専門性が高い記事が重要な3つの理由とその制作方法

最近はWebメディアでさまざまなコンテンツが発信されていますが、最も重要なのはその「中身」です。

Googleが2015年に更新した「検索品質評価ガイドライン」の中でも「E-A-T」については強調されており、これまでよりもさらにコンテンツの専門性が求められるようになりました。

今回は、専門性の高いコンテンツが重要な理由をお伝えし、専門的なコンテンツ制作を実現するための方法をご紹介します。※コンテンツの「E-A-T」については下の記事をご覧ください。

コンテンツ制作の際に重要なポイントとなる”E-A-T”とは
https://www.magolis.com/contents/ec-consulting/2383.html

専門性の高いコンテンツが重要な3つの理由

専門性の高いコンテンツが必要とされるのには理由があります。ここでは3つの理由をご紹介します。

1.オリジナル性がある

記事コンテンツで多く見られがちなのが、どこかのサイトに書いてあった情報を広く浅くまとめ、軽く意見を述べる構成。ありふれた情報や似たような切り口で書かれたコンテンツは、読者を飽きさせてしまう原因の一つです。

その点、専門性が高いコンテンツは専門知識に基づいた一次情報が多いため、オリジナル性が高く目新しいコンテンツとなっています。

キュレーションサイトやSNSなどで似たような記事コンテンツが氾濫する中、オリジナル性は強い武器となるでしょう。

2.情報の信頼性が高い

専門性の高いコンテンツを執筆する過程で、その分野に関する豊富な知識量が求められるため、結果として情報の信頼性も高まることになります。

業界の第一線で活躍している方が書いたコンテンツは、現場目線での役立つ情報や最新情報も多く、読者にとっても有益な情報が多く盛り込まれています。

また、信頼性の高い情報を発信することで、掲載メディアやサイトのファンも増えて認知度も上がるなど、良いサイクルが生まれるでしょう。

3.SEO(検索エンジン最適化)で有利

専門性の高いコンテンツはSEO(検索エンジン対策)にも有利に働きます。

ありきたりな内容や一般的に目立たないコンテンツ内容の場合、検索順位の上位を狙うことは簡単ではありません。

また、類似した内容や構成の記事は、検索エンジンに「重複コンテンツ」として認識され、検索結果の順位が下がってしまう可能性も。

しかし、専門性が高いコンテンツの場合はオリジナル性が高く有益な情報を含んでいるため、検索エンジンから高く評価される可能性も大いにあります。

専門性の高い有益なコンテンツはサイトの資産となるので、サイト自体の価値も高まるでしょう。

専門性の高いコンテンツを制作する方法

専門的なコンテンツにはさまざまなメリットがありますが、いざ制作するとなると簡単ではありません。

専門分野に精通するには、一朝一夕では不可能です。知識を吸収するために勉強するのはもちろん、知識を得るための時間やコストもかかります。

しかし、その悩みを解決しつつ、専門性の高いコンテンツを制作する方法もあります。

1.コンテンツ制作を外注する

「専門知識もないし、コンテンツを制作する時間もない」という方におすすめなのが、コンテンツ制作を外注するという選択肢です。

クラウドソーシングを利用することで、利用料はかかりますが安価に発注ができます。

ただし、クラウドソーシングではライターのレベルにバラつきがあるため、意図した通りの記事に仕上がらない可能性があります。コストをかけた割に、費用対効果がなかったという結果にもつながりかねません。

安定したコンテンツのクオリティを望むのであれば、ディレクションが可能かどうか、や発注側の意図を汲み取ってくれるかどうかを考えて制作会社を選びましょう。「専属のライターがいるか」、「制作実績があるか」などがチェックポイントです。

2.専門知識に特化したライターを確保する

「餅は餅屋」ということわざがある通り、専門知識に特化したライターに制作してもらうのが一番理想的です。ただし、コンテンツ制作の依頼費用が高くなる傾向があるうえに、求めているクオリティに合致するような専門性を備えたライターをすぐに見つけるのは難しいでしょう。

理想とするレベルのライターを探すには、知人の紹介や人づてにアタックするなど、地道な努力が必要です。
簡単ではありませんが、諦めずにチャレンジしましょう。

3.ライターを育成する

ライターを育てるという方法もあります。最初から専門知識をもったライターを見つけるのは難しいため、駆け出しのWebライターや社内の人を対象に育成するのも一つの手です。

これに関しては、「一緒に勉強して成長していく」という意識で行う必要があるため、どうしても時間とコストがかかってしまうのが難点です。

しかし、専属のライターを育成しておけば、意思疎通がしやすく、安心して専門的な内容のコンテンツ制作を任せることができます。

専門性の高いコンテンツでサイトの価値を高めよう

高度な専門知識が盛り込まれた記事コンテンツはサイトの資産となるため、SEO対策に役立つだけでなく、サイト自体の価値を高めてくれます。専門的な内容であれば、狙ったターゲットに強く訴求できるので、ぜひ書いてみましょう。

もしコンテンツ制作のリソースにお困りの方は、アラタナのECコンサルにご相談ください。SEOライティングに精通し、かつさまざまなジャンルに専門的な知識を持った経験豊富なコンテンツディレクターが、専門性の高いコンテンツ制作をサポートいたします。

「ECコンサルコラムサイト「ECコンサル」」掲載のオリジナル版はこちら:
コンテンツに専門性が必要な3つの理由とその作り方(2016/08/15)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

アラタナ ECマーケティング支援サービス「ECコンサル」

2014年サービスローンチ。メンバー全員がGAIQ以上の資格保持者にて構成されているチームで、安心感のあるサービスを提供している。既存のECサイトは独自ドメインであればカートシステムを問わずサービス提供が可能で、新規ECサイトの構築から売上アップまで一貫してのご提案できる。

「ECサイト」を専門にサービスをご提供しており、検索順位やCPAに一喜一憂せず、結果=売上にこだわって戦略立案から施策検証まで行う。

「ECコンサルコラムサイト「ECコンサル」」掲載のオリジナル版はこちらから

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム