260億元(日本円で約8.8兆円)に拡大する見通し。

単発記事

中国ECでマタニティ商材が売れるワケ。「二人っ子政策」への転換が日本企業に追い風

2018年には7兆960億元(日本円で約113兆円)にまで拡大するとされる中国EC市場。その成長をけん引するのがマタニティ市場と言われ、海外製品を求める親の海外製品ニーズが高まっている。

通販新聞ダイジェスト

【2017年春版】通販・EC売上ランキングまとめ~300社の合計売上は約6.2兆円

通販新聞社が2016年12月に実施した「第67回通販.通教売上高ランキング」調査によると、上位300社の合計売上高は6兆2341億円で、15年12月調査時と比べ5.8%増加しました。

通販新聞ダイジェスト

送料無料はこのまま続く? スピード配送は? EC市場の今後を10大ニュースから読み解く

今後の市場動向にとって重要なことは? 通販新聞編集部が読者アンケートを行い、「2016年の通販業界10大ニュース」としてランキング化しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

「福袋」商戦で勝つには? 検索ワードから探る年末年始の販促&コンテンツのヒント

今回は「福袋」というキーワードに注目し、昨年の傾向からユーザーのニーズや男女による違いを読み解きます。

通販新聞ダイジェスト

中国EC市場で成功するには? 「独身の日」の日本勢9社の越境EC事例を学ぶ

中国における年間最大のネット販売セール「独身の日」。中国向け越境ECを行う注目すべき日本の通販実施企業の今年の「独身の日セール」における状況を見ていきます。

調査データまとめ

【通販の都道府県ランキング】最もお金を使う地域は? スマホEC利用率が高いのはどこ?

「年間通販利用額」「スマホでの通販利用率」の全国ランキングをそれぞれを紹介。通販利用者の地域特性を理解することは、エリアマーケティングの検討材料に活用できるはず。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索もアマゾンの時代? 5割超のユーザーは商品探しでグーグルよりもアマゾンを使う

オンラインマーケティング会社BloomReach社の調査によると、ネット通販利用者の多くがアマゾンで商品検索をしているため、検索エンジンや他のEC業者はシェアの落ち込みが続いているようです。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

アマゾンと楽天はどう使い分ける? 検索流入キーワードで違いを調査

「Amazon」と「楽天市場」。商品ラインナップはどちらも幅広く充実していますが、ユーザーのニーズにはどんな違いがあるのでしょうか? 検索流入キーワードのデータから読み取ります。

ネットショップ担当者のための運用型広告ゼミナール

広告の本当の効果を判断するために必要な「アトリビューション分析」って何?

広告効果を過小評価、過大評価せずに広告運用を適切に行うための方法「アトリビューション分析」を解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのスピード配送に対抗するために米小売企業・EC事業者がやっていること

EC業社(全米トップ30)の平均配送スピードは4日間。1日か2日で商品が届くことに慣れているアマゾンプライムの会員にとって、とても遅い配達に見えます。米国企業はどのようなスピード配送対策を行っているのか?

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

2016年秋のトレンドは? 台風、ハロウィン、ウェディング等のキーワードで検索対策を

秋はハロウィンやウェディング、台風などのキーワードが上昇する季節9月のヒットトレンドを踏まえて、ショッピングに関する今秋のキーワードトレンドを押さえていきましょう。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

シニア層がよく利用するECサイトランキングまとめ[敬老の日にも役立つ]

シニア層は普段、どのようなショッピングサイトを利用しているのでしょうか? アンケートではなくネット行動ログデータを用いて、シニア層のネットショッピングの実態を調査してみました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

シェア伸ばすアマゾン、落とすアリババ。数字で見る1.7兆ドルのグローバルEC市場の今

インターネットリテイラー社によると、グローバルEC上位企業のマーケットシェアに大きな変化が見られます。eBayとアリババは自国でのマーケットシェアを落とす一方、JD.comやアマゾンが自国でのシェアを伸ばしています。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

Facebook、Twitter、Instagram。3大SNSのユーザーがよく見ているショッピングサイトは?

ECサイトでもSNSを活用したプロモーションが活発化しています。3大ソーシャルアプリのユーザーはどんな特徴があり、どのようなショッピングサイトをよく利用しているのでしょうか?

白書ダイジェスト

動画広告が本格化。今後はIoT、位置情報、ビッグデータなども広告手法に

動画広告とネイティブ広告が主流化し、ターゲット層への絞り込みもシビアになってきている。今後はIoT、位置情報、ビッグデータなども広告手法に取り入れられていく方向。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

消費者は買い物時にどのチャネルの情報を参考にしているの? 4412人に聞きました

商品ごと年代別で、消費者が商品購入時に参考とする情報に違いはあるのでしょうか。こんなテーマで20代以上の男女4412人にアンケートを実施し、消費行動を探ってみました。

白書ダイジェスト

モバイル広告の最新トレンド─ ユーザーの情報利用体験を阻害しないネイティブ広告が主流に

2016年、スマートフォン広告の市場は4542億円と予測されており、商品別ではディスプレイ広告が検索連動型広告のおよそ2倍に成長している。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

【速報】「Amazonプライムデー」は使いやすい? 使いにくい? 利用者に早速聞いてみた

「Amazon Prime Day」で買い物をした消費者はどのように感じたのでしょうか? 消費者のホンネから、自社サイト運営の改善のヒントを見つけてください。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

ヨドバシカメラのECはなぜ強い? 理由は高いCVRとリピート率にあり

国内家電ECで圧倒的な集客力を誇る「ヨドバシ.com」。Web行動ログ調査で、高いCVRとリピート率の実態が明らかになりました。他社ECを大きく引き離すその強さの要因をデータから紐解きます。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

最新 ショッピングアプリ ランキング! 伸びてるアプリの共通点は?

アプリのKPIとして重要視されている「MAU(マンスリー・アクティブ・ユーザー)」は、累計ダウンロード数よりも現在の利用実態を反映しており、“実際によく使われているアプリ”がわかります。最新の調査から、ショッピング関連アプリについてご紹介します。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

「母の日」商戦スタート! 検索ワードからわかる消費者ニーズとユーザー行動

5月といえば「母の日」。最近ではフラワーギフトだけでなく商材ラインナップも広がってきました。昨年の検索データから、ターゲットユーザー像や多様化する消費者ニーズに迫ります。

調査データまとめ

50代が最もネット通販にお金を使う、など2015年のEC利用実態[総務省調査まとめ]

「ネット通販を使う人は右肩上がりで増えている」「ネットショッピングにお金を最も使うのは50歳代」――総務省の家計消費実態把握調査から、2015年の国内ネットショッピング利用の状況をまとめてみました。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

「花粉症」の季節到来! 検索キーワードと人気コンテンツから読み解く集客のヒント

この季節特有の悩みである「花粉」にまつわるネット検索の分析データから、ユーザーのニーズをくみ取り、コンテンツや集客施策に活かすヒントを探ります

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

リピートユーザーを獲得できているサイトはどこ? ECサイト訪問頻度ランキング

顕在化した自社サイトユーザーの動向だけでなく、もう一段視野を広げて、業界トレンドや潜在ユーザーのニーズに着目し、特にEC業界人の方に向けて、使える分析データを厳選してご紹介します。

単発記事

2016年にネット通販事業者が注目する施策は「オムニチャネル」「越境EC」など

Socket(ソケット)がEC事業者572人を対象に実施した「2016年注目しているキーワードについて」の調査によると、EC事業者が注目する2016年のキーワードは、「オムニチャネル」「CRM」「ウェブ接客」「越境EC」などがあがった。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国市場で利益を伴う成長を実現するために、企業がするべき8つの事柄

グローバルの高業績企業が利益を伴う高成長を実現するために、いかにして矛盾する数々の要素を両立させているかについて、8つのポイントを挙げて解説します。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国でプレゼンスを確立している企業が実行している3つの事柄

重要な成功要因である「アンメット・ニーズに応える」「権限移譲とモニタリングを徹底する」「多様な人材を活用する」という3つのポイントについて、日本企業の状況をふまえて成功への道筋を解説します。

アジア新興国市場での利益を創出する ─日本企業への提言

アジア新興国で日本企業が利益をあげるために押さえておくべき6つのポイント

日本企業に重要なのは、アジア展開を再定義し経営資源を効果的に活用すること。また、情報の不完全性を前提に意思決定を行うこと、柔軟なサプライチェーンを構築することが必要です。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!