よろしければこちらもご覧ください

中国国内で3月15日以降、日本産食品の販売を停止する動きが相次いでいます。発端は中国中央テレビ局(CCTV)が放映した番組。日本政府は「中国国内において正確な報道がされるように、中国側とさまざまなやり取りをしている」と菅義偉内閣官房長官は説明しています。中国で何が起きたのか、その様子を中国のメディア「ebrun」の記事を紹介します。(編集部追記)

アリババでの日本産食品の販売がストップ

中国中央テレビ局(CCTV)が3月15日に放映した特別番組「315晩会」(編集部追記:消費者権益を守ることを趣旨とし、悪徳業者を指摘する番組)で、放射線汚染された日本食品、粉ミルク、シリアル、お米、酒類が中国に入り込んだと指摘しました。

指摘された日本のブランドは、カルビー、和光堂、北海道のお米(新潟産だが北海道産と指摘されたお米)などです。

最もフォーカスされたのはカルビーです。CtoCの販売サイト「淘宝(タオバオ)」で、カルビーの中国語名「卡楽比」を検すると、「お探しの商品が見つからない」と表示されています。

中国3.15消費者デー特番、中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る
淘宝のアプリで「卡楽比」と検索すると、「お探しの商品が見つからない」と表示される

アリババグループのプラットフォーム取り締まり部門は3月15日夜、約3億人が利用する中国最大のSNS「微博(Weibo)」のアカウントを通じ、「3.15 日本放射線汚染地域食品の安全に関する呼び掛け」(3.15対日本核汚染区食品安全地再提醒)を発表しました。

2011年に中国国家質量監督検驗検疫総局(以下、国家質検総局)が日本の12都県を放射線汚染地域と指定し、食品、食用農産物、飼料の輸入を禁止したことに加え、アリババはその後も違反商品の輸入を取り締まっていることを発表内容に盛り込みました。

また、カルビー商品に関するあらゆる検索キーワードも発表しています。

中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る
アリババグループのプラットフォーム取締部門が発信した「3.15日本放射線汚染地域食品の安全に関する呼び掛け」の一部

カルビーのシリアルを中国語で訳すと、一般的には「卡楽比麦片」となります。ただ、カルビー商品を「タオバオ」で販売する人は、取り締まりから逃れるために商品の名称を変更して登録しています。

「卡楽B」「卡楽Bee」「卡楽幣」「卡楽比 麦片」「Calbee麦片」「Calbee 麦片」「卡楽B麦片」「卡楽B 麦片」「卡楽幣麦片」「卡楽幣 麦片」「卡楽Bee麦片」「卡楽Bee 麦片」「卡楽麦片」「卡楽比」「Calbee」などです。

そのほか、日本の「養命酒」「新潟お米」「YOMEISHU」なども放射線に汚染された可能性があるとテレビでは指摘しています。

2011年3月の東日本大震災で福島原発事故が発生し、周辺の12都県が放射線被災地となりました。中国国家質検総局は次のような通達を出しています。

放射能に汚染された食品と農産物が中国に輸入されることを防止するため、日本の福島県、群馬県、栃木県、茨城県、宮城県、山形県、新潟県、長野県、山梨県、埼玉県、東京都、千葉県の12都県からの輸入食品、食用農産物及び飼料の輸入を禁止。他の日本からの輸入食品、農産物及び飼料についても放射能濃度を測定する必要がある。

中国中央テレビが報じたところによると、カルビーの生産地は新潟県や東京都といった放射線被災地にあり、中国では輸入禁止になっているとしています。

 

  • この記事は『ebrun』より本誌が記事提供を受け、日本用に翻訳、編集したものです。
中国EC市場調査報告書2016

【中国EC市場をもっと詳しく知りたい方へ】

『中国EC市場調査報告書2016』

CD(PDF)+冊子版:92,000円、 CD(PDF)版:82,000円
A4判/136P
[著・編]ネットショップ担当者フォーラム編集部
[著]彭李輝、池田博義、ワイドテック、小嵜秀信
[特別協力]中国電子商会

中国政府系EC団体「中国電子商会」の特別協力のもと、中国経済全体から現地のEC市場、現地企業の動向、法改正動向、物流市場、新越境制度、アイスタイルなど日本企業による中国進出事例、中国現地のEC支援企業47社の一覧データなどをまとめました。

  • 通販・ECに関する中国の法改正動向を一挙掲載
  • 大手メーカー、有名EC企業が利用している中国のEC支援企業データを47社掲載
  • 中国の「新越境EC制度」について、その道のプロが解説
  • 最新の中国消費者の購買行動、越境ECの利用動向などを調査

拡大が続く中国EC市場について、さまざまな情報をまとめて整理した中国EC市場専用のレポートはあまりありません。ゼロから中国EC市場を把握できる1冊として、皆さまのビジネスにご活用ください。

→インプレスの直販サイトでご購入ください。
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム